のどかさんの映画レビュー・感想・評価

のどか

のどか

ミニシアターでバイトしてます。

夜に生きる(2015年製作の映画)

3.7

なんでこの時代が舞台の映画って、服とか車とか建築物とか身のこなしがこんなにクールでかっこいいのかなあ‥‥

ベンアフが着ている服も、色は抑えめで派手なわけではないけど、上質な作りでかっこいいなあと思い
>>続きを読む

フラワーショウ!(2014年製作の映画)

2.7

安易なストーリーだと感じました。チェルシー・フラワーショウでの葛藤が描き切れてないくせに、好きな男を追ってエチオピアに行く筋書きを入れる意味が分からない。あと、バージン喪失したからって、女の子が急に自>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.7

映画を観ながら、人間関係図を頭の中で思い描くのが好きで、作品に入り込めば入り込むほど、そういうことをしてしまう。

序盤でイザベルが「子供を亡くしてもお母さんはお母さんのままなのよね」みたいなことを言
>>続きを読む

仁光の受難(2016年製作の映画)

-

角川シネマ新宿での千秋楽に行ったら、監督、仁光、山女までキャストやスタッフの方々のトークショー聞けました。幸せすぎて余韻がすごいです‥‥

アニメと実写を上手いこと織り交ぜて、アニメが有名な日本らしか
>>続きを読む

ガールフッド(原題)(2014年製作の映画)

-

『ムーンライト』と同じく、青い光の下のシーンが、印象的な映画。アフリカ系の人の肌が本当に美しく映り、Black is beautiful.だった。

リアーナの『ダイアモンズ』に合わせて踊るシーンは観
>>続きを読む

ブルーム・オブ・イエスタディ(2016年製作の映画)

4.2

ホロコーストの加害者の祖父を持つ男と被害者の祖母を持つ女。2人のホロコースト研究家が出会って、心がぐちゃぐちゃになって、でもお互いのことをきちんと知っていきたいと思う。

ホロコーストを題材にした重厚
>>続きを読む

パーソナル・ショッパー(2016年製作の映画)

3.7

ジャンル分けのできない映画は嫌いではない。サスペンスのような、それでいて女性の心理に迫るような、弟を亡くした女性の心を描くヒューマンのような。

抑揚のないクリスティン・スチュアートの演技がとても良か
>>続きを読む

サイモン&タダタカシ(2017年製作の映画)

4.0

女の子でも、全童貞を愛せるようになる宇宙規模の傑作でした。

日本映画がいかに予算のない中映画作りをするかっていうのに挑んでて、ハリウッドでは作れない作品でした。

結局セクシーなのは、赤でなくベージ
>>続きを読む

ギャング(1966年製作の映画)

-

160分間白黒で飽きさせないのはすごいなあ。ビートたけしさんとかジム・ジャームッシュも影響を受けた監督の作品です。

登場人物が沢山出てくるんだけど、みんな因果に絡んでいて、誰1人として不必要な人物が
>>続きを読む

子どものおもちゃ(2017年製作の映画)

-

子供たちが学校内でおもちゃの銃を使って戦う。トークショーで監督が言ってた通り、撃たれたら指定の時間まで死んだふりをしていなくちゃいけないゲームのルールなのに、みんな気持ち良さそうに死んでいく。子供たち>>続きを読む

さようなら、ごくろうさん(2016年製作の映画)

-

主演の方はなんとプロのクラウンの方らしいです。劇中で学校の元警備の人のはずなのに、何故かクラウンの姿になるシーンがあるのですが、学校と遊んでくださいとだけ監督は指示したそうです。

なんと、あの是枝裕
>>続きを読む

風船(2017年製作の映画)

-

顕微鏡を動かすカチカチという音、コーヒーミルのゴリゴリという音、音がとてもクリアで素敵でした。いきなりゆるい手描きテイストのアニメが挟まったりするんだけど、上映後のトークショーで、監督がNHKのみんな>>続きを読む

わたしたちの家(2017年製作の映画)

-

透子さん役の人が不思議な、とても魅力的な顔の人(困ったティディベアみたいな顔)でした。話し方はぶっきらぼうなのに、声はさらさらしていて透明でそこも素敵でした。ご本人がぴあフィルムフェスティバルの劇場で>>続きを読む

あみこ(2017年製作の映画)

4.0

あみこが、ぶさいくでかわいくてかわいくてぶさいくでやっぱりぶさいくで最高だよ。本人にそんなに芸能界への執着がなさそうだけど、二階堂ふみになれる素質があると思う。ぴあフィルムフェスティバル主演女優賞!>>続きを読む

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

3.5

料理がとにかく美味しそうなのね!暮らしの小さなレシピ、ディテールを楽しむ映画だから、やっぱりスクリーンで観ること推し!

あと、どうしても広い世界を見たいと焦る自分がいて、外に行こうとしてしまうけれど
>>続きを読む

タイニー・ファニチャー(原題)(2010年製作の映画)

-

10/22(日)キネカ大森にて、17:35から上映会します!山崎まどかさんのトークショー付き!これは行くしかない!もう、劇場では観れないかもしれない映画だから。

レナ・ダナムによって、私たち女の子は
>>続きを読む

サクラダリセット 前篇(2017年製作の映画)

1.0

すみません。作品の世界観を作り上げようとしすぎて、俳優ひとりひとりが活かしきれていないように見えました。残念です。

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

-

ドラマ『シリコンバレー』ファンにもたまらない映画!リチャードとデネッシュが出てる。相変わらず挙動不審なリチャードと、中華のデリバリーをするデネッシュ、それだけで面白い。

この三人がドラマに、コメディ
>>続きを読む

スラッカー(1991年製作の映画)

-

分かんないようで、分からないのが面白かったりする。

「袖振り合うのも多少の縁」的な世界の広がり方が面白い。当人たちにとっては大事でも、大多数には素通りされるような会話、そんな小さな世界で構成されてい
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.8

ライアン・ゴズリングがダサい、ラッセル・クロウが面白い。これだけで観るべき。

A級のキャストで本気でB級娯楽作品を作りましたな映画。もっとテンポを良くしてA級娯楽作品にすることもできたはずだけど、あ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

劇場で観るべき映画館ナンバー1♡
ベイビーがイヤホンをつけたり外したりする度に、劇場のスピーカーの右からだけ音楽が聞こえたり、左からだけ音楽が聞こえたり、音量が大きくなったり小さく聞こえたり、カーアク
>>続きを読む

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

4.1

スクリーンで観た方が良い映画だし、DVDでも少しでも多くの人に観て欲しい。こんなに観た後に満足感がすごい映画は最近なかった。

アナ・ウィンターの一言に歪む担当者の顏とか、一瞬を逃さずカメラに収めテン
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.5

愛すべきB級感がすごい。それなのに、意外と深いメッセージ性や表現があるギャップが面白い。敵は私たちが頭の中で作っちゃうだけなんだよな。

コングがデカイ蛸を食うシーンがあるんだけど、『オールドボーイ』
>>続きを読む

Kicks(原題)(2016年製作の映画)

3.9

長谷川町蔵さんトークショー付き上映会で観ました。

靴を取り返す、それだけの話なんだけど、面白い。

少年の幻想で度々宇宙飛行士が現れるんだけど、その隠喩が面白い。宇宙飛行士は地球を俯瞰する存在。最初
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.6

この映画で、アニメ版とは違う実写でしかできないことをやっていたとしたら、それはルミエールたちとガストンたちのお城での戦闘シーンかな。リアルな人間が転げ回ると、やっぱりアクションは映えるよね。

ただ、
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

戦地だけでなくて、日常生活に戦争があったんだということをひしひしと感じた。それは大げさな様でなく、ごく自然に生活に入り込んでいたんだ。

被曝など、解決しない問題を残してそのまま終わっていくのも、戦争
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.8

レビューの平均点数以上にぜんぜん面白い!破天荒な主人公、相棒との掛け合い、爆薬、悪の女帝に怪しげなボス、自立したヒロイン、全部盛り込んでるから深みとかないけどお得な映画だよ!

ハロルドが笑う その日まで(2014年製作の映画)

3.7

自分が経営していた家具店は正面にできたIKEAのせいで閉店、長年連れ添った奥さんは死に、息子は失業。切ないのはずっと切ないんだけど、切なすぎて笑えてくるという初体験。

歌声にのった少年(2015年製作の映画)

3.5

メディアを学んでる学生として、一つのテレビ番組が国をも動かすし励ますことができるというのは新たな刺激になった。ガザ地区について、夢を追う青年の目線を通して観ることができるのは新たな視点で良いと思う。>>続きを読む

友だちのうちはどこ?(1987年製作の映画)

3.9

何か出来事があったことを描く映画が多い今、何もないことをここまで魅力的に描ける作品はなかなかない。

嬬恋の山の上で野外上映会。霧に包まれ、ひんやりとした空気の中映画を観るという貴重な体験をしました。
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.6

バイバイマンのことを考えてもアウトならもうしょうがないですね。脳内に入って襲ってくるのは、周りからは見えないし正直幽霊よりたち悪いです。

しかも、名前も言っちゃダメ。相談もできなくて、どんどん孤立し
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.6

洋楽ポップスオタクからすると、エルトン・ジョンと同列でテイラー・スウィフトのShake it offを歌ってくれるのが嬉しい。知ってる曲が沢山歌われるのは楽しかった。

けど結局、劇場の資金難は他力本
>>続きを読む

ぼくと魔法の言葉たち(2016年製作の映画)

3.7

オープニングから、鳥肌が立つ。泣いた。音楽の使い方がすごく良くて、ホームビデオのはさみ方も上手い。なんでだろう、ホームビデオって泣けてくる。

ディズニー映画を通して、話せるようになった自閉症の男の子
>>続きを読む

破門 ふたりのヤクビョーガミ(2017年製作の映画)

3.7

佐々木蔵之介演技上手い!堤真一的な目玉飛び出そうな顔芸、最高でした!メタルフレームの眼鏡似合いすぎ。かっこよい。

横山裕も、ちゃらんぽらんで適当な感じが板についてました。演技上手い。

セル(2015年製作の映画)

3.8

初っ端からパニック、殺し合い、ギア飛ばしすぎと不安になるぐらいはらはらする。

携帯ばっかりいじってんじゃねえよ、SNSとか連携ばっかしてんのきめえよ、ゾンビになんぞっていうスティーブン・キングの超ダ
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

5.0

映画を好きになったきっかけの作品。生きがいを与えてくれてありがとう。生涯ベスト3は挙げるときに迷うけど、生涯ベスト1は変わらないと確信しています。目に見えない愛とか信頼とかを、素晴らしい演技と演出によ>>続きを読む