Kiriさんの映画レビュー・感想・評価

Kiri

Kiri

映画(976)
ドラマ(2)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

テルマ(2017年製作の映画)

-

「今夜は何を食べるの?ーパスタと、あと何か」
「わずかな知識で偉ぶるな」
「誰かと話してもそこで終わってしまう」

ハンナ・アーレント(2012年製作の映画)

-

「不気味とは程遠い、平凡な人よ」
「今回分かったわ、彼は平凡な人よ、怖い程凡人なの」
「時間は再び戻りすべてを変えてしまう」
「相手より先に愛すことほど愛の世界へいざなう偉大な招待状はない」
「自分自
>>続きを読む

アカシアの通る道(2011年製作の映画)

-

レストラン 水
息子 自転車
到着
コップ プレゼント
「ハシンタ、来週カタマルカに行く、それでちょっと考えてたんだけど、すごく景色がきれいだと思うんだ、それで、よければ一緒にどうかと思ってね」
「ま
>>続きを読む

歓びのトスカーナ(2016年製作の映画)

-

「私たち何を探してるの?ー幸せをほんの少し」
「お構いなく、割と大人よ」
「あなたは心理士ですか?ーそれ以上ですが、私のことはともかく」
「淋しい生い立ちをやり直させて」
「辛いのはたくさん、もうやめ
>>続きを読む

コロンバス(2017年製作の映画)

-

「でも問題は集中力じゃなくて興味の欠如なんだ」
「日常に無関心になってない?」
「身近過ぎて何も感じなくなる」
「いつも難解であろうとしてた、ただシンプルに書けば良いのに」
「私たちこれで良かった」
>>続きを読む

アフリカン・ウエディング(2013年製作の映画)

-

「花を贈るより効くだろ」
「愛してると言っただけじゃ何も変わらない」
「ガレージを作った時は応援してくれた、車の良さが理解できなくてもね」
「この家を買って独立したかった」
「全然理解できん、だがお前
>>続きを読む

がんばれ!チョルス(2019年製作の映画)

-

「痛い?ーそれより乗り切ることの方が辛い」
「ところでさっきの男の子は誰?イマイチだったぞ」

夫婦フーフー日記(2015年製作の映画)

-

「何度落選しても良いんだよ、書け」
「つんくなめんなよ」
「ご出産の方針でよろしいですか?」
「かっこどうやら入籍後の一発目が命中」
「覚悟していた分案外デカいじゃん」
「びっくり、したかったぁ〜」
>>続きを読む

ウィークエンド・チャンピオン 〜モンテカルロ 1971〜(2012年製作の映画)

-

「これじゃ決勝は単なる賭けだ、争える状況じゃない」
「イライラしてバランスが取れなかった」
「感情のカウントダウンができなかった」
「君は安全を追求した第一人者だった」
「成長過程は人生に大きく影響す
>>続きを読む

セルフィッシュ・サマー ホントの自分に向き合う旅(2013年製作の映画)

-

「全てが思い出になってしまった、自分の遺灰を掘ってるみたい」
「みんな気にしてないのね、山火事があったことは」
「でも私にとっては辛くなる一方なの」
「私は強くて適応力があると思っていたけど誰が証明し
>>続きを読む

恋愛寫眞 Collage of Our Life(2003年製作の映画)

-

「思い出はいつも突然やってくる」
「そんなことしても傷つくのお前だけだろ」
「シミがこんなにきれいですか?」

サード・パーソン(2013年製作の映画)

-


バスローブ
「恋に恋してて人と向き合わない」
「なぜ私なんかを愛せるのよ」
「ひどいことばかりした私をなぜ愛せるの?ー君の笑顔の価値を知っているからだ」
「どうすれば自分を許せるのか分からずにいる
>>続きを読む

アガサ・クリスティー ねじれた家(2017年製作の映画)

-

「ショットガンは私の気分に1番合う」
「ママと呼ぶと老けるって」
「誰が生きるために働きたいと思うかね」
「人は知ってることに気付かない」
「価値あることには痛みが伴う」

少年と自転車(2011年製作の映画)

-

「土曜日だからあと10分」
「ありがとうー何てーありがとうー何て」

料理 厨房
「食べる?」
チップス
「会いたくないと言ってくれー自分で言えば?ー言えなかった」
「一緒に遊ぶ?」

ザ・マスター(2012年製作の映画)

-

「何よりも1人の人間だ」
「悩みは一時忘れろ、また戻ってくるが、記憶は置いておけ」
「過去の失敗が苦になるか?」
「答えを決めつけるのになぜ聞く?」
「俺はそうなれない、どうしてもー健康になれない?」
>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

-

「あの幸せな1週間があれば全人生が輝きます」
「脳内に詩や曲があっても作品にしないと無意味だ」
「大好きだよ」
「正義を装い人を殺すなどゆがんでいる」
「じき誰の家にも電灯がつきこのことを忘れる」

隣の影(2017年製作の映画)

-

あの木が邪魔で
「来週の気持ちも分からない」
「認めて、取っておいたんでしょ」
「子供には両親を愛する権利がある、両親同士が愛し合ってなくても」

天気の子(2019年製作の映画)

-

プリキュア
「人の心は空に繋がってるんだと僕は初めて知った」
「最近のガキは何でもネットに書いちゃうんでしょ」
「人間年取るとさ、大事なものの順番を入れ替えられなくなるんだよな」

それだけが、僕の世界(2018年製作の映画)

-

「ミサでスマホを見なければきっと天国へ行ける」

「不可能とは事実ではない、思い込みである」
「はいって、毎日そればっかり」
「テルマ&ルイーズを思い浮かべて車ごと空へ飛んでいきたかった、だけど実際
>>続きを読む

お熱いのがお好き(2008年製作の映画)

-

「愛だけじゃ生きていけ無いけど条件だけで結婚しても幸せになれない」
「今までやってきたことを続けるしかない」
「私ってちょっと意志が強いタイプよね」
「20代に戻れと言われたら死んだほうがマシだ」
>>続きを読む

ナイト・アンド・ザ・シティ(1992年製作の映画)

-

「失敗しそうなものは失敗する、お前にピッタリだ」
「お前はもっと落ち着けば何かできるはずだ」
「あなたって的を探してる矢みたいだわ」
「自家製?誰の家よ」
「私は分かってる、私を傷付けるためにやってな
>>続きを読む

ミスエデュケーション(2018年製作の映画)

-

「私はただの私」
「目指したい、健やかな私」
「一歩ずつ着実にね」
「自分を憎むのは10代では普通だよ」

ミケランジェロの暗号(2010年製作の映画)

-

「人間というのは奥が見えない」
「昔のルディだけを記憶に留めるようにしよう」
「視界から私を消すな」

461個のおべんとう(2020年製作の映画)

-

「えぇ、くさ、足の裏の臭いみたい」
「逆です、力の抜き方を知ってる感じ」
「美味しいものは毎日美味しいから良いよ」
「いいけど、食べ物を簡単に捨てるような人間にはなるなよ」
「男が恋したんだったらダイ
>>続きを読む

アンストッパブル(2019年製作の映画)

-

「経験から言うと特別じゃなくていい」
「ずっと心配されて気が変になりそう」
「明るい人間だったのに」

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

-

「彼らの母性行動を初めて見た」
絵本
「生きるためよ、誰でもそう」

疾走(2005年製作の映画)

-

「お前の物語は人間のために初めて流したその涙で始まる」
「好き嫌いの方が大事です」
「鬼けんのこと覚えててくれたん、めちゃ嬉しいわ」
「海を陸にするのっておかしいのかもね」
「母親が抱きしめるからその
>>続きを読む

待つには遠すぎた初恋(2018年製作の映画)

-

「きっとただ気持ちを伝えたいだけなんだと思う」
「あんたが持ってるわけないか」
「私はあなたがすき」

サラエヴォの銃声(2016年製作の映画)

-

「洗濯物は雄弁なの」
「テロリストである前に操られた一青年だった」
「人生で一度くらい信じた通りにやらせて」
「誰が何人か口を出すから戦争に」
「考えてた、彼なら今日誰を殺すか」
「暗殺で何か変わる時
>>続きを読む

アイランド(2005年製作の映画)

-

「どんな世界だろうと1つだけ真実がある、女にカードを持たせるな」
「人間には関係ないもんね、でも何千ものクローンが殺される」
「人間というのは生きるためなら何でもする、どんなことをしても俺は生きたい」
>>続きを読む

スタートアップ!(2019年製作の映画)

-

「根性なしはどこいってもダメだ」
「ちくしょう、毎回ホラーだ」
「まだ起きてるブーブー」
テギルトースト
「残された人は生きないと」
「干渉するだけが親か?辛いときは子供に頼れ」
「顔と同じくらい名前
>>続きを読む

ピーター・パン(2003年製作の映画)

-

「2つ目の星を右、それで朝まで真っ直ぐーそれで手紙届くの?」
「飛び方を教えてくれるってー世の中の道理に逆らってますね」
「プリンに泥団子、アイスクリーム、もうお風呂はなし」
「僕、全然楽しいことが浮
>>続きを読む

8 1/2(1963年製作の映画)

-

「ん〜ばっ」
眉毛
ベッド 本
「いつも美人だけ、役は頂けるの?」
「猫は爺さんと同じ、ご飯の時だけ帰ってくる」
樽 お風呂 子供
「間違った気がするの、人生も仕事も」
コノッキア 髪いじり
「ひらめ
>>続きを読む

誰よりも狙われた男(2014年製作の映画)

-

「どんな善人にも悪の部分がある」
「そして残ったダメージ、ほったらかしだ」
チェス
「自問することはあるか?自分の仕事の意義をー時々ね、でもいつも答えは同じよ、世界を平和にする、それで十分」
「何か過
>>続きを読む

>|