lalachinoooさんの映画レビュー・感想・評価

lalachinooo

lalachinooo

映画のある時代に生まれた幸せよ

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.2

Arrivalの監督とヨハンヨハンソンの音楽ということで見てみたが、映像の美しさと静寂に魅せられた。

撃ちまくり、死にまくり、裏切りだらけのNarcosとはまた違う、静かさが重い、映画だった。

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.0

映画みながら、関係ないファイトクラブとインセプションが頭の中でごちゃ混ぜになって、焦った

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

こんなこと言うと興ざめしそうなので、ネタバレ枠ですが、英国美男子の表情は芸術。

そして、夕陽の色、海の青、切り取って絵にしたいシーンがたくさんあった。
ノーラン先生独特の音楽による感情の動かし方も忘
>>続きを読む

レオン(1994年製作の映画)

4.0

鍵穴、ガム、チェーン、この繰り返しのシーン最高

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.5

"戦争が起きたのは、一人のせいだけじゃない、全員に責任がある、だから戦争を止めるため、そして多くの命を守るために、きみにも一緒に来て欲しい。"
ワンダーウーマンへの一言が、観客に話しかけているように聞
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.5

なにが悪なのかもうわからない。

シカゴと香港という神的ロケーション。

第9地区(2009年製作の映画)

3.5

強制退去、貧困、内戦。実は差別とつながっている

メメント(2000年製作の映画)

4.7

一瞬のサブリミナルと、ポラロイドを使った記憶の描き方がもう、天才ですねノーラン先生。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

5.0

記念すべき100作目がこの作品で嬉しい。

"Excitement that only freeman can feel"
いま自分の手元にある自由、その事実に責任を持って生きたいと思った。

A.I.(2001年製作の映画)

5.0

人を愛すことを学んだロボットを、果たして人は愛することができるのか?

私たち人間は夢を追い、生きる意味を見出しすことができるCivilization。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

5.0

もし暗闇に包まれた宇宙から、パリの光が見えたら?


なんと美しい表現。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

本を読みましょうという教訓。で結局学校行くんかい!というね

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

4.1

マークザッカーバーグの裏も表も全部見せちゃいますという映画。けど、ビジネスの世界で生き抜くとはこういうことなのか。ボストン大の元カノがかっこよかった。

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.5

かっこよすぎて最強。ブラッドピッドになりたい。

"You are owned by what you own, 自由に生きろよ!"

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

4.6

ロードトリップのなかで流れる景色。美しいフレーミングとともに伝わって来る感情。言葉がないほうが、感じとれることが多いのかもしれない。トラビスの息子の姿をみてそう思った。

LAはもちろんですが、なんで
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

4.0

針は痛そうだし、スコットランド人は根暗だし、途中で観るのやめようかと思ったけれど、音楽と色が爽やかで最後まで見た。最初とは全く違って聞こえるメッセージが響く。余談で、絨毯に沈んで、そこから映すシーンが>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.1

ディズニーの音楽はすぐに涙腺が緩むなにかがある。

黒人キャストや同性愛者がサラッと自然に登場してた。

「恋は目ではなく心で見るもの。だからキューピットは盲目。」

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.5

子供のバイオレンスシーンが多くて、あまり気持ち良く見れなかった、が!ローラちゃん、ちびっこながら美しい。

ストレイト・アウタ・コンプトン(2015年製作の映画)

4.8

もっと早くに見るべきだった。

"I'm a journalist like you, reporting what's happening on the street. But the differ
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.5

LSDの世界というか、こんな3Dにみえるアニメーションを1980年代に描いていたのはとんでもない。夜のネオンに照らされた街並みの色合いがすごく好き

マトリックス(1999年製作の映画)

4.1

CGの時代が始まった感満載の動きのぎこちなさがいいね。ジュジュツ。

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.7

Wonderwall と on ne change pasのシーンがもう、とんでもない。音楽と感情をつなげるのがうますぎる

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.7

"Just because something thinks different than you, does that mean it's not thinking?"

コンピュータの始まり

天国の口、終りの楽園。(2001年製作の映画)

5.0

こういう映画を求めていたんだー!人の傷や感情にとてもピュアな映画。スペイン語ずっとしゃべってるし、タイトルもそこからとったんかいって感じがいい。音を切ってセリフを流す雑さがいい。ビーチ探しに行くロード>>続きを読む

ヒース・レジャーの恋のからさわぎ(1999年製作の映画)

4.0

どこにでもあるようなアメリカンハイスクールドラマで泣くと思わなかった

若き勇者たち(1984年製作の映画)

3.3

内容と全く関係ありませんが、キューバ人のスペイン語は可愛らしい。

>|