prismさんの映画レビュー・感想・評価

prism

prism

映画(86)
ドラマ(0)
  • 86Marks
  • 55Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

4.0

密室から、誰がどうやって作品を盗んだか?という展開から、さらにひねってある。
面白かった。

プライス -戦慄の報酬-(2019年製作の映画)

3.0

パルプフィクション風の展開や、シリアス風や、ヒューマン風の表現が、メリハリではなくチグハグな感じ。
やり方によっては、もっと良くなっていたかも。

影踏み(2019年製作の映画)

3.0

山崎まさよしが、雰囲気を出していて良かった。

スパロークリーク 野良犬たちの長い夜(2018年製作の映画)

4.0

なかなか良く出来た脚本。
期待しないで見たから、余計に良かった。
心理戦やロジック物が苦手だと、意味が分からないで終わるかも。

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.0

『総理と呼ばないで』のリメイク版。
官房長官の不正写真も、三谷節で笑える程度の不正。
娯楽エンターテインメントとして、ブレない姿勢は評価する。

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

3.5

ホラー物として楽しめた。
図書館に置く事を禁止されたみたいだけど、影響を受け易い子供もいる事を考えれば納得。

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

3.0

新しいタイプの密室殺人物。
殺人手法も変わっている。

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.0

感情を揺さぶるのが映画の役目なら、目的は達成している。
最後に「この映画で、傷つけられた動物はいない」とテロップが流れるが、一番皮肉が効いているかも知れない。

カット/オフ(2018年製作の映画)

3.5

色々入り組んで分かりにくいけど面白かった。
最後は善人も罪を犯すという事の証明かな。

アス(2019年製作の映画)

3.0

家の外にいる所まで良かった。
あとは無駄に辻褄を合わせようとして、説明が入り失敗している。

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

2.5

全然かわいくないチャッキーが、不気味な感じになるのは良い。
あんまり怖くないのは仕方ないのかな?

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.5

今回は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』をモチーフに展開。
ホラーとは掛け離れてたけど、意外性があって面白かった。

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.5

『恋はデ・ジャブ』の事を最後に話していて、着想元を明かしているのに好感。
ループの抜け方を使っているのも、オマージュとして成立すると思う。

サマー・オブ・84(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

1984年のノスタルジーを加味すれば、0.5くらいは上乗せ。
最後、家から2人を連れ出して、わざと車から逃れる様にして、1人しか殺さないのが不自然に感じた。

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

あまり前情報を入れないで鑑賞。
引き込まれて後からの展開に驚き。

犯行を行なった人物や、疑われた人の中「周りは何もしない」を、郵便物で表現しているのは上手いと思った。

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

3.0

分かりやすいホラー映画かと思ったら『ウォーキング・デッド』の1エピソードみたい。
特別良い訳ではないけど、駄作ではない普通作品。

アンノウン・ボディーズ(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

動機が謎。
説明があったけど見落としているのかな?

女性精神科医が犯行を見られたと思い、被害者のフリをして、プロファイルもかわして、患者を犯人に仕立てあげていた。

ベストセラーかぁ。…本当に?w

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

誰しもジョーカーになり得るという感じで上手く魅せていた。
ジョーカーの過去としてじゃなく、普通の一般人としでの映画だったら、ここまで評価はされないと思う。
『まともな男』と同じ程度の扱いだったかも。

ミッシング・タワー(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

主人公の娘が14歳と7歳の姉妹と思ったら、一方は7年前に死んだ双子の妹。
怪しい管理人は、実は主人公を救おうとしていた。

霊的ボリシェヴィキ(2017年製作の映画)

2.0

話題になってたから観てみが、怖くもなく微妙な作品で、物語に入り込めなかった。
ステルスマーケティング?
監督の力不足?
全く期待しないで観たら…やはり微妙だろうなぁ。

ペイシェント・セブン(2016年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

精神科医と思った主人公が、実は大量殺人者で、ドラキュラやゾンビなどの話で、罪の意識から逃れようとしていたという話。
オチは途中で分かったけど、作品として面白くないのが致命的。

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.0

キャストを見れば分かるけど、中学生寄りの高校生くらいがメインターゲット。
オチや理屈はよく考えられているけど、納得出来るか?と聞かれたら、肯定は難しいかな。

来る(2018年製作の映画)

3.0

作品としては怖くないけど、育児ノイローゼ不倫の黒木華がハマりすぎてた。

ウォッチメン(2009年製作の映画)

4.0

面白かった記憶があって見返したけど、やっぱり面白かった。

ポリス・ストーリー/REBORN(2017年製作の映画)

2.5

世界観の対象年齢が少し低めかも。
『ポリスストーリー・レジェンド』と違いすぎて楽しめなかった。

ポリス・ストーリー レジェンド(2013年製作の映画)

3.5

韓流っぽい展開だったけど、シリアス路線で面白かった。
『新・ポリスストーリー』に近い印象。

死体が消えた夜(2018年製作の映画)

3.5

なかなか考えられていた脚本。
バレない毒薬とかはあるけど面白かった。

迫り来る嵐(2017年製作の映画)

4.0

たまたまレンタル屋で、パッケージジャケットを見て借りたが良かった。
予告編を見ないまま、本編を観たから楽しめた。
予告編でネタバレというか、楽しみを奪ってどうするんだ?と、下手くそな予告編を作る配給会
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.0

スタッフロール後の映像があると予告があったけど、2段階とは思わなかった。
驚きの展開で楽しめた。

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

コスチュームが、イーストウッドの過去作の衣装と知って、なんだか嬉しさと時間の流れを感じる。

罪を認めたのは、運び屋の罪を認めたという意味ではなく、自分の人生が家族をないがしろにしていた事を認めて償う
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

3.5

カルト的な迷作が、どういう感じで現代風にアレンジされるのかと思ったら、カルトなままリメイクされていた。

オリジナル版に対する、敬意とリメイク愛のあるリメイク作品でした。

>|