北の海へと続く道さんの映画レビュー・感想・評価

北の海へと続く道

北の海へと続く道

映画(406)
ドラマ(151)
  • List view
  • Grid view

空に住む(2020年製作の映画)

3.5

この作品を観ながら「主語(作品を通して言いたいこと)のない映画だなぁ」と思いながら観てました

そんなことを思いながらみていると…これを見る人は主役のファン以外はどう思うんだろう?と

年代的にこの内
>>続きを読む

ストレイ・ドッグ(2018年製作の映画)

3.5

ニコールキッドマンさんのメイクが話題ですが…

それ以上に話は濃いです

これは映画館で観ないと、早回ししちゃうかも…

朝が来る(2020年製作の映画)

3.5

河瀬監督、上手いですね…としか言えない

この作品の情報番組や余計な情報なく是非見てほしい作品

作品を通して時間軸や転換の演出のうまさが光ります

永作さん、結婚後はしばらく落ち着いていましたが母親
>>続きを読む

きみの瞳(め)が問いかけている(2020年製作の映画)

3.5

目は女優の命ですね…

もともとこの方は目線が曖昧な演技をするので、今回の役はもしかしたらハマるかなぁと予想していました

とりあえず、ハマっていますが…

逆に、本当にそのような方に対する「嘘くささ
>>続きを読む

スパイの妻(2020年製作の映画)

3.5

作品的に評価されたのはなんとなく納得しますが…

残念ながら役者さんたちは飼い殺し感があります…

内容を盛り込みたいだけに見せたい部分がボヤけてしまったようにも感じます

みをつくし料理帖(2020年製作の映画)

3.5

原作やドラマは未読です

なので映画だけの感想です

主演が松本穂香さんと聞いて、第一印象は「みね子、頑張れ!」だった。

そして同時に「所作、着物大丈夫?」だった。

角川さんがキャスティングしたの
>>続きを読む

博士と狂人(2018年製作の映画)

3.5

重い作品ですが、主役の2人が熱いですね

個人的にはショーンペンを「21g」から追っているので、深みのある演技が増してきたなぁといった印象

ただちょっとダラダラした作品なので飽きてしまう感があります
>>続きを読む

ソニア ナチスの女スパイ(2019年製作の映画)

3.5

これも実話

主役のイングリッド・ボルゾ・ベルダルさんはどことなくニコールキッドマンに似ていますが演技は後者の方がやはり1枚上手ですかね

オフィシャル・シークレット(2018年製作の映画)

3.5

実話なので…

このニュースを見た時「世界のジャーナリストは凄いなぁ」と感じました

日本はなんでも国家に握り潰されている印象しかなかったので

今も昔も変わってないなぁ…日本

マルモイ ことばあつめ(2018年製作の映画)

3.5

やっぱりこの手を作らせると韓国には敵わないなぁ…作品もそうですが上げ下げのバランスが良いです

グッときますよ、是非、映画館で観てください!
たぶんテレビでみたら全く印象はちがいます

脇がすごく良い
>>続きを読む

はりぼて(2020年製作の映画)

3.5

ドキュメンタリーなんだけど、すぐにでも民放でオンエアーした方が良い作品です

新聞記者はテレビ放送された(はず…)けど、i-新聞記者ドキュメント-はたぶん民放でのテレビ放送はされていないし…

自分の
>>続きを読む

世宗大王 星を追う者たち(2019年製作の映画)

3.5

ハンソッキュさんはなんか安定しているなぁ…

4代なのでその頃だと考えるとある意味納得

ただ前半のもったり感が…

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ(2019年製作の映画)

3.5

A24、映像のこだわりが良いです

ここ最近みた映画の共通項は、スケボーと西海岸です

「mid90s」や「行き止まりの世界に生まれて」とこの作品を含めて全て似たようなテーマが裏にある作品ばかりです
>>続きを読む

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵(2020年製作の映画)

3.5

以前見たラドクリフさんは「スイス・アーミーマン」と言い、髭ズラはどうも似合わないと思うけど役者として変化したいんだろうなぁ

話は実話なのでそれしかないです

ただ、法に触れる事にする時は観ていてもや
>>続きを読む

望み(2020年製作の映画)

3.5

作品的にどうこうはないです

タイトル通りです

家族愛…難しい問題ですね

個人的には「石田ゆり子」劇場ですね
「円熟味を増してきた」と言った意味でそろそろ主演女優賞の候補に上がってほしいです
>>続きを読む

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.5

同じ内容でも日本と韓国では全く違いますね

映画が始まって「予告詐欺?」と思いましたが…この作品はじわじわきます

チョン・ユミさんの演技が良いです

この手の演技をする女優さんは何となく演技が似てき
>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

3.5

各メディアは主役を上げすぎじゃないでしょうか?

仕方ないと言えば仕方ないのですが。

宗教、家族愛、友情、次女、病…

わかるけど…

ただ作品としてあそこでアニメーションはいらないです

ラストも
>>続きを読む

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

3.5

予告の時点で個人的にツボでした

予想に反して、わりと満席…

そして年齢層が高く、驚きます

考えていたもの、そこにこだわって作っていたこともあるので、納得できました

やはり知らないことを知るのは
>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

3.5

前半が退屈になっちゃいました…

同じBLでもこちらは海外モノなだけに、日本のブーム感がある作品とは違い「当たり前感」があります

浅田家!(2020年製作の映画)

3.5

なんだろう…

予告を観てもう少しガツンと来ると思っていただけにちょっと物足りなかった…

どうしても「湯を…」の熱量と比較してしまうからだろうか?

前作同様、カット割やカメラ位置、カメラアングルな
>>続きを読む

ある画家の数奇な運命(2018年製作の映画)

3.5

長い!

でも意味ある長さと思えば…

もう少しコンパクトにできるかと思うけど、作品の厚みが変わってくるので、これで良いのかもしれません

美術系の映画は少ないので、ストーリーに混じわるアートの世界は
>>続きを読む

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

3.5

白も黒も変わりません

結局、みな同じ問題を抱えてるんです

同じ日に、いわゆるアメリカの普通の家庭、この映画は真逆

つまりこれがリアル…









この手の作品はラストに「こんなクソな人生
>>続きを読む

オン・ザ・ロック(2020年製作の映画)

3.5

地に足がついた映画です

エンドロールで監督をみて「へ〜」と思いました

ストーリーとは別ですが、やはりNYCは憧れの場所です…

甘いお酒でうがい(2019年製作の映画)

3.5

しっぽりしたい人
ほっこりしたい人
主演の方と年齢が近い人
1人の人
時間のある人

是非!

黒木さんはこの手は良い演技しますね
清水さんは力感が無く、このぐらいの感じの演技が良いです

クライマーズ(2019年製作の映画)

3.5

実話は実話…

それ以外ないです

キャストに難ありですが、山あり谷ありなので2時間半ぐらいの作品も見れますよ













この作品を見ていると、ジャイアン的な発想はこんな環境から生まれ
>>続きを読む

ザ・ネゴシエーション(2018年製作の映画)

3.5

これはヒョンビンファンはガッカリするんじゃないかなぁ?

駆け引きのカタリ口調や表情は個人的にはヒョンビンらしくカッコ良いです

あとはソン・イェジンさんが作品を引っ張りますね

まぁ飽きません

ヒットマン エージェント:ジュン(2020年製作の映画)

3.5

アクションやドンパチ(古い言い方)が苦手な方への導入にいかがでしょうか?

コミカルに作っているので、その点は見やすいと思います

あとは何も無いでーす

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

3.5

今期の邦画で1番の作品じゃないかなぁ?

草彅さんは置いておいて、服部樹咲さんが良いです

表現が下手な分、影のある感じが良いです

恐らく新人賞レースに出てきますね

ちなみに草彅さん、色々な面で超
>>続きを読む

妖怪人間ベラ(2020年製作の映画)

3.5

そもそも「妖怪人間ベム」知らない人が多いんじゃないかなぁ?

リアルタイム(再放送)で見ていたのですが、アニメと実写の違いはあるけどなんか変です

作品はどおってことない内容です

森崎ウィンさん、い
>>続きを読む

誰がハマーショルドを殺したか(2019年製作の映画)

3.5

期待はしていませんでしたが…予想を裏切りませんでした

ストーリーテーラーの方がイマイチです

鵞鳥湖の夜(2019年製作の映画)

3.5

予告を観て期待しましたが…話は別にどおってことないストーリーです

やはり全体的に雑なのかなぁ?

ただ、現代の中国でもあんな感じのところがあるんだなぁと思うと面白いです

あの感じの街や食堂、バイク
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

素晴らしい!
難解で複雑でなんとも言えない!
一般には受けないかも知れないけど、bravo!クリストファー・ノーラン!

是非、前情報無しの方が楽しめますよ
映画館、しかも2Dで!

なぜ2Dって?
>>続きを読む

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

3.5

この作品と「アルキメデスの大戦」をセットで見てもらうと良いんじゃないでしょうか?

はちどり(2018年製作の映画)

3.5

これは映画館で観ましょう!

テレビでは違ったように感じてしまいます

日本人なら昭和40から50年代が同じ感じの雰囲気になりますかね?

ズッシリした作品なので、好みが分かれますが映画好きなら好きな
>>続きを読む

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

3.5

バッサリ言うなら◯◯さんがミスキャストです


たぶん見にきていた人達の大半は感動なのか?衝撃が強かったからなのか空気が重かったので、それなりの衝撃度はあったのかとおもいます


個人的には原作未読で
>>続きを読む

チィファの手紙(2018年製作の映画)

3.5

個人的にはこちらの作品の方がスーッと体に入ってきます

日本は説明的な作品でした

こちらの方はノスタルジーと言うのでしょうか?

私は古い人間なので、こちらの感覚の方が感じます

>|