諒さんの映画レビュー・感想・評価

諒

映画(2152)
ドラマ(0)

悪の偶像(2017年製作の映画)

3.5

轢き逃げをされた遺族と、轢き逃げをした息子を持つ議員。
この二人の運命が交差した時に思いもよらない方向に話が進む。
こういう息子でも可愛さを感じるものなのだろうか。
私には理解出来なかった。
もし最初
>>続きを読む

ザ・プレイス 運命の交差点(2017年製作の映画)

3.6

一見すると何の繋がりも無い複数の男女がそれぞれ願いを叶える為に悪事を引き受ける。
最初は、それぞれどういう選択をして物事が進むのかなと見ていたけれど、繋がっていく所から面白くなってきた。
ワンシチュエ
>>続きを読む

ラビング・パブロ(2017年製作の映画)

3.5

始終淡々としていながら、サラリと怖い出来事が起きていく。
その淡々さが、人が死ぬのが日常茶飯事だという事を伝えて来る。
コロンビアの治安の悪さに物凄く驚かされた。
愛人に、パブロが銃を渡してこれからど
>>続きを読む

CURED キュアード(2017年製作の映画)

3.2

設定はとても面白いのに、それを生かし切れていない感じがした。
感染者への差別はコロナ感染者を彷彿させる。
一度人を殺した人間を受け入れられるか、それが大切な人を殺した存在でも。
人を殺した記憶を持ち合
>>続きを読む

汚名(1946年製作の映画)

3.3

愛する男性に危険な任務に行かされて、愛を疑いながらも任務に行く主人公。
こんな状況でも、愛する気持ちを失わないのがすごいなと感じる。
自分ならこんな任務に行かされると知った時点で相手からの愛を疑ってし
>>続きを読む

マッド・ハウス(2019年製作の映画)

3.3

最初だけ面白かった。
後は簡単に物事が進んでいって、終わり方だけ面白かった。
設定は面白いのに色々勿体ないなぁと感じた作品。
洗脳も簡単だし、折角、友達や父親が出て来るのだからもっと奮闘したら面白かっ
>>続きを読む

プリベンジ(2016年製作の映画)

1.0

声に従ってひたすら殺す話。
何が何だか分からないまま、殺された人が増えていき、最後に面白くなりそうでならなくて残念。
人が殺される割に、ストーリーに波がある様に感じられなかった。
もっと主人公の背景を
>>続きを読む

ガス燈(1944年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

おかしくないのに自分がおかしいとじわじわと思い込まされて何が本当なのか分からなくなっていく。
旦那が明らかに怪しいのだけど、側にいすぎて客観的に見えないんだろうなぁ。
精神的に壊されていく様子がとても
>>続きを読む

疑惑の影(1942年製作の映画)

3.3

大好きな叔父が殺人鬼かもしれないと女の子が一人で疑惑と戦う話。
色々怪しい点があって、疑心暗鬼になりながらも家に暫く来ているから関わらずにもいられないし逃げる事も出来ない。
面白いシチュエーションでは
>>続きを読む

私のちいさなお葬式(2017年製作の映画)

3.5

自分のお葬式の準備っていいなと思った。
自分だったら、どんなお葬式にしたいだろうと考えながら見ていた。
しかしながら、思い通りにならないのが人生というもの。
息子の人生についても、何が正解だったのかな
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.5

綺麗な光景に、時折混ざる違和感。
違和感が次第に膨れ上がってと怖かった。
異常な事が普通になっている人たちって、本当に怖い。
異常だと言っても通じなくて、会話が成立しない。
逃げ出すにも、こんな所から
>>続きを読む

白い恐怖(1945年製作の映画)

4.2

先が読めそうで読めないミスリードがお見事。
そして、精神分析すごかった。
何で苦しんでいるのか、その根底にある原因。
人の無意識の思い込みって、怖いものだなと思った。
それ一つで長年苦しんだり、人生を
>>続きを読む

バルカン超特急(1938年製作の映画)

3.7

走る汽車の中で、一緒にいたはずの老婦人を誰も知らないという不思議な出来事に興味をそそられる。
誰に話を聞いても、誰も知らない中、探していくというのがとても面白かった。
一体何故いなくなったのか、一体何
>>続きを読む

舞台恐怖症(1950年製作の映画)

3.6

濡れ衣を着せられた好きな男性の為に頑張るイヴが可愛い。
そして、イヴのお父さんがとてもいい味出してる。
展開が思いも寄らぬ方向に行くので、ラストはゾッとした。
見せないで怖がらせる手法も良い。

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

カメラワークがとにかく素晴らしい。
ワンカットで撮影されているように見え、臨場感がひしひしと伝わって来る。
時間との戦いがとても伝わって来る。
ただ長回しをしているだけではなく、色々な出来事を盛り込ん
>>続きを読む

未成年(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

不倫しているお互いの子供たちを軸に描いたストーリー。
不倫している二人がどう考えても悪いのに、奥さんはこれからも罪悪感を伴って生きていかないといけないのかなと考えると悲しすぎる。
一方、子供たちは親の
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼(2020年製作の映画)

3.7

前作がいまいちだったので、期待していなかったものの面白かった。
これからどうなるのか展開が読めなくて面白い。
予想外な展開がとても良かった。
今回はスマホを落としたのがメインではなかったものの、インタ
>>続きを読む

スーサイド・ライブ(2017年製作の映画)

3.5

こんな悪趣味な番組、実際にあったらゾッとする。
でも、視聴率いいんだろうなぁとも思った。
人間は刺激にどんどん慣れてしまうので、求めているものがどんどんエスカレート。
楽しむ人も多いかもしれないけれど
>>続きを読む

バード・ボックス(2018年製作の映画)

3.5

見たら死ぬというシチュエーションの中で一体どうやって生きていくか。
難しいシチュエーションだと思うけど、うまく描いていたと思う。
一体何を見て死んでいくのかの謎は解かれないままだけれど、はっきりしない
>>続きを読む

インフィニティ 無限ループ(2014年製作の映画)

3.0

彼女の心を手に入れる為に、何度もループする話。
設定は面白いのだけど、如何せん単調で飽きが来てしまう。
その上、分かりにくく、何がどうなっている事やら。
もっと分かりやすくて、盛り上がるシーンがあれば
>>続きを読む

暗数殺人(2018年製作の映画)

3.5

犯人役のチュ・ジフンの演技がゾクゾクする。
とにかく得体の知れない怖さを纏っている。
本当に起こった事件なのか、それとも実際にはない事件なのかを探っていくもどかしさ。
立証することの難しさ。
見ていて
>>続きを読む

KEY(キー)/死体の中の遺留品(2012年製作の映画)

2.0

死体の中から出てきた鍵の謎を解き明かそうとする話。
なのに、謎が解けず何を伝えたいのか分からないまま終わってしまった。
後は考えて下さいという事にしても、謎が多すぎて何が何だか分からない。
設定は、と
>>続きを読む

イーディ、83歳 はじめての山登り(2017年製作の映画)

3.6

年をとってから新しい事にチャレンジするのは、若い頃より勇気がいる事だと思う。
83歳で父親と話した山登りに初めて挑戦するイーディ。
最初は不安で胸がいっぱいだったはず。
色々な事があってもそれでも、山
>>続きを読む

グローリー 消えた腕時計(2016年製作の映画)

3.5

ただ時計を返して欲しい、それだけなのに主人公の全く意図しない方に話がいってしまう。
人工授精が上手くいくかどうかで落ち着かない官僚と、時計が返ってこないで四苦八苦している主人公が不協和音な感じがして良
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

立場が弱いのを利用され、セクハラされた女性が立ち上がってトップから引きずりおろす。
応援する声ばかりではないだろう。
好奇の目で見る者もいるだろう。
でも、声をあげた事で被害にあう女性が減っていくはず
>>続きを読む

みじかくも美しく燃え(1967年製作の映画)

2.0

出て来る人は美しいけれど、美しく燃えていない気がした。
妻子を捨てて不倫して、不幸しか生まない。
余程の理由が無いと自分たちに酔っているのかなとしか思えない。
生活の変化を見ていて、それでも尚心中を選
>>続きを読む

ハスラーズ(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

下心を持った男たちからお金を豪快に巻き上げる話かと思いきや、ただそれだけではなく友情を描いていた作品だった。
その場だけのお金で繋がっている薄っぺらい関係かと思いきや、片方だけしっかりとした本物の友情
>>続きを読む

冬時間のパリ(2018年製作の映画)

3.0

レオナールのどこが良くて、女優が不倫しようと思ったり、奥さんは結婚生活を続けるのかさっぱり分からなかった。
何でもかんでも私生活を書かれてしまうのに、女の人達がレオナールと関係を続けるのが分からない。
>>続きを読む

サーホー(2019年製作の映画)

3.5

中盤までコミカル要素があって見やすいなと思いきや、シリアス一辺倒に。
オチの予想がつきやすくて長いのもあってだれてしまった感じがする。
個人的には、前半~中盤が好き。
アクションでも、歌って踊るのかな
>>続きを読む

ロスト・イン・パリ(2016年製作の映画)

3.3

最初はすごい面白そうと思ったけれど、テンポが段々と合わなくなっていった。
だけども、たった3人で話を回してドタバタやってしまうのは良かった。
見終わった後は、3人共が好きになれるそんな作品。
明るい気
>>続きを読む

読まれなかった小説(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

長かったけど、主人公の現実を見るまでの時間、家族との軋轢、これらを描くには必要な時間だと思った。
何でこんな父親と母親は結婚しようと思ったのか。
息子から見たら、ろくでもない父親に見えるけど、他の人か
>>続きを読む

タミー Tammy(2014年製作の映画)

3.3

主人公とおばあちゃんのコンビがいい感じ。
前半は面白いのだけど、後半になったら失速気味。
個人的には強盗の所がとても好きでした。
すごい面白くなりそうで、惜しい作品。
おばあちゃんの病気をもう少し丁寧
>>続きを読む

グレタ GRETA(2018年製作の映画)

3.6

まさか親切心があだになるなんて。
イザベル・ユペールがひたすら怖い。
主人公にとにかく付きまとって、イザベル・ユペールが綺麗だから余計に怖さが引き立っていて見ていてゾっとした。
先がどうなるのか全く分
>>続きを読む

運命は踊る(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

かくも運命とは、こんなに残酷なものか。
死んだという知らせが来たものの、実は間違いで生きていた。
その喜びもつかの間、息子を帰す様に言った事で悲劇が起きるとは。
あの時、帰らせる様に言わなければ息子は
>>続きを読む

甘い毒(1994年製作の映画)

3.0

まるで甘い毒かのように男たちを翻弄し、破滅に追い込む主人公。
主人公は綺麗だけど、何でここまで翻弄されているのかと。
特に車の中のシーンは、滑稽とも言える出来事。
下心とは、そういうものなのかな…いや
>>続きを読む

ハイヒール(1991年製作の映画)

3.0

母親との間に確執のある娘が、母親の元彼と結婚。
何で敢えてこんな男と結婚までしたのかなと理解しがたいものがあった。
その理解しがたい部分に親子の確執があるのだろうけれど。
本当は母親に素直になりたい気
>>続きを読む

>|