ヤマネさんの映画レビュー・感想・評価

ヤマネ

ヤマネ

映画(123)
ドラマ(13)

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.8

とても楽しめました。
岡田准一って凄いヤツだなと改めて思いました。もっと長回しとかでも出来そうだけど、相手のスキルもあるし難しいのかな?

柳楽優弥はやっぱり最高だなと思った。殺されてよかった。
佐藤
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

4.5

個人的には非常に楽しめました。というか感動で、忘れられない映画になりました。最高です

しかし、意見が分かれるだろうなと思います。
ストーリーは抽象的なイメージの連続って感じがしました。

映画って、
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.3

男がクズすぎて、話が単純化されてしまったように感じました。

ヘンリーベネット最高だな。けっこう嫌なヤツだけど、この映画で最も魅力的。もっと活躍してほしい。

blank13(2017年製作の映画)

3.4

なんか、ポスターアートの感じを期待してたら裏切られました。

斎藤工は、作家性やアートっぽさで気取るのではなく、笑いや人間を描こうとする人なんだと思った。そこは好感もてました。

散り椿(2018年製作の映画)

3.4

岡田准一はサムライだなと思った。
彼がサムライすぎて、他の人たちが俳優にみえてしまう。

なんで西島秀俊と戦うのか謎だった。絵的には最高のシーンだったけど。

木村監督が気合いを入れたシーンは確かに綺
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.4

大森立嗣監督作品として観ると、なんか毒っ気は足りない気がする。

樹木希林、晩年の作品として観ると非常に良い。
万引き家族と比べると本当にすごいなと思う。品の有り無しも演技で出せるのね。

お茶の話と
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.3

かなり期待していきましたが、まぁそれなりでした。

なんだか話がよく分からなかったのは、自分の理解力のなさかなと思いますが。

個人的にはキングコングの方が好きなので、ゴジラをボコボコにしてほしいと思
>>続きを読む

ANTIPORNO アンチポルノ(2016年製作の映画)

2.4

なんか絵作りが安っぽいのが園子温って感じがします。

園子温の映画を観ると役者さんって大変だなといつも思います。
ご苦労様です。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.8

大学生のときに見たら学校行かなくなったかもしれないなと思った。
こういう素直な生き方に憧れもありますが。ファンタジーだなと。

光石研、最高だったな。

教誨師(2018年製作の映画)

3.4

光石研はいつ見ても最高だなと思った。
大杉漣って亡くなった気がしないのは、映画の中を生きてるからだと思う。役者だなと改めて思った。

ロブスター(2015年製作の映画)

3.8

壮大なコントでした。
それでも、ちゃんと映画になってる感じがこの監督のセンスなんだろうと思います。

関係ないけど、松本人志にはこういう映画を撮って欲しかった。かなり難しいとはおもいますが‥

運び屋(2018年製作の映画)

4.5

思っていたよりも軽いノリで、テンポがよいところが素晴らしかったです。
町山さんの解説を聞いてから観ると、イーストウッドの私生活も透けて見えて、さらに楽しめます。

主人公の罪について、追求しすぎないイ
>>続きを読む

ゲーム・ナイト(2018年製作の映画)

3.3

馬鹿馬鹿しくて良い映画だった。
あっさり人が死んだりする不謹慎さがよかった。

出演者は意外と豪華。これが劇場公開されない国、日本。

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.2

10代だったら、グッときたかもしれない。
映画を観ながら、自分がおじさんになったことを改めて感じました。
最後のオザケンは最高でした!

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

2.8

あんまりしっくりきませんでした。話もなんか小説とかで読んだことあるような‥

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.7

良くも悪くも淡々としたドラマだったように思います。
映画館で見てよかった。家で見ていたら、かなり印象が違ったと思います。
月に降りてからの、素っ気なさとラストの閉じた感じはチャゼル感が全開でした。チャ
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

4.2

ダイアン・クルーガーのファンになりました。けっして善い人でない主人公像が良かったです。

ラストは衝撃的とかではなく、美しかった。
小鳥を見るカットが素晴らしすぎました。映画は言葉ではなく画だなと感じ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.2

映画館で見たかった!
iPadで見てしまった自分は完全に負け組だとおもった。

ストーリーはどうでも良いのかもしれないけど、なんだか微妙に感じるところが多かった。
世界中の人がやってたら、逆走する人は
>>続きを読む

アリーキャット(2016年製作の映画)

2.5

全体に漂うB級感がすごかった。
この2人の共演は違う映画で見たかったです。前田司郎や沖田修一の作品だったらなぁと思ってしまった

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.0

ゲイリーオールドマンは凄かったけど、外見はもはや別人だった。特殊メイクしなくても似てる人がやれば良いような気もしてしまった。

見た目を似せていくことを、演技としてどう評価するかは難しい。
個人的には
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

2.8

退屈はしなかったけれど、面白かったかと言われると困る作品でした。

石井監督作品に浅野、永瀬が出てるだけで泣きそうにはなりました。楽しそうに演じていて最高でした。

役者にとっては最高に楽しい現場だっ
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.4

リドリースコットは素晴らしいな。攻めてて素敵です。耳を切断する場面の異常な力の入り具合はいったい何故なんだろうか。最高です。

おもしろかったけど、どこで盛り上がるべきなのかがイマイチ分からなかった

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.5

映画ってこれくらい単純な方が面白いのかもしれないと思った。後半はちょっとクドい感じがした。

町山さんが吐き気がしたというシーンは確かに最悪だった。

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

2.8

期待してみたけど、よくわかんない。
これを高評価できるような映画通になりたいです

ただキアヌは最高でした。
変人感がレフンとかイーライロスの作品にしっくりきてます

ケンとカズ(2015年製作の映画)

4.1

良い映画だった。
出てくる人達の顔が良い。街のどこかで見たことあるような人達ばかりだった。
やっぱり役者は顔だなと改めて思った。

ケンの柳ユーレイを劇画にしたような顔が全てを物語ってたと私は思います

ブロンソン(2008年製作の映画)

3.3

感想が難しい…おもしろいような気がします。
良い映画なのかはよく分かりません。

あんな人には出会わない人生でありたいなと思いました。

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.4

ポールダノ最高のダメ人間だったな。いつもダメ人間でありがとう

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.4

これはヒットしますわ。
にわかQueenファンになりそうでした。
良い曲ばっかりだったな

来る(2018年製作の映画)

3.9

見終わった後の客席の静けさが最高でした。

伊集院も死んで欲しかった!

(2016年製作の映画)

2.7

話はほとんど同じなのだけれど、小説とはかなり印象は違う気がした。

岡本太郎作品の使い方については個人的にはかなり違和感がありました。
乳首を写さないことへの配慮は誰に向けたものなんだろうか。

復讐するは我にあり(1979年製作の映画)

4.5

傑作だなと思った。
緒形拳、三國蓮太郎、2人がしょうもなくて人間らしくて良い。

緒形拳は、ぬらりひょんの100倍怖かった。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.8

ラストの物語が少し飛躍する感じが良かったです。
手堅い作りにみえて、けっこう挑戦してる映画だなと思いました。

兄ちゃんには、あのまま死ぬまで働かずに生きててもらいたい

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.2

もっとグロくないとダメでしょう。そこがかなり残念でした。

アメコミ映画は嫌いじゃないけど、最後の戦いはいつも眠くなります。

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.5

ルーが気持ち悪いところが良い。
湯浅監督感は全開でした。


「歌うたいのバラッド」は良かったし感動的だったけど、なぜこの歌なのかはイマイチ分からなかった。

>|