たかさいさんの映画レビュー・感想・評価

たかさい

たかさい

レビューは簡潔。
実際に見て確認して!
MARVELシリーズが好き。
コマンドーを吹替で見ると爆笑してしまう。
基本的に洋画話題作を週一ペースで鑑賞。
映画は見る人に見る時によって印象が違う。
見てみないとわからないからおもしろい。
基本1人映画。

映画(271)
ドラマ(0)

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.1

すばらしい。こういう映画も作れる。

ハリウッドで製作費何万ドルとうたう映画はたくさんあるけど、そんなにかけなくても客を驚かせ、楽しませ、印象に残る作品が作れる。それを如実に示している。良い意味での裏
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.8

トム・クルーズってやっぱりすごいな…

大人気MIシリーズ最新作。なんやかんや、今までのシリーズは見てきたから見てみようということになり…オープニングのテーマ曲はいつの時代もぶるっとくる。ちょっとスト
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.8

思っていたよりも…

ドラマからの映画ってのはあまり良いイメージ無かったのだが…これはなかなか面白かった。若干の詰め込み感は否めないが、エピソードのひとつひとつに感動があった。ドラマは第一シーズンしか
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.7

きっと好みは分かれるだろう。しかし、子どもが自分のこと、家族のことを考えるきっかけになるような映画のように感じる。

ありがちな家族。妹が産まれ親をとられたくんちゃん。分かっていながらもくんちゃんを怒
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.7

ジュラシックワールドは新しいステージへ。

前回のテーマパーク崩壊から時は過ぎ、島は火山噴火という新たな危機に直面。恐竜たちを助けるために再び島を目指す主人公…ジュラシックシリーズにあるハラハラ感はや
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.7

なんかこういう映画構成…なぜか空飛ぶタイヤ思い出した。

率直な感想は詰め込みすぎ。ローグワンの時のようなドキドキワクワク感が薄かったかな…映画としては楽しめたけど、なんかこうしておけば、ファンの皆さ
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.8

万引き家族とは違うある家族の在り方。明日は良い日だ。昨日がどんなでも。

申し訳ないが、予想外、想定外の良作であったように思える。高度経済成長、万博に沸く時代を懸命に生きた在日韓国人の物語。緊張感のあ
>>続きを読む

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.7

とてもきれいで良い映画。視覚聴覚をフルに刺激してくれる。まあ、好みは分かれる。

原作を読んだとき。個人的にはとても難解な作品に感じた。ピアノの調律師という珍しい題材だったので印象には残っていた。今回
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.6

追記…WOWOWで連ドラはあったのね。

連続ドラマの方が良かったのでは…?

池井戸潤原作初の映画ということで見てきた。ストーリーは良くできている。大企業の闇。フィクションでありながら、現実にもこう
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

先行上映鑑賞。カンヌ受けが良かったのがよく分かる内容。

万引きを家業とする家族の物語…という予告の表現だったが、見てみるとそんな単純な構成ではなく、現代社会で話題となるような問題がたくさん盛り込まれ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.8

ウルヴァリンを殺したスタジオがおくる痛快エンターテイメント作品。

この映画…作り手相当楽しんでるな…デッドプールのキャラクターも去ることながら他の登場人物も濃いこと…そして、アクションシーン。Rな表
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.6

いろいろとねじまがった考えをお持ちの金持ちじいさんが出てくる。金持ちじいさんゲティさんが孫の身代金を出してくれないという話。

なんかな…事実にフィクションを加えて作られた作品ということで、なんか中途
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.6

海外の怪獣映画にしては良かった。

単純に、プロレスラー、ザ・ロックが好きだから見たわけで…ただ思っていたよりまとまっていた。コメディ要素に走りすぎてる訳でもなく…もういっそのことハリウッドゴジラユニ
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.4

なんか…いろいろともったいない。

キャスティングがしっくりこない。
映像に新鮮味がない。
演技は豊川悦司以外印象が薄い。

なんなんだろう。原作読んでないから、また違う印象なのかも…

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.8

これはヤクザ映画なのか。正義の警察映画なのか。

全く退屈しない映画。
エグさ、ゲスさ、いろいろ感じる。
役所広司が演じる刑事は何でもやる。松坂桃李が演じる刑事はそれに疑問を覚える。基本的に刑事の側か
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.7

アフガン戦争。新たな視点の映画。

9.11…当時子どもながらにとんでもないことが起きていると実感した。同時に映画の光景のような印象も受けた。あれから戦争はいろいろと形を変え、ビンラディンが死んでから
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.8

すごく面白かった。そして期待を裏切らない絶望感。次どうすんだよ、これ…という展開に次回への期待感。ここまですべてを見てきた人は必ず確認しなくてはいけないような作品になっている。キャプテンの登場シーンは>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.6

正直期待値高すぎた…

VR中心の世の中という世界観。とても現実味のある設定だと思う。映像体験という視点からはヴァレリアンやアバターとかと似た感覚もあった。普通の人たちが主役というのもあり。

ただ、
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.9

素晴らしいアニメ作品!久しぶりにアニメで良いと思った。

音楽は楽しく、キャラクターや設定もユニーク。ママココの表情がものすごくリアルだった。最後の方は自然と涙が流れた。

意外とあまり取り上げられな
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.8

Twitterでネタバレ出回ってるらしいので、お気をつけを。

新しいコナンという印象。時代に合わせて事件の内容は大きく変化してきた。というかここまできたかっていう感じ…

ストーリー自体は楽しめたし
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.8

久しぶりにただ楽しめる映画。

ちょこちょこコメディ要素もあり、くすくすしてました(笑)アクションシーンも実はしっかりしてたり…ロック様さすがでした。

本当にテレビゲームのような世界で…今後VRとか
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.0

言葉は武器。侵略の戦いに誘ったのが言葉なら、抵抗の戦いに導いたのも言葉だった。

昨年ダンケルクを見たので、政権側からの視点といった感じ。演説シーンがいくつかあるが、どれも聞き入る。特に最後の演説は迫
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.6

映像美は驚いた。そして、アバターを思い出す…

映像美はすごい。複雑な世界をここまでキレイに表現するとは…アバターの世界観を思い出した。ただまあ…見終わった後に果たしてこれで良かったのだろうか…という
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

久しぶりに引き付けられるものがあった。

報道の自由を守るためのワシントン・ポストの戦い。ワシントン・ポストの社長が女性というところがさらに印象を強くする。家族のために新聞社を守ってきた…新聞記者の家
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

今後に期待する意味も込めて…

アンジェリーナ・ジョリーのイメージを一発で崩すのは無理ね…でも、ストーリー的にはシリーズ化されるのでは?という今後に期待する部分も。

ストーリーは日本人にはやや衝撃か
>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.7

原作は読んでないが…

元同僚にジャズトランペッターがいて、その人の影響でジャズが少し好きになった。で、ジャズがテーマという事で鑑賞。

原作がしっかりしているという事で、なかなかストーリーが良かった
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.7

原作は原作。これはこれ。

原作を以前読んでいて、今回映画化という事で興味があり見てきました。

原作は小説という文字媒体だからできることがたくさん仕掛けられています。原作は苦手分野ではあったのですが
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.9

新しい愛のかたち。
意欲的な作品ではある。

元々興味あったけどアカデミー賞という事で、観に行ってみました。謎の水棲生物と言葉を話せない女性の不思議な愛の物語。

正直、これ書いた人の想像力すげえな…
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.8

アクションシーンは痛快。ただインフィニティウォー直前ということを考えると…

待望のマーベル新作。
王様、ヒーロー掛け持ち主人公のストーリー。王位継承、先王の秘密、ブラックパンサーとは…等々散りばめて
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.8

ノンフィクション作品の新たな形。

正直、このテロ事件については知識がなく…ジャックされた電車内での様子が描かれているものと思ってましたが…全く違う印象です。

幼なじみ3人の少年時代からエピソードを
>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

3.4

今年は惜しい映画が多い気がする…

映像きれいだし、ファンタジー感あふれる世界観は嫌いじゃない…

けど、謎解きっぽく進めておきながら、全然謎解きではない。空海をもっと描いて欲しかったし、夢枕獏の世界
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.8

確かに良かったのだが…

個人的にはあまり得意ではないミュージカル映画。昨年のララランドがとても良かったので、見てみました。

音楽はすばらしい!ミュージカル映画の醍醐味なんでしょうが…歌詞も結構いい
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.9

完成度が高いシリーズだと思います。

東野圭吾原作ということもあり、個々のキャラクターはとても個性的。一つ一つが別々に見えても、すべてが繋がったとき、悲しいストーリーが完成する。親子の形って色々あるな
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

海外の有名映画賞が絡む作品が日本で多く公開され始める季節になりました。

娘の死をなかなか捜査してくれないと感じていた母は田舎道にある看板に警察へのメッセージを記す。名指しされた署長は捜査へと動き出す
>>続きを読む

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

3.6

もったいない…

トランスジェンダーという難しい役をエル・ファニングが表現している点は女優として新しい感じがしたけど、ストーリーがなんだか…

なんでそうなるの?と…時間が解決してくれました的なざっく
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.6

なんとも不思議な世界観。

ミステリーなのかサスペンスなのかホラーなのか…予告編だけだとよく分からなかったけど、見てみたらどのジャンルでもありつつ、新しい世界観でもあった気がします。

精神世界と現実
>>続きを読む

>|