まさをさんの映画レビュー・感想・評価

まさを

まさを

映画(208)
ドラマ(0)

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

2.0

ベツニ自分じゃなくても良くね?自分の代わりなんか幾らでもいるんじゃね?って言う部分は、結構共感できた。

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.5

シンガポールがたくさん出てきたので、個人的には満足でした。機内で見た後に、そのまま登場した場所巡りができました。観光地を知る上でもオススメの一本です。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

難しくなりがちな死生観を、子供でもわかるように噛み砕いた作品。全体的に可愛くて、死を扱っていても全く悲壮感がない。これからを生きるために見る、命が終わった後の物語!

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

4.5

最後まで引き込まれっぱなしです。
広告のとおり衝撃の結末です。
多くを考えさせられました。

天気の子(2019年製作の映画)

3.0

映像美が素晴らしい。
ただ時期が良くなかった。
昨夏や今夏の西日本の惨状に鑑みたとき、なかなか高評価を付けるのは気がひけた。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.9

“The Post”と言うより、”The NY Times”の方が原題として相応しい感が否めない作品…笑

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

白人の用心棒と言っても、イタリア系移民ということから、いわゆる”WASP”ではありません。黒人への人種差別もそうですが、主人公が2人ともマイノリティという見方もできる映画でした。何より作り話ではないと>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

4.0

シンガポール好きにはたまらない映画!
裕福なだけでなく、アジア系移民が抱える社会問題にもユーモアを交えて触れている。

LBJ ケネディの意志を継いだ男(2016年製作の映画)

4.8

なぜ南部はLBJを境に共和党の牙城になったのか。どうしてテキサス出身のLBJが、北部エリートであったケネディの意志を引き継いだのか。アメリカ史を学ぶ上でぶつかる矛盾点に対し、当時を再現したかのようにリ>>続きを読む

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

4.0

ケネディの死後、LBJが大統領になり、司法長官を務めた義理の弟も暗殺され、激動の人生を歩んだジャッキーの生涯を振り返るのに良い作品でした。現在もなお、アーリントン墓地でケネディの横に眠っているのにも納>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.0

最後の最後までハラハラドキドキ…続編もナイルあたりであるかな?という終わり方で終始楽しめました。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.2

とにかくQueenの再現具合が素晴らしい!実話にそぐわない部分もあるようですが、かなり引き込まれます。

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

4.5

老いるのも辛いが、老いないのも辛い。小さな日常のなかに本当の幸せが隠れていると感じさせられました。

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

4.0

待望のマット・デイモンによるジェイソン・ボーンが返ってきました!感無量です!

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.5

ものすごくお下品なお話ですが、色々と笑えて良いお話です苦笑

40歳の童貞男(2005年製作の映画)

3.0

単純なストーリーだけど、コジらせた男の苦悩が面白おかしく演じられていて笑える作品でした。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.0

純粋にハワイの景色と雰囲気を楽しむための映画だと思いました。複雑に考えない方が楽しめます。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.3

久しぶりに良い映画を見た!と思えた一作だった。新作の中ではベスト。非常に丁寧な作りに思えた。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

1.5

もうこれ以上スターウォーズのサーガを壊さないで欲しい、、、というのが正直な感想でした。

>|