わらびさんの映画レビュー・感想・評価

わらび

わらび

映画好きな学生です

映画(42)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

アラジン(1992年製作の映画)

5.0

登場するキャラクターみんなが愛おしく思える映画!挿入歌のひとつひとつが魅力的で、アラビアンな曲調がとても映画の雰囲気とマッチしててよかった。
王様が「ジャスミンがついに夫を選んだ〜!」って喜んだ時のジ
>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

1.5

タイトルに惹かれて見てみたけど、自分はあんまり好きな感じではなかったです!^^;
いっときの感情で動きすぎ。。

色んなメディアとかレンタル屋でプッシュされてたから、期待値が大き過ぎたのかもしれない

オズランド 笑顔の魔法おしえます。(2018年製作の映画)

4.0

公開初日に見に行けてよかった!誰が見ても楽しめる感じの作品。
職場の「魔法使い」は遊園地に訪れるお客さんだけではなく、従業員までも笑顔にしてしまうような素敵な方。。主題歌も映画の雰囲気とマッチしてて、
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.9

1日1日をちゃんと大切に生きようと思えた。レイチェル・マクアダムスが可愛すぎて見てるこっちが恋に落ちかけた……(女だけど)。怒涛の展開というか、すごく濃密な2時間を過ごせた気がする。
ただ、最後のまと
>>続きを読む

耳をすませば(1995年製作の映画)

4.4

これから先、「ジブリで一番好きな作品は?」って聞かれたら迷わず「耳をすませば」って答える自信がある。それくらい楽しんで見れた……。気になってる子よりも先に図書カードに名前書きたい天沢くんがいじらしい。

タイタニック(1997年製作の映画)

3.0

3時間だけどあっという間。見てよかったな〜とは思うけど、2回目見るのはだいぶ覚悟がいるかもしれない…。音楽隊のシーンで泣いた。

ローマの休日(1953年製作の映画)

3.9

敢えて白黒映画にしたと聞いて衝撃。自分で勝手に色を想像しちゃうくらい、世界にのめり込める映画だった。堅い感じの映画なのかな〜とずっと思ってたけど、全くそんなことなくて、クスッと笑える所が沢山あった。>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.9

いろんなメディアで絶賛されてるから期待大だった。これは本当に名作……。これまでにないくらいあと味が良かったのでまた見たいし、人にもオススメしていきたい。

俺俺(2013年製作の映画)

2.0

どうしてヒトシが増殖したのか明確でなくてモヤっとした終わり方だったけど、亀梨くんと亀梨くんのやり取りは面白かった。
結局、自分の中には、自分が認められる自分とそうでない自分がいるよってことなのかな…?

ハイスクール・ミュージカル(2006年製作の映画)

4.7

メイキング映像で監督が、100人を超える演者ひとりひとりに動きの指導をして「必要ない役なんてない」みたいなことを言ってて、そっちで泣いてしまった。
ザック・エフロンの面影が凄い。

忘れないと誓ったぼくがいた(2015年製作の映画)

2.5

タイトルで気になって鑑賞。デイサービスのおじいちゃんのセリフと、アズサがタカシの部屋を訪れるシーンで泣いてしまった。

空気人形(2009年製作の映画)

1.0

板尾さんの演技がうますぎて、気持ち悪すぎて、なんかダメだった………。
空気人形だったのは彼女ではない。。

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

2.2

サマーちゃんがかわいい!好きになった理由で嫌いになるってよく聞く話だと思う。

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

1.6

ラストが鬼。しんどい。嘘を言ってはぐらかすよりも、真実を偽りなく伝えることの方が優しさなのかも。ブルーノは純粋過ぎた…………

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

3.4

なんとなく食わず嫌い(?)で見てなかったけど金ローで視聴。翁はかぐや姫を愛するが故に彼女の首を絞めてしまってて、見ていて苦しかった。帝の登場が楽しみすぎて、前半の記憶が無い。笑

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.5

2人が恋に落ちたタイミングはハッキリとはわからなかったけど、恋ってそういうものだよってメッセージなのだなと私は考えておく。オリバーに貰ったシャツすぐ来て会いに行くの超可愛い。。幸せになって。

復讐したい(2016年製作の映画)

2.5

レビューが酷かったから結構ハードルが下がってたのもあってか、普通に面白かった。突然安っぽいCGになる所は笑ってしまった。
吉原雅斗くんの逃げ惑う演技、好きです。

人狼ゲーム インフェルノ(2018年製作の映画)

4.6

公開日に鑑賞。ドラマ版からの人間関係が生きていて凄く奥行があって面白かった。ドラマ版では強気だった亜利沙が水谷くんの事となると泣きわめいて…でもそのおかげで紘美は強くなれちゃったんだよな…。
辻くんは
>>続きを読む

星降る夜のペット(2017年製作の映画)

-

パッケージが可愛くてレンタル。見せ場がないまま終わってしまった。「ドS女」と書くくらいならもう少しやってくれてもよかったんじゃないかなと思う。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.5

アン・ハサウェイが終始キレイで可愛い!素敵な女性になりたいな、と思える。4月に見たい映画。

アイスと雨音(2017年製作の映画)

1.5

「悩んでるんじゃなくて、悩んでるポーズをとってるだけ」というワードが妙に印象に残ってる。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

手話のシーンが印象的。「私は何?」「彼と何が違う?」「彼を助けなければ私達も人じゃない」そう訴えたイライザがラストのシーンで「私は違う」と半魚人に嘘をついたシーンで泣いてしまった。「2人が恋に落ちる」>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.2

ダニエルの性別がほんとに中盤まで分からなかった。思春期の友情・恋愛・親への反抗心・性への興味がしっかり描かれてた。
自分たちで車を作って見知らぬ土地へ行く冒険を通して2人は少し大人になれたのかな。それ
>>続きを読む

映画 ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ(2014年製作の映画)

1.4

現実逃避した少女を妄想の世界から救う話…重!!綺麗事だらけの女児アニメに思われがちだけど、小さい子じゃくてもこれは普通に楽しめる。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

1.0

怒った10秒後には悲してく泣いたり、思春期の女の子の感情の波って大きいよな〜と少し共感。

それでもボクはやってない(2007年製作の映画)

3.0

真実を語ることができるのは現場にいた人だけなのに、最終的に判断をするのはその場にいなかった裁判官。日本の裁判制度はよく考えると(いやよく考えなくても)すごく変わってるんだな〜と思った。
被害者が言って
>>続きを読む

半落ち(2003年製作の映画)

1.5

「魂がなければ命ではない」「それを裁くのは誰でもない」植物状態でも生かしておくのが正解なのか、壊れる前に死なせてあげるのが正解なのか考えさせられた。

人狼ゲーム ビーストサイド(2014年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

柳川くん殺す時のユカの「何でも凶器になるか。」が怖すぎた。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.6

リミスリのアキは美しい思い出のせいで生きて行けなくなってたけど、ヨシカは逆に、イチとの思い出が原動力になってるんだな〜と感じた。
共感できる部分も多くてなんか心が痛くなったけど、もう一度見たい!

>|