映画のスキマさんの映画レビュー・感想・評価

映画のスキマ

映画のスキマ

映画(22)
ドラマ(1)
  • List view
  • Grid view

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

可笑しみ、悲しみ、そして救い。
編集も最高。オープニングとエンディングの音楽も最高!

太陽の家(2019年製作の映画)

1.5

ファンのための映画。それだけ。
映画としては駄作である。

影裏(2020年製作の映画)

2.5

これを(ヒューマン)ミステリーと謳うかな…
宣伝プロデューサーはもう少し考えようよ。
消えた理由があれだもの。
そして中村クンの出落ち感…

スタートアップ・ガールズ(2019年製作の映画)

1.5

前売り券いただいたので。
どうしてこれを作ったのかよくわからない。
公式WEB見ると公開23館。ほとんどTOHOシネマズ。週末からグッと減るだろうな…もしくは上映回数減るとか上映時間が朝早かったり夜遅
>>続きを読む

火口のふたり(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

公開前宣伝時は官能的シーンの推し出しが強かったですが、男女二人の物語として大人がしっかり観るべきかな。
個人的にここはちょっと…と感じたこと2つ。
ヴォーカル曲、3曲も必要ですかね?削ぎ落しても良かっ
>>続きを読む

美人が婚活してみたら(2018年製作の映画)

3.5

大九節!
外見からはわかりにくいけど実は孤独感にさいなまれる女性を描かせたら天才だと思う。

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

2.5

日本人スタッフと日本人キャストで作った"台湾映画"。
なので齋藤飛鳥のキャスティングは正解です。ただその弊害として乃木坂メンバーの映画と捉えられたきらいあり。
とにかく清く正しい青春映画です。

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.5

search/サーチもそうですが、映画の可能性を存分に感じさせる作品。
退屈さゼロ!ハリウッドリメイクでは、余計な要素が足されないことを切に願います。

チワワちゃん(2018年製作の映画)

2.0

岡崎作品の映像化はリバーズエッジで終えるべきだったのかな。リバーズを超えてないよ。
設定を現代に置換してるけど、あの享楽的で爛れた青春に現在の同世代の子たちがどれだけ共感するのだろうかと考えてしまった
>>続きを読む