kazukiYASKAWAさんの映画レビュー・感想・評価

kazukiYASKAWA

kazukiYASKAWA

映画(582)
ドラマ(18)

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.6

ココロフルエル。
いいね。久しぶりに恋愛モノを観て、構造もシンプルだけど感動した。
温かい。

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)

3.9

想像していた話と少し違ったけど、
子供が頑張る姿って心打たれるんだよなぁ。

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.9

人生をこんな考え方が出来るんだね
倫理的にやばいけど、こんな番組あったら視聴率凄そう。

エリア51(2015年製作の映画)

3.3

エリア51は中学生のころから興味があったから、自分も一緒に乗り込むような、主観での演出はとてもいい。興奮した。
ただ解釈を委ねすぎ。
元々未知の世界だから、そんなに委ねられても想像出来ないよ。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

4.5

ほんとに素晴らしい。
こうやって今光州事件を知ってるのは、描かれてるヒーロー達がいたから。
ピーターの願い、もう一度タクシー運転手に会いたいが叶えばいいな。

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.9

「若草物語」を少しでも予習してから行った方がいい。
南北戦争下で女性が自分で生きていくだけ稼ぐのは、身体を売るか、役者になるかしかないような、お金を持った夫を見つけなければならないような時代。
そんな
>>続きを読む

インターンシップ(2013年製作の映画)

3.6

Googleの環境が前面に出てた。強烈な個性が尊重される会社。
やっぱりセールスの力って色んなところで活きると思う。この若いうちにとことん学びたい。

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.8

利他主義への促しが、逆効果に。
人種差別や貧富格差など社会問題に触れていて、彼等を助けるための企画でもあったはずが、、、。
この作品一回で理解するのはなかなか難しい。ただ、パルムドール取ってるのも納得
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.3

やるせなさがすごい。
性、親、正義、障害、etc色々考えさせられる。
「裁判で正義は勝たない」
どの映画見ても感じるけど、何度見ても納得いかない。

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

4.1

こんなオリジナル作品を作ってしまう、Netflix強いな。
ただの恋愛映画じゃない、どんでん返し。
面白いし、心温まる。

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.3

素晴らしい。連休最後に良い作品に出会った。
これからまた仕事頑張れそうだ。

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー(2014年製作の映画)

3.5

自分の好きなことに挑戦して、
それが色んな人から愛されるって素晴らしいじゃない。挑戦に年齢は関係ないね。
「値切るのもマナー」
この考え方に説得力があった。

ノーマ、世界を変える料理(2015年製作の映画)

3.7

「たくさんの失敗に向き合ってきた」
参考になる考え方が多くあった。
「レシピは参考にしない。今まさにレシピを作ってるんだ。」
1位取ったのにベンチャー気質。いいね。
「ウマミボム」

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

4.2

最高だ。
アクション好きにはたまらないと思う。
オリジナル作品のお金の掛け方が凄い。
途中の長回しも見所。

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

4.1

1ヶ月前に観ていたらおそらく全くついていけなかった。
債権やリーマンショックの知識が有れば、非常に面白いし、勉強になる。
コンサルタントの意義はこのような気付かれない課題を解決していくことだと思うが、
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.1

素晴らしいよ。
色んな要素が詰まってる。
こんな時だからこそ、こういう温かい作品を観たいよ。

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

4.0

今見ると当時これを考えついた人達の凄さが伝わる、ジュラシックパーク行きたい。

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

4.5

タランティーノ節大好きだ。
新しい白馬の王子様。彼の細かいこだわりと、スカッとする脚本、素晴らしい。
「グリーンブック 」は少なからず、この作品から影響されてるんじゃないかな。
溢れ出るセンスと時代風
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.3

素晴らしい。「All is well」
これを観るとなんでも上手くいく気がする。物事の本質をこの作品に教えられた気がする。

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.2

こんな作品、今観ないでいつ観るの?
当時から中国に対しての印象って今と変わらないのかな。
状況がいきなり悪化し過ぎたと感じたけど、今こういう状況だからこそ、怖くなる。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.9

遅ばせながら鑑賞。
千葉、埼玉辺りの地名がかなり出てきて、土地勘ない人だと面白さが少し落ちそう。
千葉育ちの私は非常に楽しめました。

ゲーム・ナイト(2018年製作の映画)

3.5

本作みたいな仲間が大人になっていたら、人生最高に楽しそうだな

お!バカんす家族(2015年製作の映画)

4.0

最高に面白い。
ハングオーバーと同じくらい好きになったコメディ。

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

3.7

オスカー女優の演技は圧巻。
「オズの魔法使い」を観たことがないが、彼女の生きた世界の過酷さ、孤独さをしみじみ感じた。

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.8

予想外の展開で爽快!面白い!
あんまり女性か中心のアクションって観たことなかったので新鮮。
スーサイドスクワットもう一度観よう。

音楽(2019年製作の映画)

3.3

評価が非常に高く、ハマる人にはハマるのかな。
自分は1時間ちょっと洗脳されているような感覚に陥ってしまい、シュールな画をひたすらに眺めて終わった。

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.7

セス監督が繰り出す、コメディは大好きだ。モンスター上司の時もそう。程よい下ネタとムキムキを活かしたアクション、素晴らしい。

>|