mrjさんの映画レビュー・感想・評価

mrj

mrj

ティム・バートン監督と、クリストファー・ノーラン監督の作品が好き。
キャストと脚本に偏って着目する傾向あり。
昭和最後の生まれ。身の回りに映画好きがすこぶる少ないのが悩み。

映画(553)
ドラマ(0)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.5

2019年1本目。
前評判が高過ぎかなという印象。
構成としてはもうひと息。
ただ、再現度は高かったと思う。
俳優陣の頑張りが光っていた。

グリンチ(2018年製作の映画)

2.8

薄くて浅い描かれ方が残念な作品。
どの層をターゲットにしたかったのかわからないくらいに、中途半端な仕上がり。

ミニオンズ以降、イルミネーションは、キャラに頼り過ぎて 中身のない作品ばかりを産み出すよ
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.8

ジャパンプレミアにて鑑賞。
頭からラストまで、引き込まれずにはいられなかった。
曲良し!演技良し!構成良し!
泣いた!
ぐうの音も出ない。
コレは、絶対に音響設備が整った大きなシアターで観るべき作品。
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.6

ディズニー好きが食い付くポイントを しっかりと取り入れて来た辺りがGood point。
ネタバレをしたくないので内容は割愛。

わかりやすくてシンプルなストーリー展開。
豪華過ぎるキャスト。
音楽と
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.7

ジョニー・デップ劇場。
ファンには堪らない!

ただ、物語が複雑化して付いていくのが 少ししんどい。
ハリポタシリーズをしっかり復習してから観る必要あり。

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.4

トム・ハーディだからこそ成り立った作品。
(彼でなければ、脚本のチープさが際立っていたはず...)
彼を使うなら もっとドラマを描いて欲しかったかな〜という残念さは否めない。
サム・ライミのスパイダー
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.1

ホラーとして観るのはもちろん、ドラマとしても完成された作品。
子どもたちの絆が涙を誘う。
粒ぞろいの子役たちの、演技力の高さに脱帽。
今後が楽しみだ。

The Spy Who Dumped Me(原題)(2018年製作の映画)

3.6

思わぬところから 非現実的な世界に引き込まれていく主人公。
多少、REDに似た何かを感じる展開もありつつも、女性ふたりが覚醒していく様がスカッとする一本。

やっぱり、ミラ・クニス大好き。

トロールズ(2016年製作の映画)

3.3

ベタ。
わかりやすい。
でも、温かみのある良い作品。
お子様にどうぞ。

フェルディナンド(原題)(2017年製作の映画)

4.0

とーっても良い作品。
笑顔、そして 目頭に来る熱いものをくれる映画。
自分らしくあれ。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.6

流石はユアン!
原作の作風を壊さない、自然な仕上がりに感動した。
オープニングの作り込みが 特にグッときた!

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

総合的には良い。
ただ、サラッとしている。
全体のストーリーは 前半で読めてしまう素直さが 逆に良いのかも...

愛に埋もれた者と
愛を知らない者とが交わる
そして 新たな愛が産まれる

子犬を挙げ
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

3.1

総指揮ジョン・ラセター?
んー...
名前だけ使ったでしょ。
関与してたらこんな仕上がりにならないよ。

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.8

日本最速試写会にて、2D字幕で鑑賞。

良い点がたくさんだっただけに、悪い点は非常に残念。

公開前なので詳細は控えますが、最後の最後に、ネズミー商法があからさまだなーという感覚に襲われて哀しくなりま
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.7

演技派たちが織り成す、少し変わった家族の愛の物語。
大きく深い愛と信頼に、じんわり心が温まる。

コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団(2016年製作の映画)

3.3

やりたい放題過ぎて、逆に清々しい1本。
中身はふざけ放題だけど、ハイレベルなアクトの連続。
キャスティングがズルい。

リリーの10年後が楽しみで仕方ない♪♪
(*´艸`)

ムーンライト(2016年製作の映画)

2.7

良く作り込まれていたと思う。
ただ、難しい...。

コレがアカデミー賞かぁ...
メッセージを読み取るのがとても難儀。
演技は良かった。

理解するには、解説が必要な作品。

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

4.1

大粒ぞろいのキャストに脱帽。
裏切らないな〜やっぱりこの人たちは。
コメディなのに深みを感じさせてくれるのは、本当にすごい!

DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団(2017年製作の映画)

3.4

愛する鷹の爪とDCがコラボ。
フロッグマンマジックに、DCがやりたい放題されていました 笑

ブルースのクソ振りはウケたww

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

4.8

涙なしでは観られない。
目が痛い、鼻水が止まらない...

とーっても素晴らしい脚本を、全員が主演クラスの俳優陣が演じた、贅沢過ぎる一作。

間違いなく、お勧めできる。
言うまでもない演技力の高さ、楽
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

1.6

エンターテイメントとしての映像。
映画ではなく映像。
そう、ミュージックビデオ。
高価なキャストを集める前に、脚本を磨いて欲しい。
オープニングで全て出し切った感が否めない...

コレが映画??
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

2.8

スピルバーグがあぐらをかいた作品。
金と話題性にモノを言わせた感が否めない、中身の薄い作品。
お子様向けです。
(この薄さで2h超は長いけれど...)

ただ、色々な作品のオマージュシーンは良かった。

ニュー・シネマ・パラダイス/3時間完全オリジナル版(1989年製作の映画)

3.7

中弛み感が否めない場面が多数あった為、3hは流石に長かった。

ただ、やはり不朽の名作と言われるだけの作品。
少ない楽曲とカメラワークで、巧みに心情が表現されていた。

起承転結のない作品が多いイタリ
>>続きを読む

くもりときどきミートボール(2009年製作の映画)

4.0

年齢に関係なく、楽しく観られる作品。
所々ハートフルなシーンもあるし、ストーリーがしっかりしている。

3作目から急激に中身が薄くなった怪盗グルーも、今作を見習って欲しいと思ったσ^_^;




>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

2.5

うん。
まあ、予想通り。

これだけベタベタなやり口に沸いている日本って...

締めを「君の名は?」にする必要あった??
what's your name? で終わる作品どうよ?笑

せめて、「おま
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.5

主演クラスの豪華過ぎるキャストたちが織り成す、笑いあり感動ありのアクションコメディー。

今回も沢山の人が亡くなった。
思い入れのあるキャラクターも含み...

それはスパイモノなので置いておいて、か
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

2.5

スターウォーズとしてではなく、イチ作品として観れば面白かった。
ハラハラドキドキの派手なSFってところでしょうか。

中盤まではフワフワ。
終盤で少し盛り返したという感じ。

前作のような駄作と比較す
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

4.3

今年イチバン楽しみにしていた作品。
期待を裏切らない演技合戦。

最初から最後まで目が離せませんでした!

>|