rubensさんの映画レビュー・感想・評価

rubens

rubens

映画(613)
ドラマ(0)

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.9

じんわり。
話が進むにつれて、こちらも応援に熱が入った。

矢野くん!

カリガリ博士(1920年製作の映画)

3.5

全編オーケストラ。
びっくりするところもあった。
100年で大進化している。

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

3.9

途中眠かったけど…
たくさんの人の手で作り上げられていると分かった。あんなに加工されているのに、違和感なく感じられた。職人、かっこいい。

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.9

植物学や知識、プロフェッショナルは偉大。
主人公の人柄が良かった。
映画館で観ればよかった。

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.0

面白かった、元気をもらった。
みんなすてきな大人になりそう。

知らないから怖い、学び続けること。

スノーマン 雪闇の殺人鬼(2017年製作の映画)

3.0

テンポが悪いのか?
話が広がりすぎなのか?
面白くない…
レベッカ・ファーガソンが救い。

監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影(2020年製作の映画)

3.8

生きている間に改善されるといいな。
使い方を考えないと。

自分で選ぶ、それも戦いだ。
情報を偏食しない。

きっと、またあえる(2019年製作の映画)

3.8

じんわり。
息子の目を通して、主人公たちの過去の姿が見えるシーンが良かった。

踊ってくれると、とっても嬉しくなる。

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.9

映像がすごい。
面白い!けど、理解不足なところがたくさん。もう一回体験したい。

ニールかっこいい。

真実(2019年製作の映画)

3.9

じんわり良かった…。
カトリーヌ・ドヌーヴの存在感。

幸福路のチー(2017年製作の映画)

4.0

表現が面白かった、好き。
両親にはもう少ししっかりしてほしい。
台湾に行きたい。

ノイズ(1999年製作の映画)

3.3

シャーリーズ・セロンがきれい。
寄生の描写、もっとさりげなくやってほしかった。

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

3.8

9月4日に観て良かった。お話しそのものよりも、提供されるサービスやレファレンスの内容に興味がわいた。誰でも入れるって大切なこと。

感情移入できる人物はいなかった。

>|