TanzWalzerさんの映画レビュー・感想・評価

TanzWalzer

TanzWalzer

映画(178)
ドラマ(8)
アニメ(0)

マッチング(2024年製作の映画)

3.0

絶叫土屋太鳳、意味不明さっくん、ガンギマリ金子ノブアキの痛快ドタバタコメディ。
ツッコミどころは多々あったけど見やすくまとまっていたかんじでした。

夜明けのすべて(2024年製作の映画)

4.0

声や音が優しい映画。こだわって作られたんだろうなと思う音楽が良かった。淡々と進んで、格言じみた台詞とかは無くて、ドラマチックな展開も無くて、それがすごく心地良い。

私自身も、癇癪や過呼吸やPMSから
>>続きを読む

ゴールデンカムイ(2024年製作の映画)

3.2

・原作既読。キャラクターの再現度がみんなかなり高い!ビジュアルを見るだけでもかなり満足感がある

・ちょっと長い

・直接的なグロ表現は(時々ありつつも)だいぶ避けられていたと思うので見れた

・舘ひ
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

3.5

不快な音が頭にこびりついている感じがする、すごく疲れてぽかーんとしている
それでもただただ映画館で観て良かったという思いに辿り着く、不思議なカタルシス
内容は全然咀嚼できてない。全てが常識の(良識の)
>>続きを読む

MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない(2022年製作の映画)

3.2

めまぐるしいスピードのタイムループに結構振り落とされながらも楽しく観れた。
よく出てくるリリスクの音楽が良い相乗効果。

笑いのカイブツ(2023年製作の映画)

3.6

2024年1本目。笑いに取り憑かれた男の話。笑いのために全てを投げ打っているのにずっとヒリヒリしていてトゲトゲしていて全然笑えねー!

なんでこの人はこんな風にしか生きれないの、ともどかしい気持ちと、
>>続きを読む

コーポ・ア・コーポ(2023年製作の映画)

3.7

何か起こりそうで特段何も起こらない、でもずっと見ていられる気がする、愛おしい住民たちの何気ない生活。
付かず離れず、来るもの拒まず、去るもの追わず、でもいなくなってしまったら少し寂しい。ちょうどいい距
>>続きを読む

正欲(2023年製作の映画)

3.7

原作既読。原作を読んでいないと受け取りづらい部分もあったかも、と思いながらも、なるべくメッセージを削がないように意識して取捨選択されたのが分かる作り。

「自然な流れ」に乗って、孤独を感じずに済む生き
>>続きを読む

キリエのうた(2023年製作の映画)

3.4

3時間の岩井俊二作品は寝てしまうかも、、と思いながらも、惹き込まれるストーリーだったので、どう繋がっていくんだろうと気にしながら、集中して観れました。いや長いけどね!そろそろ終わりか?と思ってから1時>>続きを読む

(2023年製作の映画)

3.8

「意思疎通のできない障害者は安楽死させるべき」その意見の是非を唱えられるのは障害者自身、そして近くで接している人たち、つまり当事者だけだと感じる。
この映画としての意見も明示はされていなかったように感
>>続きを読む

PLAN 75(2022年製作の映画)

3.0

社会への問題提起的な作品は好きだし、テーマは興味深いけど、とにかく暗くてストーリーとしては微妙、、
今の自分は、PLAN75があったら使いたい。実際必要な人はたくさんいると思うし、こういう制度の導入を
>>続きを読む

グッド・ストライプス(2015年製作の映画)

3.4

噛み合わなくてイラッとして、でもいるのが当たり前の存在。距離感は平行線。交わることがなくても離れることもないのです。理想的かもしれないね。
菊池亜希子さんの白無垢姿美しェ〜〜

福田村事件(2023年製作の映画)

4.3

強い憤りと歯痒さで息が詰まって、それでも目が離せなかった。こういう作品はきっと、逃げ出したくなる作品ほど観るべき作品なんだと思う。
知らないものを恐れて、異なるものを排除する、そんな国民性は100年経
>>続きを読む

ミステリと言う勿れ(2023年製作の映画)

3.5

テンポが良い分情報量が多くて整理できなくなってしまった、原作を読んだ時もそうだったのだけどどこがどう繋がるんだっけ?と言う感じ。
雰囲気はとても好き
キャスティングがよい、、
解決後は少し冗長かと

キングダム 運命の炎(2023年製作の映画)

3.8

豪華な演出と盤石の俳優陣とですごく見応えがあった!テンポはかなりゆっくり、丁寧に原作をなぞっているけど、映画としてどこまでいくんだろう?
紫夏編はやっぱり良いですね、、でも内容を越えて杏さん、杉本哲太
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.2

次から次へ何かが起こりその間歌い、、流れが早くて初鑑賞ではついていけなかった泣
1からもう一度ちゃんと見たいな、キャラクターのビジュアルはそれぞれとてもすき

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

先日ディズニーシーに行った余韻で初鑑賞、ストーリーもほぼ知らずに観たけどすごく良かった、、最後は泣。違いはあれどメキシコの文化も日本と通ずるものがあって、イメージしやすかった。
死後の世界や生まれ変わ
>>続きを読む

君たちはどう生きるか(2023年製作の映画)

3.5

前評判からして分かる気はしないな〜と思っていたけど難解!でも劇場で観れてよかった。
いわゆるジブリっぽい世界観の詰め合わせ、散りばめられてる示唆的な記号に意味を付与するのは鑑賞者側なんですかね。。宮崎
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.5

ながら見だったのでところどころ抜け落ちてるけど、面白い題材
fukaseがハマり役。あどけない顔と声がサイコパス役に合う!

ファインディング・ニモ(2003年製作の映画)

3.8

すごく久しぶりに見たけど、やっぱり良い映画だな。みんな可愛くて、みんな与えられた状態、状況を卑下せず、ひたむきに生きてる。
クラッシュが出てくるシーンは安心するなあ。

リバー、流れないでよ(2023年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

・終始あたたかく微笑んで観れた、ゆるコメディループ。しつこいという前評判を見ていたので少し不安もあったけど、ターンごとに違った展開や進捗があって楽しく観れました。

・絶妙なキャラクター配置、人数が良
>>続きを読む

リトル・マーメイド(2023年製作の映画)

3.8

歌がとにかく凄かった!迫力!
Part of your world!!(ザパーン)のところ感動、Dolby Atmosで観れて良かった。
ちょっと長い

きさらぎ駅(2022年製作の映画)

2.0

おもしろ映画。友達と深夜にだらだらと流すのに最適。ビックリコメディRTA

忌怪島/きかいじま(2023年製作の映画)

2.5

ホラー映画を初めて劇場で鑑賞。視覚的ビックリが散りばめられてて終始ビクビク。けど物語的に仕組みが全く分からなくて、後を引く怖さでは無かったので良かったです。

aftersun/アフターサン(2022年製作の映画)

3.3

説明無し、20年前の夏のバカンスの追憶。映画中は淡々と様子をなぞっていたけど、今振り返るとカラムとソフィ双方向の慈しみと、カラムの寂しさが浮き彫りに感じる。

大人ソフィ描写がもっとしっかりあるかと思
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.3

ながら見鑑賞。ゆるくて可愛くて心地いい。成田凌の絶妙にもどかしくてイライラと愛しさの半分みたいな演技!清原かやちゃん可愛すぎる!君もだいぶぶっとんでるね。
普通じゃないことが普通。先生みたいな人近くに
>>続きを読む

怪物(2023年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ずっと楽しみにしていた映画、前情報何も入れず鑑賞。
視点移動で徐々に重なっていく出来事の描き方が秀逸、作り手の思惑通りに揺さぶられていました。役者さんの演技力すごい。良い意味で、2時間がとても長く感じ
>>続きを読む

死刑にいたる病(2022年製作の映画)

3.2

榛村の目、光がなくて焦点が合ってなくて怖い。お約束のようなサイコパスが描かれてた。若い頃の榛村がさすがに永野すぎる。
伏線回収もあったけど、ところどころ謎というか繋がりきってない部分も多い。でももう一
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

4.0

時にとんでもなく残酷で、心が締め付けられるような台詞やシーンがあった。どうやったって人は人をどこかにカテゴライズしたくて、優劣をつけて、自分の下と判断しては安心して、何の意味もないことは分かっているの>>続きを読む

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(2023年製作の映画)

3.7

ずっとアトラクションに乗っているようなハチャメチャワクワク感がとても楽しかった〜。映像も滑らかですごい。
キノピオって歯あるんだな。

劇場版TOKYO MER 走る緊急救命室(2023年製作の映画)

3.6

ドラマ未視聴だったけどしっかり引き込まれる盤石の作りでした。鈴木亮平さんは超人という前提で観た方がいい。
嫌な言い方をすればお涙頂戴的な演出も多かったけどしっかり泣いた。やっぱり誰かの勇気ある行動には
>>続きを読む

ヴィレッジ(2023年製作の映画)

3.5

・出演者が全体的に凄い、、。「村」という場の雰囲気を壊さない人ばかり。(強いていえば横浜流星さんの顔がかっこよすぎることが時々ノイズになる)

・優、横浜流星さんは時折とんでもねえ目をする役者なんだと
>>続きを読む

ロストケア(2023年製作の映画)

4.0

観終えてしばらく経っても余韻が重くのしかかっている。ぐるぐると考えてしまって、答えが出ない映画だった。
どちらが正しいかなんて一概に言える問題ではないけど、斯波の正しさに救われる人の方が多いんじゃ無い
>>続きを読む