いずみさんの映画レビュー・感想・評価

いずみ

いずみ

大学生。超雑食。自分の思考をうまく言葉にできないくせに文章書くのは好き
nkhe081252.hatenablog.jp

映画(911)
ドラマ(0)

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.9

傑作。シャマランっぽいし、冒頭の不穏さとあの感じはゾディアックっぽい。

コンクリート(2004年製作の映画)

1.9

仰天ニュースの再現VTRみたいな感じ。胸糞悪い。狂ってる。

雁の寺(1962年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

やばすぎ。日本家屋内の撮り方がうますぎるやばすぎる。どうしたらこんなの撮れるんだ?奥ゆかしくもひしひしとしたジャパニーズホラーが漂う京都に変貌。変態和尚と魅惑の愛人若尾文子様扮する里子と、慈善の復讐。>>続きを読む

赤い天使(1966年製作の映画)

4.2

これはやばい。なんだこの破壊力…。
若尾文子と芦田伸介のタッグが最高すぎる。戦争と性。娼婦か看護師か。
その狭間で生きる看護師、西さくらの記録といってもいい。増村は若尾文子をシーツやカーテン、蚊帳、と
>>続きを読む

甘い夜の果て(1961年製作の映画)

3.7

狂った果実のヨットでのシーンとめちゃめちゃ似ている。湖でbarのママを連れて、モーターボート?に乗って湖の霧とともにやりあうロングショットの素晴らしさ。まわるまわる観覧車…あれ落ちそう。
金を稼ぐこと
>>続きを読む

赤い航路(1992年製作の映画)

3.7

ワンスアポンアタイムインアメリカが好きなんだろうなぁと思うしそんなポランスキーが好きになった思入れのある映画。

害虫(2002年製作の映画)

3.7

面白い。宮崎あおいに演技をさせないで宮崎あおい自身を撮っている。
ガソリンをいれた瓶を家に投げ入れて後退りする宮崎あおいの顔をフォローするんだけども、フォローのフォロー。なんといえばいいかわからないけ
>>続きを読む

青空娘(1957年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

若尾文子様がとにかく可愛すぎる…
田舎で祖母に育てられていた若尾文子扮するゆうこが祖母の死によって東京にいる実の父に引き取られる…が父には家族がおり、その家の女中として居座ることになってしまう。そんな
>>続きを読む

殺人(1957年製作の映画)

3.4

寝ている男の胸にナイフを刺して殺す。影。

ワルプルギスの夜(1934年製作の映画)

3.4

CHCに純粋に即したある種の記録映画…。
1930年代のスウェーデンが出生率、結婚率共に13%前後だったことを背景に忠実に。冒頭で号外を乳母車で運んでいる女たちがなんかおかしくて笑ってしまうけど完全に
>>続きを読む

>|