朝倉山葵さんの映画レビュー・感想・評価

朝倉山葵

朝倉山葵

お味噌。エルよりも断然ダコタ派。
ウェス・アンダーソンがベスト。
映画会したいな。

ロダン カミーユと永遠のアトリエ(2017年製作の映画)

2.4

退屈。とりあえず伝記でもない。焦点が定まってないというか、ロダンが成功する過程で感情や色恋の揺らぎが大きかったのはわかるが、肝心の作品制作に関する部分をそれらの無駄と思えるようなシーンで薄めて観させら>>続きを読む

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.7

たまたまかな。ミス・スローンに続きジェシカさんぐいぐいでした。すごく良い話。シンドラー、杉原千畝の流れです。どうでもいいですけどちょっとだけ乳首見せてきたの何...(むしろ私の観点に難か...)

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.4

すごく優しい作品でした。が。やはりこの監督だからでしょうか。脚本のわりにどこか進行に難があるというか。完全にスッキリさせてくれない感はあったかなとおもいます。次の瑛太と生田くんのやつはしっかりしてくれ>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.6

よかった。この毎年季節はスター・ウォーズが恒例になってきました。隣に座っていた女性は前作を忘れて来ていたようで初めの5分であれ誰だっけと仰っていました笑。少し思い出してから見るのが良いようです。内容は>>続きを読む

一週間フレンズ。(2017年製作の映画)

3.4

最後らへんわかってても引っ張られました。奏も良かったな。ヤマケンさんこんなオチャメさんもできはるんですね。作品全体だと多少ぼやけたところはあったかもですが、色々発見はありましたね。よかったです。

笑う招き猫(2017年製作の映画)

3.5

少しずつ飯塚監督が好きになってくる。角田さんが出てるのもグッとくる。若いキャストの多い作品だが全員の熱量が伝わってきてどこか温かみのある作品だと感じた。とくに漫才のシーンはいっぱい練習したんだろうなと>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

2.6

映画の限界を感じさせてもらったような残念な感じがあったのはたしか。原作では...とはよく言ったものですが、実際作中でハショリ過ぎな部分が多すぎでした。技もナルトで言うところの土遁土流壁と火遁業火球の術>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.2

何度も見たくなる作品。数学に囚われた3世代の家族にまつわる真実の愛のおはなし。天才であるがゆえに定められてしまう生き方を歩むことが正しいのか揺れるなかで家族がそれぞれの決断をし悩み葛藤する姿に観る側は>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.3

久しぶりにアガサ作品を観ました。ドラマ版も楽しいですが、映画だとキャストが豪華でなお良いです。ポワロの人生における正義感を大きく揺らしたキーポイントとなるパートであると同時に、世界で1番有名と言っても>>続きを読む

PARKS パークス(2016年製作の映画)

3.4

また一本橋本愛映画を観てしまった。この人はどんどん綺麗になっているみたいですね。一方で作品はというと、どんどん商業的でなくなっているような...。本作品は井の頭公園100周年記念作品ということでそこで>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.6

一言で言うと「軽め」の作品だったのかなと思います。近年のアメコミ系作品の流れからか、はたまた監督の入れ替りが原因かはわかりかねますが、詰め込み気味のオムニバス化によって後半での伏線回収は必至であり重要>>続きを読む

大統領の料理人(2012年製作の映画)

3.5

すごく普通の映画。ひねりのないところが逆にすごく自然に心に受け入れられる要素になっていてとても良かった。先中で出てくる料理はいわゆるフランスらしいフォアグラやトリュフといった珍味を多く用いたものが多か>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

4.1

久々にこのシリーズを観ました。プレミアで見たのでけっこう前でしたが、キャストの多くを目の前で見てから本番を見ることができて純粋に嬉しかったです。内容はいつもより落ち着き目で淡々と話が進んでいきました。>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.4

面白いっ。そもそもの日本設定に若干の違和感を覚えつつも劇場入りすると、序盤から聞き馴染みのある声ばかり。無駄に有名キャストの声でお送りしてたのですね。内容は特に折り紙をふんだんに用いたバトルシーンや灯>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

3.7

良かったですね。原作の力強しという印象は否めませんが。後半での漫才には又吉さんが伝えたかった芸人ならではの思いがギッシリ詰まってたいたように感じそれをまた菅田将暉の力のある演技の中で完璧に表現していた>>続きを読む

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

4.0

すごく良かった。田舎者だからでしょうか。小森での生活にどこかかつての自分を重ねて郷愁に駆られます。激しく。(もっとも地元は雪の激しく積もるような所でもなく、この作中ほど自給自足する場所ではありませんが>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.8

優しい映画ですね。隣で観てた方は退屈そうでしたが。戦時中のイギリスでの女性脚本家という特殊な主人公を描く物語は私のような映画好きにはグッとくるものがあり、とても惹かれました。また全体を通して優しい語り>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.3

2017年の忘れられない大事な作品になりました。湯浅監督作品ならではの作画もあっていたと思います。偽デンキブラン、ラタタタムのこと、これからもずっと忘れないと思います。今日もまたリアルゴールドをグラス>>続きを読む

泥棒役者(2017年製作の映画)

3.4

前半は完全にアンジャッシュのノリで小さく細かくリズム良く笑わせてくれた。後半は徐々に伏線を回収しつつ、じんわり優しい気持ちにさせてくれるようにふんわり着地。しっとり作品ですね。

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

3.0

東宝らしいベーシックな内容をぶちこんできた感がしました。続編をやけに匂わせるマーベル手法を覚えたんですか感も多々。

>|