KOさんの映画レビュー・感想・評価

KO

KO

映画(459)
ドラマ(0)
アニメ(1)

ゴーストバスターズ/アフターライフ(2021年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

 中盤くらいまで妙に真面目でなんか拍子抜けした。はっきりと言えば退屈だったし、一作目のワクワク感やはちゃめちゃ感みたいなのが足りなくて、現代的ってやつかと斜に構えてしまった。まあどうせ後でから、オリジ>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

 前半はやってることはクズなのに妙に真面目で何やってんだこいつら?という感じ。が、後半で恐ろしくぐだぐだだ破滅的な結末を迎える。青春というか若気の至りみたいなものがダメな方向にフルスロットルで突っ走っ>>続きを読む

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ(2021年製作の映画)

4.7

 あんまりバイオハザードには詳しくないけど原作ってこんな感じじゃなかったかなと思う。よくわからない方に進化していった前シリーズと比較して、リアルだったし、面白かったので優しめの評価。

ステップ・アップ5:アルティメット(2014年製作の映画)

3.5

 過去作のキャラクターが出てきてよかった(ここ重要)。てかあの2人やっぱり付き合ってたのか。

ステップ・アップ4:レボリューション(2012年製作の映画)

3.9

 もうここまでくると芸術。みんなハッピーな終わり方でよかった。

ステップ・アップ3(2010年製作の映画)

3.0

 てんこ盛りになった感じ。
 役者さんも良く踊れるなあと思う。

ステップ・アップ2:ザ・ストリート(2008年製作の映画)

3.7

 前作よりも面白かった。はぐれものの高校生が成功するみたいな話が好きなのかも。
 やっぱりダンスすごい。

ステップ・アップ(2006年製作の映画)

3.5

 人の心がないので行動原理や心理描写みたいなのにはいまいち着いていけないんだけどそんなことがどうでも良くなるくらいダンスが凄かった。借りてきてよかった。

ニュー・ミュータント(2020年製作の映画)

3.7

 らしいといえばらしいストーリー。普通に面白かったんだけどあの施設を医者1人で切り盛りしてるの、デッドプールに予算ないの?って突っ込まれそう。

モンスター・ハウス(2006年製作の映画)

3.4

 子供の冒険欲が溢れ出てくる映画。自分も何か肝試しというか冒険したいし、大人になってもこういうのを考えられるのはすごい。

ラストキング・オブ・スコットランド(2006年製作の映画)

4.8

 地獄のような映画。よくもこんないかれたやつの演技ができたなあと衝撃でした。

世界最速のインディアン(2005年製作の映画)

4.6

 心の底に眠っていた少年の心が目を覚ました。バートの人柄が良くて応援したくなる。

STAND BY ME ドラえもん2(2020年製作の映画)

2.0

 前作のスタンドバイミードラえもんはよかった。特にラストシーンで未来に帰ることを拒否したドラえもんがぺったんハンドを立てながら溶鉱炉に沈んでいくシーンには涙が止まらなかった。
 それはさておき、今作は
>>続きを読む

野蛮なやつら SAVAGES(2012年製作の映画)

4.5

 情け容赦ない描写がとても良かった。ただ、スコセッシが監督だったらもっとよかったかも。

13人の命(2022年製作の映画)

5.0

 全く期待していなかったけど素晴らしい映画でした。みんな善意に溢れていて感動した。淡々と進んでいく感じも事実に基づく映画という感じで良かった。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

5.0

 な、なんちゅう映画だ……。終わりの方は秋葉原の事件を連想してしてしまった。割とコミカルだっただけに気持ちが悪いと言うかショッキングというか怖いと言うか…。
 

 あと韓国でも北朝鮮のアナウンサーは
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

3.7

 小さい頃からジュラシックパークが大好きだった。録画したのを何度も何度も観て、グラント博士にはそのうち父親のような感情を持ったし、恐竜の本を読んだり、絵を描いたりした。文字通り、ジュラシックパークは異>>続きを読む

ボス・ベイビー ファミリー・ミッション(2021年製作の映画)

3.7

 身内との折り合いが悪いので、こういうので温かい気持ちになれる機会は大切。いいお話しだった。

ウィリーズ・ワンダーランド(2021年製作の映画)

5.0

 驚異的な変態映画。すごいものを見てしまった。金のかかった学芸会といえばそうなのだが……。誰にも理解できず、誰にも作れない。
 B級映画としては文句なしの100点。映画としては0点か100点でしかない
>>続きを読む

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

4.5

 相変わらず日本の描写は胃薬以外ちょっとアレだし、トップギアのチャレンジ企画のハッピーエンド(そんなものは存在しない)とムーンレイカーを足して割ったような描写、実在しないから騙されようがないはずのイン>>続きを読む

[リミット](2010年製作の映画)

3.7

 絶望的な映画だった。終わり方がきついねえ。

スイング・ステート(2020年製作の映画)

5.0

 有権者が代表を選ぶにあたり、本当に大切なものは何かを教えてくれる映画。そう、それがみんなに行き渡らなければ民主主義の尊さは薄れてしまう。
 あとリベラル寄りと見せかけて、左右両方の政治家に強烈な皮肉
>>続きを読む

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

3.3

 面白かったんだけど割と悲しめなストーリーで、個人的にはちょっとなあという感じ。泣いてる人もいたから好き嫌いの差だと思う。なんだかんだでソーに親しみが湧く。等身大のヒーローだった。

ドント・ブリーズ2(2021年製作の映画)

3.6

 前作に比べると微妙……。前作の完成度が高すぎた…。

リトルプリンス 星の王子さまと私(2014年製作の映画)

4.5

 大人の自分、昔の自分にすごく失礼な存在になってしまった。いろいろ思うものがあって観ててちょっと辛い。
 

オープン・シーズン(2006年製作の映画)

3.2

 朗らかだけど時々きついネタがあって面白かった。ウサギの扱いが悪いのも面白かった。

麦の穂をゆらす風(2006年製作の映画)

5.0

 個人的な好みに合うのでとても良かったです。こういう映画をつくるあたり、監督が監督とは言え、イギリスは意外と懐が深い…?

アクアマン(2018年製作の映画)

4.2

 内容は金のかかった少年漫画みたいな内容で、好き嫌い分かれそうだけど映像がとんでもないくらい綺麗でアメリカ資本の強さをこれでもかと感じた。すごい。キャラクターもユーモアがあってアクションも爽快でよかっ>>続きを読む

カポーティ(2005年製作の映画)

4.9

 主要な登場人物が感情移入しにくいような人たちなので、そういう意味ではついていけないところもあったけどそんなことがどうでも良くなるくらい感情が揺さぶられたし、演技はピカイチだった。感想をうまく表現でき>>続きを読む

>|