Koichiさんの映画レビュー・感想・評価

Koichi

Koichi

映画(1098)
ドラマ(63)
アニメ(0)

ゆるキャン△(2022年製作の映画)

3.8

社会人になって仕事しながらでも何かに挑戦できるのではないのかと思わされました。とにかく駆け抜けた後、エンディングのハンバートハンバートのような雰囲気の曲には泣きそうになりました。
ただ、高校生がお金な
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.7

家でみたのでRADの爆音効果も弱かったですが印象的でした。毎回このパターンなんやなと思いながらも「お決まり」に対する安心感があり楽しめました。禁じられた遊びのポーレットとミシェルのごとく、私は真悟のサ>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

3.9

お決まりの綺麗な作画に美しい町や田舎の風景、ティーンエイジャーの悩みや葛藤と世界を揺るがす一大事と芽生えた恋心。そして全てを吹き飛ばす爆音のRAD。いつものパターンながらも面白かったです。今回は最初の>>続きを読む

劇場版 SHIROBAKO(2020年製作の映画)

3.8

アニメの現場にスポットライトを当てた作品。アニメ一本作るためににどれだけの人がいるのかよくわかりました。あと監督の絵はけっこう適当なんやとも思いました。登場人物のがむしゃらさには勇気づけられます。ハケ>>続きを読む

四畳半タイムマシンブルース(2022年製作の映画)

3.8

四畳半もサマータイムマシンブルースもどっちも好きでしたが、非常に親和性が高く面白かったです。フュージョンするべくしてフュージョンしたテンポのいい青春SF映画です。最終的に残る感想は京都で大学生してみた>>続きを読む

川っぺりムコリッタ(2021年製作の映画)

3.8

家族を失った喪失感をゆっくりと咀嚼して消化するような映画でした。見終わった後は悲しみや寂しさではなく人の温かさを感じました。

劇場版メイドインアビス 深き魂の黎明(2020年製作の映画)

3.8

漫画に忠実やしその上綺麗な絵が動くなんて面白いに決まってる。ボンドルドの歪んだ倫理観というのか探窟家としての行き過ぎた知的好奇心というかには多くのファンが生まれたでしょう。続きも一気見必須やな。

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険(1996年製作の映画)

3.7

このクレしん一つで色々な作画を楽しめました。ひまわりが居ないのが今となっては新鮮でした。
群馬にあるアニメの聖地はヘンダーランドか。

浅田家!(2020年製作の映画)

3.8

笑いあり涙ありのいい邦画でした。写真集見てみようと思いました。

女神の継承(2021年製作の映画)

3.7

映画感で完全に酔いました。1時間過ぎたあたりから気分は悪いし内容も気色悪くなってくるしで吐きそうでした。内容はわかりやすくて良かったです。信仰心は大事やな。揺らいだ途端に呪われていました。

ベスト・キッド(1984年製作の映画)

3.7

古くて内容はそんなに無いけど当時の時代感を感じることができて面白かった。バランスが大事。

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者(2020年製作の映画)

3.6

クレしん感多めで楽しかったです。的が相変わらず映画版のクレヨンしんちゃんで出てくる奴らで良かったです。

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(2021年製作の映画)

3.8

青春というには幼稚園児は早すぎる気がしたけど面白かった。風間くんの気持ちも分からんではない。

ゲーム(1997年製作の映画)

3.7

物質的に全てを持っていたおっさんがやりすぎなドッキリで人間らしさを取り戻す話。弟とCRSは告訴していいと思う。

ドント・ブリーズ2(2021年製作の映画)

3.7

散々なことしてきた盲目爺さんやけど何か応援しちゃいました。終盤はザブザでしたね。完全に霧隠れの術使ってました。

呪詛(2022年製作の映画)

3.9

シンプルに怖かったです。やたらと視聴者側に参加を求めてくるし、動画を撮りまくるしで今までのホラー映画がやってきたことが上手いことハイブリッドされていました。何で呪われてたんやろうとか所々謎も残るけどよ>>続きを読む

リング(1998年製作の映画)

3.6

言わずと知れたJホラー。ビデオってのが一昔前やけど良かったです。

CURE キュア(1997年製作の映画)

3.8

終始流れる陰鬱な雰囲気が最高にJホラーでした。撮影場所はいちいちよく見つけてきたなと思うぐらい薄気味悪くてよかったです。特に昔の映像や蓄音機からの肉声は気持ち悪かったです。好き嫌いは分かれるとおもうけ>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.2

前作同様、内容薄弱なトムクルーズ推し映画かと思いきや目的しっかりな過酷なミッションありの骨太な内容で面白かったです。ドラマとしての側面は前作で呆気なく亡くなった盟友グースの子供との関わり合いを主軸とし>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

3.8

時代を感じるけど、むしろそこが良かった。内容はあって無いようものだったけどトムクルーズの爽やかさと、あどけなさがその点を凌駕していた。場面ごとに爆音で流れる音楽も印象的で良かった。

犬王(2021年製作の映画)

3.4

このノリに乗り切れなかった。アヴちゃんの歌が上手いのは良くわかった。オリンピック開会式の時の森山未來のダンス見た時みたいにいまいち分からん感じもありました。

オールド(2021年製作の映画)

3.7

設定が面白かった。世にも奇妙な物語みたいなオチも良かった。

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

3.7

一人一人の登場人物のキャラ設定がライトな分、テンポが良すぎるぐらいに話が進んでいきました。2時間の釈は感じませんでした。ウルトラマンの内容を良く知らないので原作との違いなんかはわからないけど、特撮がや>>続きを読む

攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争(2021年製作の映画)

3.7

アニメの続きは全くなかった。全体的に女性キャラクターが幼い見た目なのが気になります。

地球外少年少女 後編「はじまりの物語」(2022年製作の映画)

3.8

AIものとしてはなんだか既視感があったけど、礒光雄のアニメ感満載で面白かった。

カモン カモン(2021年製作の映画)

3.8

こんな伯父さんとのひと時は一生忘れないでしょう。親以外に気にかけてくれる大人って存外大事ですね。最後までほっこり観れました。

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.4

このドジが!から最後まで彼女の無双が続きます。

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

3.5

クワイエットやからこそ急に出てる系が際立っていて、何回かびくっとした。
補聴器に人類の希望が見えた。

ちょっと思い出しただけ(2022年製作の映画)

4.0

数年間の思い出を各年の7月26日の1日だけを回想していく形式がよかったです。2人の間にはもっと色々なことがあっただろうにある1日(照生の誕生日)だけを回想するからこそ過ぎ去った時間がより印象的でした。>>続きを読む

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊(2021年製作の映画)

3.8

ウェスアンダーソンの世界観に浸れました。セットの作り込みやいつもの常連俳優。モノクロとカラフルな映像の行ったり来たりがより瀟洒な雰囲気を醸し出していました。望月峯太郎が描いたようなアニメシーンも良かっ>>続きを読む

台風クラブ(1985年製作の映画)

3.6

時代ギャップを感じてしまいました。
台風の中、純白の下着のみではしゃぐシーンは印象的でした。

マイリトルゴート(2018年製作の映画)

3.8

モルカーの可愛さを感じさせるフェルト人形ながら、内容はダークで寓意的でした。

>|