ユリコさんの映画レビュー・感想・評価

ユリコ

ユリコ

感想まとめ用、観たやつすぐ書かないと忘れちゃうから定かではない

映画(400)
ドラマ(64)

シャイニング(1980年製作の映画)

4.0

ステディカムによって成される追いかけるカメラワークが、より怖さを引き立たせる。あのちびっ子が乗ってる車のガラガラガラって音こわい。まず冒頭の空撮すらやばい。いろんなショットがシンメトリーになってる?か>>続きを読む

家族はつらいよ2(2017年製作の映画)

3.6

家族同士の会話がこんなにも面白く見せることができるの、すごいなあ。
死体を送り出すときのショットが独特。
死体側の目線で撮られている。家族とはいつか離れ離れになってしまうものだけど、集まれるのは冠婚葬
>>続きを読む

嵐が丘(1992年製作の映画)

3.5

ドロドロしてた、ぜんぜんストーカーじゃんて思ったけど、男に共感しちゃうかも。女の方がわがまますぎてよくわからなかった!

ペット(2016年製作の映画)

3.8

予告がもったいないなぁ、あれの作り方次第でもっと興行収入が増えた気がする。
期待より全然良かった。サタデーナイトフィーバー流れて来たときはブチ上がりました。飼い主とペットの絡みかと思ったらペットと元ペ
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.1

沈黙、考えさせられるタイトル
信じるということは何かを与えることだと思う。
自分の命を守れても許されない、信じることも許されない。

後妻業の女(2016年製作の映画)

3.4

演者の演技がすごい!
大阪の雰囲気が漂う、結構テーマはダークなのにコミカルに描いてる。
ラストは笑えた!!
ただ全体の尺が長い気がする!

アルマゲドン(1998年製作の映画)

3.7

リヴタイラーが美人すぎます…
お父さん〜〜!!!
ちょいちょい笑える部分もあったり、ほろっとしてしまう部分もある。
作品の大部分の舞台が宇宙で、展開も早めなのでしっかり大筋を追わないとついていけない…
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

エンターテイメントが過ぎます、超面白い!IMAXで鑑賞した甲斐がある〜!設定とか簡単ではないけれどちゃんと解かれてゆく。博識だともっと沢山のことに気がつけて楽しめるのかも、予備知識が大事。激アツなので>>続きを読む

或る夜の出来事(1934年製作の映画)

4.5

古典ハリウッド映画はやっぱりすごい!
クレジットから無駄な部分が1つもなくて、社会風刺、モブキャラにまで意味を持つ、キャスティングも今とは事情が違うしね。話の主筋と裏筋もハッキリしててわかりやすいなぁ
>>続きを読む

男はソレを我慢できない(2006年製作の映画)

2.4

何がしたいのかよくわからないけど笑える、意味がわからな過ぎてつまらない部分が目立つ!小島麻由美って映画出てるんだ〜下北沢っていいところ〜!そして小池栄子って下北沢と謎の親和性があるよ!

ジュマンジ(1995年製作の映画)

3.7

この作品のお陰で、封鎖的なボードゲーム物っていう概念が覆された感じ!意外と怖いけど、ハッピーエンドでよかった〜!子役が!かわいい!

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

3.4

音学がめちゃくちゃよかった!!!
ストーリーはよくあるスターにスポットを当てたものなんだけど、音学だけ聴きたくてまた観ちゃうかもしれない。

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.7

終始薄気味悪い。自分が信じていたものが間違っていたらって思ったら超怖いね!終わり方はちょっといい気味って思ってた自分もいる笑 前半と後半で180°立場が変わる!

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.9

冒頭のSNSでのザワつき感とかリアルだなって思った。スポットが政府に当たってるけど市民ももうちょっと見たかった〜音響がわざと室内だと篭った撮り方をしてたり、ゴジラ登場シーンは分厚い感じがよりリアルに感>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.3

どうしよう、まず、人の名前が多すぎて覚えられない。
そして、気がついたらベッドに四肢が縛り付けられていたり、天井から伸びるヒモに繋がれてたり、なんかそういうことやっちゃってたりした。
頭使うこの作品。
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

4.8

白い服、丁寧な言葉遣い、浅野忠信怖すぎる。娘のワンピースの赤がなんだか不気味。
河原での構図、演出面での伏線の回収がすごい。
夫が若返っていき、妻が老いていき、変わらない娘。ぜーんぶ罰。

何者(2016年製作の映画)

3.4

自分が何者なのかと模索してる様子がわかるのが主人公だけで、見ててイライラした。
佐藤健と二階堂ふみのぶつかるシーンが良かった!
ああ、就活ってあんな感じなんだって思ったら頭痛くなる。

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

正直あんまり期待してなかったけど楽しめた!
シルバーとフロックとセーラが「家に帰ろう」って言ったところでブワァって涙が出てきた。
ずっとそこに住んでたはずなのに、寝泊まりするだけの家じゃなくて、世界に
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.1

青春こじらせ映画。ファッションも可愛いしイケメンばっかり出てくるけどキラキラ映画ではないのが好感持てる!
物語の進行には全く関係ないんですけど、「お兄ちゃんが枕を涙でビショビショにしてるのに気付いて交
>>続きを読む

さよなら渓谷(2013年製作の映画)

3.7

設定は「ないだろ〜」って感じだけど異常に生々しいから忘れられない

HK 変態仮面(2013年製作の映画)

3.4

鈴木亮平のカラダがめちゃくちゃエロシーだと思うわたしは変態なのでしょうか…
福田さんは演劇出身の人だからこういうドラマチックな描き方好きだよね。
このキャストじゃなきゃできないけど!
安田顕〜〜

ある天文学者の恋文(2015年製作の映画)

3.8

こんなにも賢い人から発信される、こんなにも簡単な"あなたを愛してる"という感情。
「君に僕が死ぬことを言わなかったのは、僕たちは何も変わらないと思ったからだ」(ニュアンス)にやられた。そうだよね、最愛
>>続きを読む

ブルーハーツが聴こえる(2016年製作の映画)

3.7

わたしの中でブルーハーツはオッサンから子供まで知ってる「思い出の共有」みたいなイメージだからラブレター、少年の詩はそれに忠実でとてもよかった!
好きなのはハンマー、でも推しは情熱の薔薇。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.4

現実ほど現実味がない感じ、すごいわかる〜〜!!タイトルも腑に落ちました。
よくあるTwitterの裏アカをそのまま松岡茉優が語ってる感じ。
構図が不自然なほど綺麗で正面からのアップが多かった前半と比べ
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.9

これが80年代に作られたとかすごい!とにかく作画が綺麗だ!
BGMと独特の色合いが不気味さを演出してる。バイクとかSFチックな男の子の好きがたくさん込められてて、おじさんになっても飼い続けてる少年心が
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.6

楽曲でだいぶ持たせたなあってシーンはあるけど、シナリオ、テンポもしっくり。
ただ、やっぱりどこも安パイを狙いすぎてるなあ。
シナリオだけならまだしもRADって。どストライクを狙ってるじゃん!!って思っ
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.8

何もかもが上品。
最初から最後まで一貫して上品だと思った。美しくて清い作品。

神様の思し召し(2015年製作の映画)

3.7

登場人物のキャラ立ちが色濃い。最後の電話が気になるけど、タイトルにダブル?トリプルミーニングも込められているのかな。病院シーンの構図は全ておしゃれ!

>|