ゆりこさんの映画レビュー・感想・評価

ゆりこ

ゆりこ

そして父になる(2013年製作の映画)

4.2

考えさせられる内容。
主人公である福山雅治が1番毒を持ってるのが面白い。
子供の素直な心を音楽にのせて効果的に印象付けていたり、構図に工夫が凝らされていたり、演出面でも評価できる。

ゆれる(2006年製作の映画)

4.5

まさに、ゆれる。
最後のシーンが印象的。
心をかき乱されるような、日本的な作品だと思った。

巴里のアメリカ人(1951年製作の映画)

3.5

セットや衣装がとても好き!!
良い映画作りには欠かせない仕事だと思った。
ララランドよりも見応えのあるシーンばかりで、古い作品とは思えないクオリティの高さ。
ジーンケリーが万能すぎて感動した。

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.5

これはこれで豊かな人生だなって。
観てて飽きない構図!

12人の優しい日本人(1991年製作の映画)

3.6

全く動きもないのにここまで引き込まれるのはキャストの迫真の演技と脚本のおかげ。色褪せない作品。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.7

キャストがとても魅力的!”内なる美”がキーワード。

パディントン(2014年製作の映画)

3.8

ただの子供向け作品かと思ったら大間違いだった。テーマもはっきりしててわかりやすい。色彩がとてもきれいで見てて飽きない。

真夏の方程式(2013年製作の映画)

3.5

家族愛に泣いたし、湯川先生は実は人情味で溢れてるっていう事が伝わった。吉高由里子は全く悪くないけど、ガリレオシリーズとしてはうーんって感じ。湯川先生が単独で動いてる感じがちょっと違うなって。

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

3.0

二階堂ふみがただ可愛い。
おっさんが盛ってるシーンは困惑…
大杉漣がこんなことしててショック。

誰かが私にキスをした(2010年製作の映画)

3.6

記憶をなくしちゃう系に弱いんです。
切なくてジンジンする。
原作をよりわかりやすく切り取って展開されてて好き。

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

3.7

この映画も子役の演技も完結してない感じがすごく好き。っぽい作品だなあ。

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.5

映画としてのクオリティはすごく高いと思う。アクションだけでなく生き残った人の日常を描いてる原作の良さを取り入れられている!

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.2

悪役集めてたんだからもっと裏切りとかハードなストーリー期待してた。みんな減刑のために真面目に働いてるいいやつ。でもキャラはとても魅力的!!

関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!(2017年製作の映画)

3.2

関ジュは演技上手い子がたくさんいて観てて退屈しなかった。役者揃い!

スミス都へ行く(1939年製作の映画)

4.5

感動した。何十年も前に素晴らしい映画を作れることに!マニキュア塗りながら見てたのに演説で自然と涙がこみ上げてきた。

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

3.7

より一層かっこいい渋いおじさまたち。でも水野がいないのが寂しい!加瀬亮はハマリ役。

101(1996年製作の映画)

3.3

とにかくダルメシアンが可愛すぎる。マヌケな泥棒とクルエラを懲らしめる、わかりやすい痛快さ!

アウトレイジ(2010年製作の映画)

3.6

渋いおじさまにキュンキュンしつつ、目を覆うグロいシーンも満載!さすが「どういう殺し方をするか」にこだわっただけある。

素敵な人生のはじめ方(2006年製作の映画)

-

こういう映画を作りたい!って思って作られたものだと思ったらほっこりする

龍三と七人の子分たち(2015年製作の映画)

3.6

コミカルでこれでもかとアクの強い俳優さんが出てきて終始笑える。後半が急ぎすぎてるからこの評価。映画としてはとても面白くてオススメしたい!

>|