ユリコさんの映画レビュー・感想・評価

ユリコ

ユリコ

感想まとめ用

君の名は。(2016年製作の映画)

3.6

楽曲でだいぶ持たせたなあってシーンはあるけど、シナリオ、テンポもしっくり。
ただ、やっぱりどこも安パイを狙いすぎてるなあ。
シナリオだけならまだしもRADって。どストライクを狙ってるじゃん!!って思っ
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.8

何もかもが上品。
最初から最後まで一貫して上品だと思った。美しくて清い作品。

神様の思し召し(2015年製作の映画)

3.7

登場人物のキャラ立ちが色濃い。最後の電話が気になるけど、タイトルにダブル?トリプルミーニングも込められているのかな。病院シーンの構図は全ておしゃれ!

舞妓はレディ(2014年製作の映画)

3.3

マイフェアレディを観てからみると色々繋がるものがあっていいかも!
もねちゃんの透明感がすごい。

転校生(1982年製作の映画)

3.6

ジュブナイルだね〜〜
さよならわたし、さよならおれ
キラキラしてる!!

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.7

過去と現在が交錯してて難解なので、なんとか理解が追いつくのに必死。
録音が素晴らしい!!この緊迫感は音響によって掻き立てられてると思う。
久々に演者の演技に圧倒された作品。
裏のテーマは"親子"

ヴィレッジ(2004年製作の映画)

3.7

筋書きだけだとB級映画みたいなのに、不気味な雰囲気につつまれてこの村のしきたりが勝手に染み込んできた。監督の力量がすごい。

ぼくらの七日間戦争(1988年製作の映画)

3.2

キラキラアイドル映画と言われればそうなんだけど、それ以上に中学生にスポットを当てるとどうしてこんなにも心がきゅうっとなるんだろう

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.8

構造がしっかりしてて見応えもあるし、世界観の描き方が、お話が進むにつれて掠れたダークな雰囲気へと変化していくのがさすがティムバートンだと思った

ミックス。(2017年製作の映画)

3.3

卓球シーンは見応えあるけど、随分物語が都合よく進んじゃって、置いてけぼりくらった!特に後半!

>|