みぃるさんの映画レビュー・感想・評価

みぃる

みぃる

映画(76)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

-

お金のために生徒を騙し利用する。
やってることは破茶滅茶だけど、ロックへの熱い気持ちが伝わって嬉しかった。
最終的には生徒主導でバトルへ参加し、保護者も校長も大興奮。
最後のライブシーンは楽しくて最高
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

-

鎌倉を舞台としたファンタジー。
妖怪と共生し、黄泉の国へ通じる世界。
夫婦愛がテーマでほっこりするストーリーでした。

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

-

Today is the first day
of the rest of your life
今日は残りの人生の最初の日

ホラーだと思って敬遠してたけれど、ホラー要素は強くなく、ハラハラしながら楽
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

-

血の繋がっていない家族の話。
子供にとって、自分を大切にしてくれない本当の親と、居場所を与えてくれる偽物の親、どちらと一緒にいる方が幸せだったのだろうか。
一緒にいたくなくてもいなきゃいけない。普通は
>>続きを読む

ザッハトルテ(2022年製作の映画)

-

ベルリンで一目惚れした女性と再開するためウィーンで暮らし、毎日15時にカフェ・ザッハーへ通う。
ロマンチストな彼に向けられる、カフェのスタッフからの温かさが心地よかった。
ザッハトルテを食べたい…。
>>続きを読む

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

-

迫力溢れる歌声と心が躍る音楽。
人種差別の時代背景やお金が絡む汚さ、
人間関係でぶつかり合う場面もありつつ、
最後には煌びやかなステージを観れて嬉しかったです。

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

-

「クリスマスだから気持ちを伝える」という浮足だった感じが軽快。
首相とスタッフ、学校で人気の女子に恋する少年、3年弱の片思い…
失恋、倦怠期も含め、あらゆる愛が表現されていて最後は多幸感に溢れていまし
>>続きを読む

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

40年前に逮捕したエイリアン・ボリスが脱獄し、タイムスリップをしてKを殉死においやった。
その事に気づいたJは同様にタイムスリップしKを救いに行く。
過去のKと未来のJのコンビも息が合っていたし、未来
>>続きを読む

メン・イン・ブラック2(2002年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

25年前の出来事について詳細を知る、今となっては郵便局員のKのもとへ。
エイリアンの力を借りて記憶を少しずつ取り戻すことに成功。
ピザ屋の娘・ローラがつけているブレスレット、「ザルタの光」を取り戻す為
>>続きを読む

メン・イン・ブラック(1997年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ニューヨーク市警のジェームズがMiB(エイリアン監視組織)のKのスカウトにより、一員になる。
地球上での存在を消されJとして任務することに。
地球に無断で侵入し銀河を奪おうとした昆虫型エイリアンの追跡
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

-

ある席でコーヒーを飲むことで過去に戻ることができるカフェ。
ルールを守らなければ過去の世界から帰ってくることはできない。
オムニバスのように主役が異なる物語が詰まっていたので、飽きずに見入ることができ
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

-

誰もがコンプレックスを抱えているけれど、本来の自分に自信を持つこと。
それぞれの本来の美しさや賢さを信じること。
その自己肯定感で世界は変わる。

雨に唄えば(1952年製作の映画)

-

ストーリーも軽快で、カラフルでポップで、
観てる間ずっとワクワクしていました。
Make 'em Laugh、
Singin' in the Rain、
Good Morning
特にこの3曲のシーン
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

-

エルの明るさ、真っ直ぐさに元気をもらいました。
ロースクールを目指す動機は一見不純だけど、エルの場合の「不純ではなく当たり前」に思えてくる行動力は最高でした。
信念を貫くところもかっこよくて素敵でした
>>続きを読む

Little DJ 小さな恋の物語(2007年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ラジオ鑑賞が趣味な少年が、入院先の病院で始めたラジオDJ。
彼自身を元気づけるものでもあり、同じく入院している患者、職員など周りの大人たちを勇気づけていきました。
短い時間を聡明に生きた彼の、恋が実っ
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ごく普通の日常のなか見つけた、自分の声が吹き込まれたカセットテープ。
知らないうちに犯罪に加担させられていたという事実を知り、関係者をあたることに。
録音したのは叔父ではなく母親だった。
その背景には
>>続きを読む

真夏の方程式(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

皆が誰かを守るため、皆が秘密を抱えている。
恭平くんが辿り着く未来を思うと心がギュッとなる。
最後まで嘘を貫く大人たちと、
守られながら、守る使命がある若者。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

三度目の鑑賞。
結末を知っていても何度でも楽しめます。

犯罪者の自己顕示欲の高さ、トラウマ、遺族の恨み、私には解りたくないものですが、この世の中には存在するもの。

犯人と名乗る男が世に出てきた時に
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

「頑張って死ぬか、頑張って生きるか。」
アンディにとって、冤罪で収監された不運の中でも、レッドに出会えたことは幸運だったに違いない。
希望を思い出させてもらえてレッドもそうだったのではないか。
アンデ
>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

婚約者との約束のため京都に来て、ひょんなことこら本能寺ホテルに宿泊することに。
エレベーターの中で、お土産で購入した金平糖を口にすると、降りた先は本能寺。
しかも本能寺の変の前日。
何とかして信長本人
>>続きを読む

約束のネバーランド(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

大好きな“ママ”は優秀な食肉を育てる“監視者”だった。
ノーマンが遺してくれた手がかりを基に脱獄を試みる。
優秀な監視者である“ママ”も、エマの言葉に希望を見出し、犠牲者を出すことはしなかった。
最後
>>続きを読む

太陽は動かない(2020年製作の映画)

-

ドラマでは曖昧になっていた、鷹野のルーツとも言える少年期の島での暮らしが見られてよかった。
一日一日を生きる。
今日を耐えて、耐えることができたら、次の日も頑張って耐えてみる。その繰り返し。

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

金貨を強奪するためにフェスターおじさんになり切っていたゴードン。
まさか記憶を無くした本物だったとは。
そしてバックトゥザ・フューチャーのドク役の方だったとは…

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

何度見ても、やり切れない。
死から救われたきっかけは些細なことかもしれないけれど、それに対する恩、思いは強く、深い。
湯川と石神が親しくなるきっかけであった四色問題。
「隣り合うものは同じ色になっては
>>続きを読む

アイ・アム まきもと(2022年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

信号が青になったら右左右を見て渡る。
フライパンひとつでご飯を食べる。
毎日同じ時間に金魚にご飯をあげる。
規則正しく目の前の仕事にひたむきに、人の声が頭に入らないくらい真っ過ぐに。
牧本には幸せにな
>>続きを読む

>|