aさんの映画レビュー・感想・評価

a

a

映画館で映画を観るのが好き

映画(664)
ドラマ(0)

サーミの血(2016年製作の映画)

4.5

同情を誘うような話でもなくて、
ただただ、強い意志と覚悟。それと消えない罪悪感が滲み出てていた。
静かに淡々と進んでいくけど、終始心を掴まれた。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.6

親の言う事に疑問を持ったり反抗したりする時期も必要だと思うな。
それが、向き合うという事。
もちろん、親によるけども!!

久々に映画館。より特別な場所になった。

リトル・フォレスト 冬・春(2015年製作の映画)

3.8

レシピ本みるより参考になる。
毎日繰り返す事で養われる感覚。

映画というよりドラマとして観たい。

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

3.8

田舎ならではの暮らしぶりと、
昔の人の知恵が詰まってて感心しっぱなしだった。
自家製ホールトマトはすぐに真似したい。
便利な世の中だから知らなくても生きていけるけど、歳を重ねるごとに手間がかかるものと
>>続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

2.9

タイミングとか環境もあるけど、
何だかんだ自分で選び続けてる連続なんだよね。

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.1

美しいだけじゃない、ちょっと触れたら壊れそうな感じがより神秘的。
作りものじゃみせれない美しさ。

あん(2015年製作の映画)

4.3

雰囲気も樹木希林も永瀬正敏も最高。
自由が突然奪われる絶望感といったら想像もできん。生きていく覚悟を決めるまで、凄く辛かっただろうと思うと涙でる。
他愛ない事で笑って過ごす大切さを噛み締めれた。
何か
>>続きを読む

ギミー・デンジャー(2016年製作の映画)

3.7

ジムジャームッシュがイギーポップを撮る。
なんて贅沢な!
この時代を生きてみたかった。

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

3.5

グレイヤーが追いかけて来るとこ、涙腺崩壊した。
ベビーシッター文化もっと日本もとりいれたらいいのに。可愛いナニーだったー

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.7

奥田民生の力抜いててカッコイイ大人みたいなの確かに憧れる!
音楽とともに思い出す楽しかったあの頃。
脇役が最高過ぎやし、大満足。
松尾スズキの変態感底なし。笑

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

-

淵に立つの浅野忠信がチラつく。
不気味にみえて仕方なかった、全然違う役なのに。
お姉ちゃんが荒れすぎ、逆に他人にあんな事言えない。

プラネタリウム(2016年製作の映画)

3.4

内容無くてもずっとみれる、圧倒的な2人のヴィジュアル。
リリーローズめちゃくちゃタイプ。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.6

福山と一緒に考えてたら、答えは出ずに終わった。
えぇって思ったけど、伏線を自分なりに考えてたらじわじわくる。
観終わっておもしろかったかも。ってなる不思議な感覚。

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.5

ファンタジーと思いきや、
人間の深い心理のお話だった。
善と思っていたのに、悪だったり、逆もあったり。捉え方でさまざま。

SADA 戯作・阿部定の生涯(1998年製作の映画)

3.7

ドロドロな感じと思いきや、
演劇風でおもしろかった。
事件に基づいたフィクションって感じで、物語。
タクシーの運転手さんに教えてもらったクレイジーな事件のお話。

俳優 亀岡拓次(2016年製作の映画)

2.9

何本でもタバコあげたい。
ヤスケンさんの哀愁とゆるさ全開。

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.5

個人のサイコを上回る、社会の仕組み。
孤独にも程がある。
完璧くん達の、意地の張り合いが笑えた。

グレイ・ガーデンズ 追憶の館(2009年製作の映画)

3.9

母の依存って、
子供の自由を奪う事にもなって、
それを振り払えるくらいの自分本意な子供になって欲しいと願う。
あんまり関係ないレビューになったけど、
めちゃくちゃ楽しかった。
ドリューバリモア同一人物
>>続きを読む

「A」(1998年製作の映画)

4.0

マスコミ、警察の下衆さがヤバい。
取り残された信者達を見てると、
素直で普通の人。
事件後、初めて事実を知っても信じ続ける姿は異常に見える、こわい。
マインドコントロールの恐ろしさをリアルに感じた。

ターシャ・テューダー 静かな水の物語(2017年製作の映画)

3.9

自分で選んで来た人生って感じで、
迷いがなくて発言も力強かった。
自然に溶けこむような生活。憧れる。
お花も綺麗だし、ずっと観ときたい映像だった!

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.7

個人的に出てきただけでニヤつく人達が出てたのがツボ。
笑えるけど、真剣に考えたら笑えない内容で、楽しかった。
とりあえず見終わったら、ナスDは最強だと再確認。

ブルーハーツが聴こえる(2016年製作の映画)

2.6

想像と全く違う展開に戸惑った。
内容も、ブルーハーツっぽくなくて
タイトルに負けてる感が否めない

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

3.7

自分だって家族と一緒に居たいだろうに、
残された時間で、
家族の未来を幸せにできるように奮闘する姿に泣ける…
そして、できた妻。吉田羊。最高。
全然暗くなくて、ドラマっぽくて見やすかった。

WE ARE X(2016年製作の映画)

4.3

期待以上!楽しかったー。
HIDEとTAIJIがいる時のX JAPANって、
ファンの熱狂ぶりも物凄い。
当時の映像とかもはや日本とは思えないレベル。
ドキュメンタリーとしてもおもしろいので、ファンじ
>>続きを読む

PARKS パークス(2016年製作の映画)

2.5

吉祥寺が観たいならオススメ。
内容はよく分からなかった。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

-


過去は変えられないものというのがリアルに描かれて胸が痛い。
ずっと抱えて生きていく辛さが叔父さんの罰で、そうしないと生きていけない残酷さが苦しかった。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

それぞれが、
自分の言葉で意見を言って相手を理解しようと向き合う姿勢にグッときた。
サラッと言ってる言葉が、押しつけがましくなくて、いちいち響いた。

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.2

お兄ちゃんの感情がリアルだった。
いつの間にか人の評価こそ生き甲斐になってしまったもっくんが、また人間らしくなっていく過程も自然でいい。
人の弱い部分が愛しく感じられた。

ヘヴンズ ストーリー(2010年製作の映画)

-

山崎ハコと柄本明の存在感。
4時間飽きる事なく観れたけど、
余韻はなかった。人形は生で見てみたい。

>|