KAWAさんの映画レビュー・感想・評価

KAWA

KAWA

映画(250)
ドラマ(4)
アニメ(0)

THE FIRST SLAM DUNK(2022年製作の映画)

3.9

かなり良かった。CGのキャラクターでも井上先生の絵が動いてる!と思わせる説得力があった。公開まで情報を極力制限するやり方もその分新鮮に見れたので
良かったと思う。井上先生の新しいスラムダンクが見れる多
>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

3.7

最初はヘンテコなホラーと
思い軽い気持ちで見てたけど
後半からめちゃくちゃ面白い!
こんな発想のホラー作れるなんて
やっぱジェームズ・ワンすげぇな。
アクションのいびつさが
怖いのが良い。

RRR(2022年製作の映画)

4.1

バーフバリ大好きで劇場で見逃してめちゃ後悔したので今作は劇場で鑑賞。
バーフバリで体感した血湧き肉躍るこの異常な感覚は今作でも健在だった。
もう最高すぎる。中盤ですらクライマックス感あるのに後半はさら
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.9

細田作品の中でもあまり良い評判を聞いて無かったけどめちゃくちゃ良かった。ストーリーも素晴らしいし歌も超素晴らしかった。無理矢理な展開もあるけど殆ど気にならない程度かな。細田作品の中でも最高傑作じゃない>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

2.9

全く合わなかった。ひたすら退屈。
映像は凄いのかと思ってたら
単調で新鮮さも無い。
ラストは迫力の欠片も無い
対決で呆れてしまった。
シャラメは色気があって美しかった。
それだけが救い。

悪魔のいけにえ レザーフェイス・リターンズ(2022年製作の映画)

3.3

悪魔のいけにえ大好きだけど
これは普通のモンスター映画になってた。短い話しなのに後半長く感じたな。
所々は良かったけど残念

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

3.4

ゲットアウトやアスのような社会風刺の効いた作品を期待すると肩透かしを喰らう映画だった。これまでの作品と共通なのは前半退屈、後半はアガる。もっとグロい描写が欲しかった。

サマリタン(2022年製作の映画)

3.4

B級感たっぷり。ひねりが効いてるストーリーも良かった。ちゃんとアクションしてるし見たかったスタローンがしっかり見れて満足。

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者(2021年製作の映画)

3.5

シリーズ最後だったので観てきた。
恐竜の追いかけっこは楽しい。
後半がグダグダしてたのは
残念かな。
もっと街で暴れる恐竜が見たかった。

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

3.6

元気になれる映画。自分の父親ともダブって見えて余計に感動した。
ラストあたりの感情の変化が性急だなとはちょっと思った。

ザ・リング(2002年製作の映画)

3.1

怖がらせ方がアメリカだなぁ。
TVでやってたから結構カットされてた。

燃えよデブゴン(1980年製作の映画)

3.2

サモハン動きキレキレだな。コメディ要素が意味不明な所が多い。女優の容姿が皆同じに見えるなぁ。

ムーンフォール(2021年製作の映画)

3.4

エメリッヒらしいハチャメチャなディザスター映画。2012よりか破壊が少なめに感じたのと月に高度な文明云々はそっちいったかーとちょっと残念かな。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.3

途中まではまぁまぁ良かったけど
後半舞台がいったりきたりで
退屈だった。

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.4

見てて痛々しかった。淡々とした話しだったけど飽きないし気持ちの良い終わり方だった。

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.4

中盤まで退屈に感じたけど
後半は尻上がりに面白かった。
コメディっぽくはなったけど
痛快だね。

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

3.2

ボニーアンドクライドのTV番組やってたので映画も見た。
話し運びがぎこちないし
クライドはなんで最初からノリノリなのか良く分からなかった。
当時は悪役視点の映画て新鮮だったのかな?

オールド(2021年製作の映画)

3.4

設定は面白い。
途中までは良かったが後半から
んなアホなとツッコミ所が
多く今ひとつかな。
もっと老いる描写が見たかったけど
CGで少しづつ老けさせるのは
金銭面で難しいのかな。

ラスト・ナイツ(2015年製作の映画)

3.3

原作があるにせよ
ストーリー自体は悪くなかった。
にしても全体的に安っぽいし
アクションも今ひとつ。
紀里谷監督作品はやっぱり
CGバリバリの方が良いね。

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

4.1

最高以外の言葉が見つからないくらい
最高だった。
前作と同じく全てがカッコいい。
ちゃんと一作目の良さを
引き継いでるのが素晴らしい!
トムはいくつになっても
笑顔が良いね。
鼻たらすくらい泣いてしま
>>続きを読む

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

3.7

初代ウルトラマンのあの不気味さと
シュールさが好きだったので
その世界観を上手くアップデートしてるのが良かった。
エピソード毎に区切りがあるので
淡々としてたのはちょっと残念。
尻上がりに盛り上がって
>>続きを読む

ポンペイ(2014年製作の映画)

3.3

わかりやすいスペクタクル映画で
軽く見れた。最後の噴火は
まぁまぁ楽しいけど
キャラやドラマが安っぽいね。

トキワ荘の青春(1995年製作の映画)

3.4

淡々とはしてるけど
飽きすに見れる。
誰がどの役なのか
説明が特にないので
ちょっと分かりにくい。
寺田さんのその後を調べたら
切ない気持ちになった。

ホビット 竜に奪われた王国 エクステンデッド・エディション(2013年製作の映画)

3.8

エクステンデット版は
この世界に少しでも長く浸れるので
至福の一時。
とにかくこの作品は美術も
キャラクターも美しい。
今作は唯一区切りが付かないのは
ちょい残念。ドラゴンとの対峙は
ゾクゾクする。

ホビット 思いがけない冒険(2012年製作の映画)

3.7

壮大で美しい世界観を見てるだけで
癒やされる。
ドワーフ達が陽気なので
全体的に明るいしテンポ良い。
ガンダルフはピンチに
駆けつけてカッコいいね。

コップランド(1997年製作の映画)

3.0

思ってた以上に地味な映画だった。
キャラの関係性が分からんかった。

ドント・ブリーズ2(2021年製作の映画)

3.2

一作目が何故ヒットしたか全く
分からず次回作を作ったかのような
続編だった。盲目なのかもはや分からない爺さんのアクション映画だった。
見どころどこだったんだろ?

21グラム(2003年製作の映画)

3.4

最初はとっ散らかってる
印象だったけど
途中から引き込まれた。
登場人物皆悲しいのが
良い。
21グラムの話しは本当なのかな。

パージ(2013年製作の映画)

3.1

設定は面白いのに
真っ暗なシーンで会話が多く
かなり地味に感じた。
もっと銃撃戦を面白く
出来たんじゃないかな。

THE BATMAN-ザ・バットマンー(2022年製作の映画)

3.8

今回のバットマンは謎解きものと知りはたして理解出来るかなと、
不安になりつつ鑑賞。
案の定ついて行けず入り込めない時間も多かったけど濃厚なダークさと暴力満載なアクションシーンは最高でした。数あるバット
>>続きを読む

マローナの素晴らしき旅/マロナの幻想的な物語り(2019年製作の映画)

3.6

最初はとっつきにくいビジュアルだったけど引き込まれた。身勝手な人間に翻弄される犬の生涯を見てると心が痛む。最後くらいは良い飼い主に出会って欲しかった。

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

3.3

全体的にシュールで奇妙でグロテスクな世界観。見てて楽しいけどストーリーが平坦で盛り上がりにかけたかな。もう少し短い作品なら良かった。

ブルー・バイユー(2021年製作の映画)

3.7

子供を使った映画はズルく感じはするけど後半は泣かされた。
家庭や社会とか色んな問題があるけど
結局あの太っちょ警官が一番悪いんじゃないの?

魔女見習いをさがして(2020年製作の映画)

3.4

当時リアルタイムでおジャ魔女見てたんで感慨深いものがあった。都合良すぎな展開やおじさんと化した今はちょっとむず痒く感じるけど心暖まる作品だった。

トップガン(1986年製作の映画)

3.7

イケてる男と女が
ひたすらカッコイイ映画。
BGMまで最高にアガルなんて
どこまでイカしてるんだ。
ドッグファイトが
どういう状況か分かり辛いのは
当時の撮影では仕方無いのかな。

ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット(2021年製作の映画)

3.8

ザック・スナイダー版、見る前は
無駄に長いのだろうと思ってたけど
ドラマも良くキャラクターの掘り下げも
上手く出来てた。
ステッペンウルフのデザイン
めっちゃ良くなってる!
ザックの映像センス大好きな
>>続きを読む

>|