板水さんの映画レビュー・感想・評価

板水

板水

  • 558Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

こまねこのおるすばん(2013年製作の映画)

2.5

ストーリーは有って無いようなもんだし正直微妙って言う感じですかねぇ。

蒸気船ウィリー(1928年製作の映画)

3.2

ミッキーマウスとミニーマウスのデビュー作が94年前とはホント感慨深いですなぁ。

デスティーノ(2003年製作の映画)

3.0

前衛的な感じの作品だった。58年も掛かった歴史を感じさせる雰囲気があった。

あの頃をもう一度(2021年製作の映画)

4.2

滑らかな動きに驚いた。何しかカッコよかった。最後は泣けた。

Two Balloons(原題)(2017年製作の映画)

3.0

映像は綺麗だったけどストーリー自体はふーんって言う感じだった。

つみきのいえ(2008年製作の映画)

3.6

海外作品のようなタッチだった。独特の世界観が良かった。

SEOBOK/ソボク(2021年製作の映画)

3.6

韓国映画としては思ったよりどぎつく無くさらっとしたストーリー展開だった。VFXもそれなりに良かった。面白かった。

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.6

前作に続きVFXも素晴らしく面白かった。レジェンダリー・ピクチャーズが大連万達グループに買収されたせいか中国色が若干強かった。ちょろっとしか出てない新田真剣佑のクレジットタイトルが13番目なのには驚い>>続きを読む

クロース: 孤独のボディーガード​(2019年製作の映画)

2.4

メリハリが無くテンポも悪いストーリー展開に短いはずの94分がやたら長く感じてしまった。その上、結末があまりにも陳腐過ぎてホント失笑でした。

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.8

9年前にも関わらず非の打ち所がないVFXは凄すぎた。特に怪獣対イェーガーの激しいアクションシーンは圧巻だった。ちなみに本作は、押井守監督の『機動警察パトレイバー』に大きな影響を受けてるらしい。

ホリデイ(2006年製作の映画)

3.6

安心して観れる予想通りの展開は嫌いじゃないよ。

トゥー・ウィークス・ノーティス(2002年製作の映画)

3.6

やっぱ20年前の定番のロマンティック・コメディって安定した面白さがありますなぁ。ほんでもってドナルド・トランプが出てきたのには驚いた。

罪の声(2020年製作の映画)

3.8

日本アカデミー賞 最優秀脚本賞を受賞してるだけあって中だるみ感も無く最後まで飽きずに観る事ができた。当時、世間を震撼させた事件として体験しているだけにストーリーにどっぷりのめり込んでしまった。天地幸子>>続きを読む

余命10年(2022年製作の映画)

4.6

いきなり冒頭から泣かせるとは。泣くに泣いた124分でした。四季を通して茉莉の感じた気持ちを映像表現したいとの監督の希望で1年かけて撮影されたらしく脚本や演出を含めた丁寧な仕事が嘘っぽくない心に響く作品>>続きを読む

ホリデーオンリー: とりあえずボッチ回避法?(2020年製作の映画)

3.5

ありきたりの恋愛コメディーかと思って観ていたら最後のコーラス隊の「ジャクソン」って言うハモリとスローンの告白に不覚にも泣いてしまった。油断した。

クリスマスがくれたもの(2017年製作の映画)

3.2

クリスマス映画あるあるのハッピーエンドのゆるーいお話しでした。可もなく不可もなしって言うところですかねぇ。まぁ縁起物ですから。

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.2

重厚な雰囲気と世界観が良かっただけに、何の捻りも無い結末には正直ガッカリです。

僕の中のあいつ(2018年製作の映画)

4.0

ありふれた設定のシンプルなストーリーにも関わらず中だるみの無い最後まで飽きさせない脚本と演出はお見事でした。ホント面白かった。

スランバーランド(2022年製作の映画)

4.0

シンプルなストーリーだけど最後まで飽きさせない畳みかける様な脚本と演出はお見事でした。ビデオを見て伯父さんがフィリップと判るシーン、悪夢に取り込まれそうになるフィリップを真珠で助けるシーン等々、至ると>>続きを読む

バイオレンスアクション(2022年製作の映画)

2.4

『ザ・ファブル』みたいな映画かなと かなり期待して観てみたらお粗末な脚本と演出のせいか中だるみ感が半端なく途中で飽きてしまった。バトルアクションもイマイチ迫力に欠けるし、カーアクションも予算が無いテレ>>続きを読む

DAICON FILM版 帰ってきたウルトラマン(1983年製作の映画)

2.0

『シン・ウルトラマン』とセットで配信されていたので鑑賞。39年前としては良くできていると思う。ただそれだけ。

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

4.2

最初のウルトラマン登場シーンは何度も見返すほど懐かし過ぎて涙ちょちょ切れました。『ウルトラマン』のオマージュも随所に見られ、得手して安っぽくなるVFXもノスタルジックな雰囲気を醸し出しつつ最高の出来栄>>続きを読む

エクソシスト ビギニング(2004年製作の映画)

3.8

ボツ版の『ドミニオン』を観たついでに全面的に作り直された正規版の本作を観てみた。ゴールデンラズベリー賞を受賞する等、世間的には低評価みたいだけど悪魔系ホラー映画としての脚本と演出は良く出来ていたと思う>>続きを読む

Dominion: Prequel to the Exorcist(原題)(2005年製作の映画)

2.8

悪魔系ホラー映画と言うより、戦争映画を観ているようだった。映像や演出の古臭ささやもたついた話しのシーンが散見された。とくにラストの砂嵐の中に消えていくメリン神父の演出はドン引きだった。本作は『エクソシ>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.6

巨額の製作費がかかってるだけあって映像は美しくVFXの完成度は高かった。ストーリーもシンプルで何も考えずに観れる娯楽大作だった。ちと長い137分も意外と退屈する事無く最後まで観れた。でも大コケ映画らし>>続きを読む

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

3.8

『ジェントルメン』を観た流れで鑑賞。セピア色の映像が醸し出す雰囲気と、回り回ってと言うストーリー展開も一風変わっていて良かった。面白かった。

ゲット・アライブ(2017年製作の映画)

1.9

とっ散らかったストーリーの学芸会のような作品だった。ただド派手な爆破シーンだけは凄かった。

ジェントルメン(2019年製作の映画)

4.2

イヤーッとにかく面白かった。フレッチャーが話すシナリオが嘘か本当か現実か否か、どんでん返しに次ぐどんでん返しのストーリー展開はホントお見事でした。

フォーリング・フォー・クリスマス(2022年製作の映画)

3.4

ありきたりの、よくあるハッピーエンドのクリスマス映画だったけど話しの内容が読めるだけに逆に安心して最後まで観れた。

>|