ルスュークルさんの映画レビュー・感想・評価

ルスュークル

ルスュークル

映画(1864)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.0

ホラーではないかな…ちょいダークな青春ファンタジーって感じ。子役も含めて演者の演技がしっかりしてるから時間のわりには長く感じないけどだからもうちょいストーリー詰めて欲しかったな。中途半端な感じが残念…

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

う~ん子供向けかな?…大人でこれ恐いって感じるかね…ピエロもなんや作りもんな感じである意味リアルじゃないのよね…恐いより笑っちゃう

ダーク・フェアリー(2011年製作の映画)

2.5

ビックリするくらいつまらんな…起承転結でいうと起をダラダラやって終わった感じ…

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

3.0

ちょい子供向けかなって感じる所もあるけど脚本にギレルモが参加してるからベトナム戦争と若干なにかしらかけてる気がする。バラバラのクリーチャーとかそもそもの動機とか…深読みしすぎかな…

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

3.0

やっぱ北欧映画は独特の世界観やな…ホントに北欧とかこういう種族いそうやな。この映画よう分からんけど人間もこの種族もどっちもどっちやってる事はどっちも醜い…ただ自然だけが綺麗で地球にとってはどっちも異物>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

全てのシーン、言葉が後にちゃんと繋がっている。そして映画のバランスがいいな…重いんやけど重いだけじゃないのよね。悲しい所もあるけどラストは希望が持てるラストでグッとくる。これホントいいラストシーンやな>>続きを読む

ボーダーライン:ソマリア・ウォー(2017年製作の映画)

3.0

この映画の趣旨が分からん…ソマリアの真実を伝えるには内容が薄い。伝記映画としてもイマイチ…本を買って読めってことか…でかい宣伝やな

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

-

こりゃスコアつけれんね。評価の基準が分からん。まあなんともカオスな映画。ジャンルもよう分からん

ディセント(2005年製作の映画)

3.0

まあ、こんなもんやろね。6人…ちょっと多いかな。一番恐いのは怪物やなくて人間ちゅうことかな…まあベタやね。

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.0

う~ん時間の割に長く感じるのよね…テンポ悪いというか…スーサイドもダラダラ感あったけどこれもなんかダルいのよね。ワチャワチャしてる間に終わってる感じ。

ティーンスピリット(2018年製作の映画)

3.0

歌は本人が歌ってるか知らんけどそこまで上手くないしダンスシーンはいらんやろ。この手の映画は結末がはっきりしてるから意外性が欲しんやけどびっくりするくらいベタやった。

ライフ・イットセルフ 未来に続く物語(2018年製作の映画)

3.0

う~ん最初の始まり方がなんやよう分からん…言わんとせん事はなんとなく分かるんやけどちょっと哲学ぽいかな。ストーリー自体、先が読めるけど悪くないしちょっとグッとくる。オスカーはクセがあるから好き嫌いで分>>続きを読む

別れる前にしておくべき10のこと(2020年製作の映画)

3.0

う~ん妊娠に関してはどっちもどっち…最後らへん男がビビるのも男ならちょっと分かるな。ラストの出産シーンをどう捉えるか…結構いろんな捉え方あるかな。

カリートの道(1993年製作の映画)

3.0

アル パチーノが格好よすぎる。マフィア系の映画なんやけど品があるし撮り方も鏡利用したりなかなか魅せるね。

マレフィセント2(2019年製作の映画)

2.5

なんか薄い話やな…ありきたりやしあんだけ互いの国にダメージでてるのに何もなかったかのようにラスト結婚式…薄いよホント…ペラペラ

ボビーZ(2007年製作の映画)

3.0

ポール出てなかったらスルー…まあそんな感じの映画。

トレマーズ(1990年製作の映画)

3.0

こういう映画っていつになっても観れるよな。手作り感とか工夫とか良く出来てるもんな。

バッドボーイズ フォー・ライフ(2020年製作の映画)

3.0

監督違うからか結構シリアスな展開。前作よりかなり時間経ってるけど、このコンビは懐かしい。これで最後でいいと思うけど、なんか続きそうな感じが不安やな…

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

3.0

思ったより良かった。この監督らしい感じは随所に出てるな…アクションシーンがキレッキレじゃなくてがむしゃら感が良かった。メイン三人共キャラが立っていて次回作あるなら期待したいと思える珍しい映画。

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.0

なるほど実に今風の映画やな。この映画主人公の女の子がいろんな意味でちょうどいいんだよな。自然体な演技にも好感持てるし、映画自体多くを語らずとも家族関係がしっかり分かる感じは流石やなと思う。ばってん今の>>続きを読む

エンド・オブ・ステイツ(2019年製作の映画)

3.0

安定の面白さ。ジェラルドのくたびれた感じの演技は上手かった。アクションも派手で良かった。まあ黒幕なんてすぐ分かるんだから声かえたり隠す必要無いし最初から顔だしてくれた方が単純でいいんじゃない

ライリー・ノース 復讐の女神(2018年製作の映画)

3.0

思ったより良かった。テンポいいし時間もちょうどよい。幸せからの転落ぶりが結構エグく復讐への感情移入は◎

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.0

アクションシーンはいうこと無し。相変わらず凄い。ストーリーはこの映画には求めてはいけないと割り切る…なんか少年漫画のストーリー性置き去りの格闘漫画に近いかな…次から次ぎに新しい敵が出てきて倒す …そん>>続きを読む

ヘルボーイ(2019年製作の映画)

3.0

思ったより良かった。ストーリー最初から捨ててる感じが中途半端じゃなくて潔い。アクションシーンも結構見せ方良かったしちょいグロいんやけど見せ方が絶妙で苦手な人もぎりセーフかな。

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

2.5

個人的にT2が完璧やと思ってたからこの続編の展開は最悪やな…これをやったらT2の良さが全部パア…正直引くわ…ここまでしたからにはストーリーで意外性を出すのかと思えばなんと同じ着地点…何故続編作った。

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.0

いまさら感半端ない…まあ悪くないし長いスパン空いての続編にしちゃ無難にまとめたなって感じ。まあ続編作る意味は無いかもしれんな…ネタ不足かよ

フッド:ザ・ビギニング(2018年製作の映画)

3.0

物凄く無難…悪くも無いけど特質良くもない…まさに普通。タロンの為の映画なん…

君のためなら千回でも(2007年製作の映画)

3.5

これは子役の演技がすべてかな…この映画、感情をセリフより演技や表情に求めてるとこがあるから大人が求める(視てる側)微妙な感情表現は子役というより子供には少し難しいじゃないかな…だからイマイチ感動しない>>続きを読む

追撃者(2000年製作の映画)

3.0

う~ん悪くないけどなんかもうちょい足らんな…う~ん惜しいな。

ティアーズ・オブ・ザ・サン(2003年製作の映画)

3.0

かなり描写とかリアルやなと思う映画。アフリカはルワンダみたいに種族間での虐殺がマジで起きるから凄い恐い…人間のやることや無いけど現地にいる子供はそれが当たり前でそのまま大人になっていってまた繰り返しか>>続きを読む

ポスト・アポカリプス(2014年製作の映画)

2.5

大きくなったな…一番の感想…もしかしたら両親を失くしたショックによる姉弟による壮大な精神世界での妄想かと考えたり…う~ん考え過ぎか…

デイライト(1996年製作の映画)

3.0

良かった。スタローン格好良かった。ラストらへんは少し強引かなって思うけどなかなか生と死のバランスがとれてて王道やけどこのての映画としてはまとまってた。

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.0

この映画は日本人には大多数ホントの意味では理解できんだろうな。エンターテイメントとして観るならまあいいが…この映画のメッセージ性は難しいというか俺にはメッセージすら掴めない…そこがこの映画の大事な所や>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

ラミの演技に脱帽…ラスト自然と涙出てくる映画ってほんと久しぶり。演技を超越するっていうか稀に起きる凄い瞬間だった…

ミッシング ID(2011年製作の映画)

3.0

設定はフニャフニャやしあり得んシーンも多いがまあ普通に観れる。リリーはこの頃に比べて格段に上手くなったよな。俳優の若い頃の映画観るのも個人的に楽しみな映画の見方。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

なるほど期待値結構上げて観たけどまあホアキンありきな映画って感じかな。結構予測不能なアドリブいれたらしいから怪作って感じ。ホアキン以外がやったらそれはそれで楽しみでもあったが…やっぱジョーカーっていう>>続きを読む

>|