kihoさんの映画レビュー・感想・評価

kiho

kiho

記録用。大好きな映画は迷いなく★5

映画(257)
ドラマ(0)

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

4.5

キューブリック作品は全くくどくなく、でも独特の世界観で削ぎ落として洗練された映画って感じ。気付いたら引き込まれていってる。

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

スパイが二重にも三重にもなっててややこしいけどおもしろい。けどややこしい。
映画はCIAのスパイでしたって感じで終わるけど、結局はロシアのスパイなのでは。。と思わせる伏線が所々にあって回収がおもしろい
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.0

おもしろくてあっという間に終わっちゃった。
それぞれの個性がしっかりしてて入り込めた。

ウォッチメン(2009年製作の映画)

3.0

見終わったあとの感じはへぇーって感じ。
入り込むわけでもなくつまんなくて観るのやめるわけでもなく。。
実写ヒーロー映画はちょっと苦手だけど、大人向けに作られてるから飽きずに最後まで見れた。
最初の歴史
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.7

思ってたよりおもしろかった。
もっと暑苦しい感じの映画なのかなと思ってたけど、くどすぎず楽しめた。
結末へ向かっていくところまでは別の映画を見てるみたいで上手くできてる。
繋がっていくのがおもしろい。
>>続きを読む

ナチュラル・ボーン・キラーズ(1994年製作の映画)

3.1

ちょっとくどい。まあまあかな。
B級映画として見たらおもしろい。

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

3.2

前回に比べるとヒーロー映画って感じが強くて冷めてしまうところ多くていまいちだった。
終わり良ければって感じで最後はまとめた感じしたけど途中飽きちゃった。
相変わらず脇を固めるキャストは渋くていい。

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.7

見応えあり。
実写のヒーローものは冷めてしまうシーンが多くてあまり好きじゃないけど、バッドマンはなかなかおもしろい。
ダークで深い。ジョーカーが狂ってていい。
こういうヒーローものはあり。

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.7

おもしろかった。
キートン以外の4人についてもう少し濃く描いて欲しかったな。
好きな結末だけど、みんな印象が薄いから衝撃がちょっと薄かったのが残念。
でも最後のオチはいい。

ソードフィッシュ(2001年製作の映画)

4.1

おもしろかった。
スピード感とキャストもすごくよかった。
お金かかってるなって感じがどうしても気になってあと一歩入り込めなかった。
でもよくできてて楽しめた。

タクシードライバー(1976年製作の映画)

4.0

暗いテーマなのにスマート。
オシャレな映画だった。
間延びせず飽きもせず最後まで楽しめた。

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

4.0

よかった。
JOKERはこれ参考にしてるなって誰もがわかる名作でした。
JOKERの表現は陰でこちらは陽で、それぞれいいな。
最後まで一貫して陽気な主人公。
くどいシーンもあるけど観終わった後の爽快感
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.5

よかった。
欲を言えばJOKERになってからをもう少し長く描いて欲しかった。
でも全く飽きずに最後まで楽しめた。
それにしても音楽が特によかったな。
挿入部分も曲のチョイスも最高だった。

YUKIGUNI(2019年製作の映画)

5.0

最後まで幸せな気持ちに包まれる素敵な映画だった。
日本の素晴らしい映画がまた一つ歴史に残った。50年後も100年後も誰かに観られると思うとなんて素敵なことなんだろうと思う。
そう思わせてくれる映画だっ
>>続きを読む

リマスター サム・クック(2019年製作の映画)

4.0

大好きなサムクック。今も色あせることのない偉大なアーティスト。

ノーザン・ソウル(2014年製作の映画)

5.0

特別音響上映で観ました。
大好きな60'sのノーザンソウル。特別音響で観てよかった。最高でした。

VANISHING POINT(2013年製作の映画)

5.0

ブランキーの大ファンなのでもちろん満点です。

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.2

くどくなくシュールすぎず。必要最低限のセリフ。
冷たすぎず暑すぎず少し湿度は高め。
とてもいい空気感を最後まで保っている映画。
思ってた以上に良かった。

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.7

後味の悪い映画が苦手なので観るのを躊躇していた映画。
残虐な実話を元にファンタジーを織り交ぜて作られていて、そのおかげで衝撃を少し和らげていたけど、そのフィクションの部分のせいでよくわからない部分も出
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

3.0

邦画はあまり観ないけど良かった。長澤まさみが演技うまいなと思った。

ストーカー(1979年製作の映画)

4.0

わりと小難しい映画が好きなのでフィットした。
哲学的なやりとりもとても良かった。
何度も観たくなる中毒性のある映画。

レボリューション6(2002年製作の映画)

3.5

おもしろいんだけど、題材、時代背景的にもっと全体的に尖ってる方が良かった。なんか青春映画の爽やかなシーンを無理矢理入れたようなシーンがあって少し冷めてしまった。そこが残念だった。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

QUEENが好きなので観ました。
とてもよくできてた。
ストーリーもごちゃごちゃせず観やすかった。
著名人を一からコピーするのは容易ではないはず。素晴らしかった。

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.0

俳優2人がとても素敵。
ただ話の展開が少し強引。後半にかけても無理やり詰め込んだ感がある。
そこだけが残念だったけど、素敵な映像。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

2.9

うーん。私は好きではないなと思った。
そもそもテーマが魚人と人間の恋の話なので、チープにならないように描くのは難しいと思う。
映像は美しかった。

大砂塵(1954年製作の映画)

4.7

古い映画が好きなのでとてもフィットした。
西部劇も大好き。
古い映画によくあるオーバーリアクションだったり無理があるでしょ笑ってなるシーンも多いけどそれも魅力。大自然が美しい。
大砂塵っていうチープな
>>続きを読む

汚れた血(1986年製作の映画)

3.9

美しい映画。私には少しくどかったかな。でもいい映画だった。

ポンヌフの恋人(1991年製作の映画)

3.0

観てて苦しくなる映画だった。心地のいい映画ではなかったけど嫌味はなかった。

ハネムーン・キラーズ(1970年製作の映画)

3.5

連続殺人鬼の実話を元にした映画。
思ってた以上に良かった。
くどくなくシンプルに上手くまとめている。

>|