amemiyaさんの映画レビュー・感想・評価

amemiya

amemiya

映画苦手なので頑張る。目標1日1本(2019/08/15~)

星・コメント無しは過去に見て思い出したやつです。

映画(166)
ドラマ(16)

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

仲良しおじさん4人組がひたすら仲良い休日を過ごす映画。
4人集まれば昔のように馬鹿騒ぎ みたいなの好きだ〜〜〜〜。

心が若いおじいちゃんが大好きなので、ずっと良かった。
ただストーリー性は他の映画に
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.0

舞台が2014年なので、ヒトラーやナチス、ドイツについて、かなり楽しく知れた気がします。

崇拝した人々の結末を知っている国民すら気づかぬうちに洗脳されているのを見ると、当時のことは避けれなかったのか
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

3.3

ひょんな事から出会った親友とリストを実行していくのは素敵だと思います。

只、もっと周りの理解を得た上でガンガンはしゃぐのかと予想してたんですが、かなり後ろ髪引かれる思いのままという感じで..
奥さん
>>続きを読む

愛さずにはいられない(1996年製作の映画)

3.0

マシューペリー見たさに視聴。

服装がフレンズの時のままって感じで嬉しくなりました!
チャンドラーの別の人生って感じ。

アメリカは広いから、同じ国の中でも、日本の遠距離とは訳が違くて大変ですね。
>>続きを読む

シザーハンズ(1990年製作の映画)

4.0

声出しながらボロボロ泣いてしまいました
ジムは本当にいい加減にしろよ。

ハッピーエンド風だけど、私はかなり胸糞悪く感じました。本当に嫌だ...

おとぎ話なんだから人の性みたいなの出さないでスーパー
>>続きを読む

ユー・ガット・メール(1998年製作の映画)

5.0

あ〜〜〜〜良い〜〜〜〜〜〜〜〜
奇をてらってない、典型的なラブストーリーでした。
女子同士で集まって見れたら盛り上がる事間違いなしの映画かと思います😂

90年代アメリカの、
「薄い生地のシンプルなト
>>続きを読む

レオン(1994年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

学生の頃見てバチ泣きした映画。
よく覚えてるので記録。

マチルダがおませで、シャンパンを飲んでゲップをしていたシーンの幼さと、ラストで優しい嘘をすぐに見破って泣くシーンがすごく印象的でした。
最善の
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ラスト美し...

同性愛については、家族が珍しく寛容すぎるほどなので、その辺りの苦悩は少なめですから、ある程度通常のラブストーリーのように進んでいきます。
ラストに関しても、私は女も男も関係なくああ
>>続きを読む

スウィート・ノベンバー(2001年製作の映画)

3.5

リアリティーないというか、心境の変化の描写が少なすぎて追いつけなかった。

ただプロポーズの仕方なんかはジーンとくるものがありました。必死すぎるから。

自分は病気ものに弱いんだろうかな....
すご
>>続きを読む

ロリータ(1997年製作の映画)

4.0

こういうの観たかった

学生の頃に、この小説を読もうとするも長すぎてリタイアしてしまったので、2時間で観れるなんて助かりました。

なんだろう、特に盛り上がるような場面はないので、映像美とやりとりを楽
>>続きを読む

炎の人ゴッホ(1956年製作の映画)

3.8

ゴッホの映画だけど、1人の画家の映画という感じが強かった。
映画としては好きじゃないけど、ゴッホを知るための視聴だったので高評価でした。

知れば知るほど女々しくて関わりたくないタイプだなーと思います
>>続きを読む

世界で一番ゴッホを描いた男(2016年製作の映画)

4.5

途中まではゴッホを描いた人の話だけど、最後はゴッホから影響を受けた1人の画家としての話になって、とても良かった。

なんだろう、思う事がありすぎました。
あれだけの複製画を作っている事がメインの映像な
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

5.0

終始All is well〜〜♪てなりました。

友情努力勝利の概念を某少年雑誌が掲げてますが、まさにそんな感じ。
好きこそ物の上手なれってこういうことかなとも思いました。

ランチョー役の方があまり
>>続きを読む

星の旅人たち(2010年製作の映画)

3.8

久々に観て良かったと思える映画に出会えました。

単純に、サンティアゴまでの巡礼にとても興味が湧いたし、良い話。

子供が亡くなって湧く感情として、かなり正解な気がします。
復讐してやるーとか怒り悲し
>>続きを読む

あなたに降る夢(1994年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

かなり観進めてもミュリエルに対して胸糞が悪いのでやめようかと思ったけど頑張って最後まで観ました。

観て良かった〜〜...ってなった。

皆さんのレビュー通り、
出会い→恋に落ちる→敵出現→不利な状況
>>続きを読む

愛を読むひと(2008年製作の映画)

3.8

なんて悲しい話なんだ。

前半だけ観たら綺麗な愛情表現で混ざり合う2人という映像がほとんど
後半は伏線の回収をしながらまとめていく映像。感情が読み取りやすかったので、監督の魅せ方が良かったのかなと思い
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

3.5

主人公の女々しさが大嫌いだったんですが、女の子が美人だし裸がいっぱいあって映像が良かったので点数やや高めにしました。

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

-

伊坂幸太郎の本が良すぎるせいで映画になるとめちゃくちゃ安っぽくなるから残念。