chi24さんの映画レビュー・感想・評価

chi24

chi24

ステーキ・レボリューション(2014年製作の映画)

-

世界で最高の牛肉食ビジネスがしたい!…ですが…味覚はどこの!これ!と言うよりは誰と!が重要な気が…と思いながらもラストほっ感。日本の飼育方法やスウェーデンの和牛牧場に懐疑的感。監督が熱く話している時の>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

-

音楽が美味しそう感。羨ましい男旅感。話題のウチに一気に感。旨いもんってなんで腸内で腐敗しやすいと言われる組み合わせなんだぁ〜涙。サントラがある♡

43年後のアイ・ラヴ・ユー(2019年製作の映画)

-

亡くなった奥さんも愛せたと分かる感。
キモくない‼︎褒め上手のハイステージな、恋する爺ちゃんかっこいい感

オーロラの彼方へ(2000年製作の映画)

3.0

死んだくせにっ!でグッと掴まれて…ナイスプレー…熱いものが押し寄せる感

マーメイド・イン・パリ(2020年製作の映画)

-

店に雰囲気があり、良質な食材もスタッフも揃っているのに、味がしない感

殺人の告白(2012年製作の映画)

-

作品をおとしめてしまう様な…飽きさせない演出をする度胸が…成功している…すごい感

プラットフォーム(2019年製作の映画)

-

殺戮は恐ろしいのに、高貴な活動の為でさえあれば、人の頭をカチ割っていても異常に見えなかった何故だぁ感

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

-

馬鹿にしちゃダメ、ゴシップもダメ。ジャッジメンタル=決めつけ。尊重されたいなら決然と感。
奥様がNYでケーキ屋さんOPENかと予想したけど…。
…インドも核家族化しそう感

Away(2019年製作の映画)

-

心の治療の旅感。ひとりで映画完成させる!すごい感

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

-

勢いよく事故w感。タッカーとデイルと史上最悪にツイてない大学生ら感。
コミュニケーション不足…だとしても、話し合いをしようと言われた場合、大体は話し合いではなく説得…感

リトル★ニッキー(2000年製作の映画)

3.0

フッって笑っちゃう感。でも後半…とくに決闘シーン辺りから、ちょっと…キツめ感



2度目の鑑賞

ミッドナイト・ファミリー(2019年製作の映画)

3.0

何だかんだすくすくと幸せそう感。ボランティアハイの感謝される喜び羨ましい感。…家計の安定がもし叶ってしまったらバラバラに…感。3〜4家族で連携して、無線屋と集金屋を雇っては…感

フランクおじさん(2020年製作の映画)

-

自分で決めるとは…人からどう見られるか考慮した上で感

Run(原題)(2020年製作の映画)

-

恐ろし…ママは自信を持って何をしている気だったのだろう感。偏見のない…良い子に育っている違和感もしっかり回収感

ルース・エドガー(2019年製作の映画)

-

怖くて注意が出来ない世の中感。長年どの様な治療を行なってたのか恐怖感。信頼って100%なのだな感。80%等では信頼と呼べないのかな…不信感を持って愛され…感

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

-

基づくフィクション上手い‼︎感。50年で人々が随分と大人しくなった感

不良探偵ジャック・アイリッシュ 死者からの依頼(2012年製作の映画)

-

好み。演技も内装もやり手感。人付き合いも選んで工房にパブに最高の暮らし感

7Wish セブン・ウィッシュ(2017年製作の映画)

-

ティーン向けに程よい弱スリラー感。中国人の知り合い居ないけど、このオルゴール欲しい感。ヒエラルキー見た目の印象配役は重要だな感

スノーデン(2016年製作の映画)

-

流行りや今っぽさを取り入れない撮影の方法がオリバー・ストーンなのか感
収集を中断したかは確かめようが…感。
告発後、日本の〇〇〇は付与した権限を見つけて解除したと思いたい感

ソング・トゥ・ソング(2017年製作の映画)

-

世界から逃げたくて無理でシンプルライフに辿り着く…詩的。瞬間を維持出来ないから感。色々考え過ぎると人生を楽しめなそう…パパッと決めちゃえば案外いいのかも感。皆ハマり役感。
色んなことを愛せたのに、ひと
>>続きを読む

1984(1956年製作の映画)

-

ネット支配は大昔からあった発想なのかぁ感。代わりに相手を苦しめてと言わせる…酷い感

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.0

寄り添っていいか、ひとり悲しませていいか、難しい感。行動範囲に自然・水辺、気候もいいな感。夫婦の修復ハヤ感。転校なしか感。SNSのある学生時代は大変そう。お薬やサプリやドリンクと結び付けたい?…カッと>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

-

道路のミニチュアを製作…客観的な視点よ!って返事が平常心で怖い感。
小物が1コインショップ感ゼロ

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

3.4

他意も感じなかったしバランスがいい感。父のしゃべりにうんざりする…でも父なのだ感。母や祖父母・叔父・叔母をチラッとも出さない…父なのだ感。子供の頃は可愛かった!って公開して知ってもらえる夢のリアル感

ファヒム パリが見た奇跡(2019年製作の映画)

-

いい人だけど、就活生き残れるか…受け入れ後を知りたい感

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

3.8

健全な気分になれる感。Aal Izzz Wellアール・イーズ・ウェル‼︎
若映り学生マジか⁉︎これから水たくさん飲むわ‼︎

アンダーウォーター(2020年製作の映画)

-

安全なスーツが…この状況は何回でも死ねそうムリムリ!感。外で風に吹かれたい感。ドラえもん映画の、海底を走る喋るクルマのコトを考えて気を取り直す…

クーデター(2015年製作の映画)

-

フィクション・パニック感。よく動くなぁ感。有事だし家族の為だし…ok?感。国境…現場に裁量がある感

>|