逃げた女さんの映画レビュー・感想・評価

逃げた女

逃げた女

映画(957)
ドラマ(3)
アニメ(0)

ジ、エクストリーム、スキヤキ(2013年製作の映画)

4.0

ゆる会話劇。意外にも解釈の幅広げてくる系だった。ピンポンコンビですな。

The Strange Thing About the Johnsons(原題)(2011年製作の映画)

3.0

話題のアリアスター卒業制作!くそくそ胸くそではあるけど、そこまでダメージ受けなかった。

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

4.5

アアッ、もう一度狂児と聡実くんに会いたいよ。最寄りの映画館では上映が終わってしまったから、サブスクに来るまで2人には会えないん!?って淋しくなってる。とりあえず漫画読み返すか。

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

4.0

肩でっか服、かわええのう!めちゃくちゃ変でたのしい映画。

ビヨンド・ユートピア 脱北(2023年製作の映画)

4.0

80歳超えてから、自分は洗脳されて生きてきた事実を知るのはしんどすぎる。インタビューで自分の国のこと悪く言えなかった気持ちがわかる気がした。心のどこかでは、おかしいと思ってきたとしても、その地で80年>>続きを読む

ブレッド&ローズ(2000年製作の映画)

4.0

労働組合のカリスマに出会い、組合活動に目覚めてゆく主人公👁恋とかしちゃったりもして。監督はケン・ローチ。

弱者は、もうとにかく集まるしかない!がんばろう!

aftersun/アフターサン(2022年製作の映画)

4.0

りゅうちぇるの、ぺことリンクくんと過ごしたグアムでの最後の夜をふと思ってしまって辛い。

LAMB/ラム(2021年製作の映画)

3.5

聖書とギリシャ神話モチーフ多すぎて、もういっそのこと全部学んだろかな!!!

喋りすぎる登場人物がいなくてよかった。どデカい自然と大量の羊がそこにいるだけで十分。

過去のない男(2002年製作の映画)

3.5

コンテナハウスにジュークボックスが映えるなァ。アキ・カウリスマキは本っ当にに労働者を真面目に撮ってくれる。ありがたや…。

個人的には、もう少しドラマチックを減らしてシュールをプラスしたものが好き。さ
>>続きを読む

枯れ葉(2023年製作の映画)

4.0

映画館で観れて、本当にうれしかった。ぎこちないキッスと完璧なウインクで二人はどこまでも!!!

あのこと(2021年製作の映画)

4.0

1960年代フランスでの闇中絶の方法(金属の長い棒を膣に入れて掻き出す)を未だに採用してる日本ヤバいだろ。

CLOSE/クロース(2022年製作の映画)

4.5

いろんな涙があるけれど、後悔の涙がわたしは一番しんどい。ふれあいで失われたものを、ふれあいで取り戻していく過程に泣いた。

人生フルーツ(2016年製作の映画)

3.5

最寄りの映画館で、毎月やっているので(なぜ!?しかも、もう何年もやっている。なぜ!?)、いい加減観るか〜と思い。同居人にも「ねえ、人生フルーツ観た?!はやく観てほしい!感想話したい!」と数年に渡って急>>続きを読む

サバカン SABAKAN(2022年製作の映画)

3.5

さわやかな長崎の景色、いつまでも見ていられるなあ、としみじみ。ラストの再会も晴れ晴れとした気持ちで。つよぽんはチョイ役&ナレーション。

無理しない ケガしない 明日も仕事! 新根室プロレス物語(2024年製作の映画)

4.0

「無理しない ケガしない 明日も仕事!」がモットーの、おじさんプロレス。おじさん達、かーなり身体張ってます。こんな熱い世界があったなんて。同じ北海道に住んでいながら、今まで一度も観てこなかったのは勿体>>続きを読む

水は海に向かって流れる(2023年製作の映画)

2.5

ダブル不倫の子供同士が色々あって、最後水かけあったりして、なんかいい感じに終わる。

ところで、邦画のやさぐれお姉さんキャラって痛くないですか……?

BULLET BALLET バレット・バレエ(1999年製作の映画)

3.5

乾ききった痛み。哀しい銃声。塚本晋也の映画はストーリーが好きじゃない(というか真面目にストーリー追うつもりもない)のに、かっけえ!かっけえ!だけで最後まで観れてしまう。

いま公開中のほかげはどうなの
>>続きを読む

ファースト・カウ(2019年製作の映画)

3.5

ザンギみてえなドーナツだな!
眠気に耐えれば、最後に特大ご褒美シーンが!さすがにうるり🥹

オールド・ジョイ(2006年製作の映画)

4.0

焦りの中で、こうして友情はゆるやかに終わるのか。切ないな。

窓ぎわのトットちゃん(2023年製作の映画)

4.0

トモエ学園校長の、「純粋なもの」に対する尊敬には本当に恐れ入る。純粋な好奇心、純粋な怒り、純粋な優しさ。見守る、ってそう簡単にできない。ほんとうに。よかったね、トットちゃん。居場所を見つけられて。>>続きを読む

そばかす(2022年製作の映画)

4.0

配役が良かった。ちょっと喋りすぎかとも思うが、三浦透子。「受け入れる」「受け入れている」ということに抜群の説得力を見せる演技。この映画の全て。だけどやっぱり…喋りすぎだわ!言葉に頼りすぎず、表情や仕草>>続きを読む

リバー・オブ・グラス(1994年製作の映画)

4.5

主人公が暇そうな映画にハズレ無し。最後の、ずるいよあんなの!好きになっちゃうじゃん!ケリーライカート全部観ます。

カムイのうた(2023年製作の映画)

3.0

観終えた直後は「んまぁ…演出とか台詞はダサいけど、全体としては悪くないんちゃう?」という感想だったけど、「そういえば当事者であるアイヌの人たちはこの映画を観てどう感じるんだろう」と思って色々調べたら、>>続きを読む

わたし達はおとな(2022年製作の映画)

3.0

こどもおとな以前に、いま、目の前にいるこの人ときちんと対話をしようという意思が全く見受けられないのが人として…。そりゃあこうなりますよ。なるべくしてなったんです。残念だったね、がんばって…。としか言い>>続きを読む

ポトフ 美食家と料理人(2023年製作の映画)

2.0

な、に、こ、れ、っ、
肝心のポトフまで長すぎやしないか笑 ポトフ作り始めた頃には、映画館の半分近くの人寝てたぞー。

トラン・アン・ユンだから観ましたけど、わたしには本当に向かないタイプの映画でした。

さよなら ほやマン(2023年製作の映画)

3.0

劇場で見逃したことずっと後悔していたけど、ラッキーなことに旅先の映画館で上映しているとの情報を手に入れた🏃‍♂️行くしかない🏃‍♂️いつもと違う映画館は新鮮でいいなア。

感想としては、「あ〜、人生う
>>続きを読む

マルドゥック・スクランブル 圧縮(2010年製作の映画)

3.0

ちと私にはハード過ぎましたな。今年はほとんどSFを観なかったので、来年はSFに楽しみを見出したい!

Scrapper(原題)(2023年製作の映画)

3.0

リアリティがあるのか無いのかよく分からん脚本だな。所詮は育児放棄した父親でしょ?不在の12年間の掘り下げが無かったので、誤解を生んでも仕方がないと思う。

しれっと絆を深めるよりも先にやるべきことは、
>>続きを読む

酔拳2(1994年製作の映画)

4.5

1よりも2が良い映画は、本物!というわけで酔拳2、名作認定です💮

酔えば酔うほど強いというクソバカ設定たのしすぎ。前作から15年くらい経ってるので、ジャッキーは普通にオジサンで、母さん方が若いという
>>続きを読む

市子(2023年製作の映画)

4.0

突然消えた人を探す系映画、飽きた…。みたいなとこありますね、正直。ひねりのある設定と(どうせ病気かなんかなんでしょと思っていたから)杉咲花の闇溢れすぎる演技に魅せられて、2時間余裕で過ぎたけど。

パラダイスの夕暮れ(1986年製作の映画)

3.5

これは…。フィンランドとソ連の歴史を知らないと真の面白さ、というかロマンチックさに気付けない気がする…?(知らなかったから、観終わったあとに調べた)

初めてのアキ・カウリスマキにおすすめされがちだけ
>>続きを読む

>|