Cさんの映画レビュー・感想・評価

C

C

映画(70)
ドラマ(1)

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.6

太宰治を通して、蜷川実花さんが表現したいものが無限に広がっていた

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.9

自分の生き方を見つけていくところはもちろん素敵だったし、頑張るっていいなって思った。

それと、あんなにきらきらしながら働けるのもすごく羨ましかった笑

オーケストラ!(2009年製作の映画)

3.7

最後の演奏シーン、オーケストラの真骨頂みたいなものが詰まっていて良かった…

私はチャイコフスキーが好きじゃないから普段あまり聴かないけど、この映画のヴァイオリン協奏曲は最高でした。

カクテル(1988年製作の映画)

3.6

人生お金じゃなくて愛だよね!みたいな映画
実際どうなのかはわからない

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

女の子振り向かせたいからバンド組んでかっこよくなる、だけの映画じゃない

恋愛、労働、親、兄弟、人間関係…
生きてく中で困難はたくさんあるけど、これが現実だから、前向きに生きていこう、みたいな感じ

ヴィオレッタ(2011年製作の映画)

3.6

公開した時観ようと思って観なかったやつ。
アナマリア・バルトロメイが可愛い、それだけ
あと、シド・ヴィシャスが出てくるのは驚いた

アメリ(2001年製作の映画)

3.7

意図的におしゃれに撮ろうとしても、こんなにおしゃれにはならないってくらい綺麗な映像だった
作戦が可愛かった

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.2

夢、恋、老い、信念 etc いろんな悩みに立ち向かう勇気をくれるような映画
頑張れなさそうなとき、落ち込んだとき、日曜の夜の憂鬱な時間、そんなときに観たら絶対に元気になれる!力が湧いてくる!

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.7

思っていた以上に自分が今欲していた映画だった、観て良かった。

「いつまでも同じ私でいたくなくて
生まれ変わりたかった」
っていう台詞が印象的だった。

全体的に映像が鮮やかで、無駄な音が何一つない、
>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

3.6

登場人物の中でちゃんと幸せな人が1人もいない気がする
色鮮やかで綺麗な映像

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.7

ばかだけど、熱くてロックで最高🤘
「目的は優勝じゃなく最高のステージだ」っていうセリフが良かった

パプリカ(2006年製作の映画)

3.9

SFが苦手な人でも観やすい。
パプリカみたいな女の子、良い。

ドンファン(1995年製作の映画)

3.9

ドンファンの愛の力は不滅!!!
ロマンス病がこの世界に蔓延したら、みんな幸せだなきっと。
ドンファン好き!

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

3.7

「憑依する」というか「憑依させる」。その為には色んな経験が必要で、芸術って痛い

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

3.0

登場人物の9割がぱりぴ。陰キャには観るのもきつい。

タイタニック(1997年製作の映画)

3.6

構成が良い。あと、フォーカスされる部分がジャックとローズに限っていないため、あらゆる視点で観ることができる。

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

2回目、MX4Dで観た〜!
魔法の絨毯乗れた🌟ダンスがかっこよすぎる

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.2

最初から最後までちゃんと見られたのは初めて。

くりすちぇんばーず、男前になったり、弱音吐いたり、良い

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.4

ダークファンタジーは初でした

暗すぎて体調が悪くなりましたが、
ギレルモ監督の知性を大いに感じることができる作品です

エコール(2004年製作の映画)

3.6

幼女(の足)の世界観
暗くて陰鬱で私好みでした
過剰な感じでした(語彙力)

ボディガード(1992年製作の映画)

3.8

ケヴィンコスナーかっこよすぎ…不器用なところも非常に萌えの塊だった

プロ意識高いなぁと思った

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.7

恋愛映画かと思ったら人生の教訓系映画でした!静かに物語が進んでいくのが心地よかった。
それとコーンウォールってすごく綺麗な場所、行きたいなって思った

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.7

面白いし気楽に観られるのにすごく大事なこと言ってた気がするなぁ🤔
ネガティブ・パワーは良くないよね〜!
ピートとノーマンが良い人でした。

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

3.7

思ったよりスリラー要素が多くて楽しかった
話の流れも良くて退屈しない
ろくろのシーンが名シーンだって言われるわけが
良くわかった

色々な作品のオマージュがありましたね
天使にラブソングを、シャイニン
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.0

可愛いとひかく可愛い
全世界が恋に落ちる
愛に満ちた映画、愛のかたまりみたいな映画
名作ってやっぱり名作なんだね

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.9

マブシィィィィィ🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️

みんなみんなハッピーエンドで見てるこっちまで幸せになれちゃう。素敵な映画です。

恋愛もコメディもどちらの要素も含んでいるから、気楽に見られるからオススメし
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

観てから1週間経っても興奮がさめない。観る前はどんなに良い内容でも泣くことはないだろうと思っていたのに、ライブエイドのシーンは号泣必至でした😭

とにかく最高。影響されてアディダスのスニーカー買った、
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

はちみつがカーペットにくっついちゃうところとかが可愛かった🐝

愛と法(2017年製作の映画)

3.8

法、裁判などの単語を聞くと実務的なことを考えがちになっていたけど、この映画を観て、その裏には人がいて感情があるということを感じた。

帝一の國(2017年製作の映画)

3.9

面白かった
世界観好き
光明いいね👍
帝一が菊馬にいじめられてた時のこと思い出させてやろうかって言った時、帝一がいつもここに置いてあるって答えるシーンが好き

>|