おばこもちさんの映画レビュー・感想・評価

おばこもち

おばこもち

映画(66)
ドラマ(17)

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.7

序盤からずーーーーっと不気味さが続く。ずっと気味悪くて、胸がザワザワする。所々に伏線が張り巡らされてて、回収する瞬間が最高にスッキリ。怖いだけじゃなく、差別問題とか、メッセージ性もある映画でした。

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.5

幼い頃から観てきた大好きな映画。大人になってから観てもワクワクが色褪せない名作。80年代って、ファッションだったり、町並みだったり、色使いが本当に素敵でかっこいい。タイムマシーンっていつの時代になって>>続きを読む

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.8

これはもう本当に、中村倫也様この世に存在してくれてありがとう…!な映画。好きな人には堪らないと思う。内容もしっかり面白い。
身体は1つだけど、曜日ごとに7つの人格があるのが面白い設定だと思いました。メ
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

3.5

ホラー系の映画は滅多に映画館で観ないけど(怖いから)、今回は友人に連れられ行きました!いうほどホラー感は少なかったです!ただ、音の臨場感が凄いのと強弱がうまく使われてて、何回も心臓飛び上がる思いでした>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.0

小説家を目指す無口な少年チャーリー、クレイジーだけど優しいパトリック、天真爛漫なサムが出会って、人生が輝き出す青春ストーリー。最初のパーティーでパトリックとサムが踊ってるシーンがとってもドキドキした。>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.8

以前一度観ようとして、すぐに止めてしまったけど、ちゃんと観ようと思って改めて鑑賞。結論から言うとなんでもっと早くみなかったんだ…ってくらい面白かった。まず第1話で不意にもウルッときてしまう。くだらない>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.0

冒頭の、いろいろな町並みが流れるシーンだけでもう観てよかったな、と満足できる。個人的にヨーロッパの建築や雰囲気が大好きなので、ドンピシャな作品。もし本当に、真夜中にタイムスリップして自分が尊敬する偉人>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.8

まず作中の音楽が本当に不気味。ワッとオバケが出るシーンとか、そんなホラー要素は全然ないのに音だけで心がザワザワしてくる。そしてジャックニコルソンの怪演が素晴らしい。ダニーは口数少ないけどすっごく頭よく>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.5

最後のせいちゃんの歌がすごく印象に残った。途中ツチダが痛々しすぎて見るのやめようかと思ったけど、最後まで観てよかった。
すごく好きだったって思った恋愛も、相手にとっては記憶に残らないものだったのが一番
>>続きを読む

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

3.8

ザック・エフロン最高。昔に戻れたらどうする?と自分も考えてしまう。個人的にネッドと校長のシーンが総じて大好きでした。時々見返したくなる作品!

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.9

開始早々、ピーターラビットの可愛さと憎たらしさに心を掴まれる!笑えるシーンが多くて、ウルッときたり、ハラハラしたり、最後まで飽きずに観れる。子供にも大人にもおすすめできる作品!

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.0

それぞれ個性のある姉妹がすごく愛おしかったし、何度か涙するシーンもあり、とても愛に溢れた作品だった。

絶対譲れないと思っていたものが何年か経って思うことが変わったり、絶対ありえないと思ってたことが何
>>続きを読む

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.8

人間と人工知能の男女の恋のお話。もしかしたら近い未来あり得るかもしれない世界。サマンサは最後まで声だけだったから、もし人間だったらどんな容姿の女性だろう、とか想像しながら観れて面白かった。ラストにかけ>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.7

主人公がとにかく痛い。痛すぎる。けど、イチカもニも純粋で真っ直ぐでそこがすごく魅力的なキャラクターだと思った。ちゃんとイチカのことをみてるし、もっと知りたい、って自分の気持ちにも素直に生きてるニが羨ま>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.8

やっぱり魔法って最高。ハリーポッターシリーズを観てたほうが作品にのめりこめるかも。ニュートがお世話してる魔法動物たちが愛おしすぎる。あとエズラ・ミラー美しすぎる。たまんない。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

まるで正反対の二人が、旅を通じて心を通わせていく話。笑えるシーンも多くて、すぐにストーリーにのめり込めた。個人的にはケンタッキーのところがとても好き。最後のトニーとドクのハグがんすごくグッときた。出会>>続きを読む

あなたの名前を呼べたなら(2018年製作の映画)

3.9

ゲオでジャケットに惹かれてレンタル。インド映画は初めてみたけど、ファッションとか色使いが新鮮ですごく素敵だった!階級社会とか、未亡人の差別みたいなものとか、今までふれる機会がなかったけど、これが現実に>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.5

最高にかっこいいはみ出し者たち。劇中の曲も素晴らしいし、登校のシーンで毎回すぐ影響受けたバンドの雰囲気になってるのが可愛かった(笑)コナーの兄貴もいい味出しててすごい好きなキャラでした。改めて、音楽も>>続きを読む

月極オトコトモダチ(2018年製作の映画)

3.6

ゆる〜く観れる作品。珠希ちゃんの歌声が最高に好き。男女の友情って永遠の議題だと思う。人それぞれ。

キングダム(2019年製作の映画)

3.8

面白かった。長澤まさみが圧倒的優勝でした。原作読んだことがないので、続編公開前に読んでみようと思います!

ハイスクール・ミュージカル(2006年製作の映画)

4.0

久しぶりに!この映画に出てくる音楽はいつ聴いても素晴らしい。やっぱり何回見ても最初のStart of Something New歌うシーンが最高。お互い戸惑いながらもだんだん自分を出していくふたりを見>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.9

ミルズがその後の人生で背負っていかなければいけないものが想像しただけでもあまりにも大きく辛すぎて、観終わったあとのモヤモヤ感、やり切れない気持ちがずっと残る。

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

3.7

ゴーストバスターズのイラストも、音楽も聴いたことあったのに映画は観たことなかったので鑑賞!映像とかCGが今と比べるとすごい昔っぽいな〜って感じるけど内容はとっても面白かった。閉じ込められてたときのゴー>>続きを読む

グッドモーニングショー(2016年製作の映画)

3.5

意外と後半はシリアスな雰囲気。でも全体的に笑えるシーンが多くてたのしめる作品でした。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.1

1と比べて、ヒィッって驚くシーンも
笑えるシーンも泣けるシーンも
盛りだくさんでさらに面白かった。
あとタイムリープしてる理由が
難しいけど分かってすっきり。

あとカーターは1も2も
永遠に緑のチェ
>>続きを読む

アメリカン・グラフィティ(1973年製作の映画)

4.0

ワーッと盛り上がるシーンはないけど、
なんとなく心にずっと残る、
きっとこの先何回も観たくなるような作品。

登場人物がそれぞれダサかったりするけど、
そこがまた人間らしくていいなあ。

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

4.0

怖い話…?と思いきや、
笑えるシーンが多くて、
と思ったらハラハラしたり
テンポよく観れる作品!

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

5.0

ここから雰囲気が変わる。
魔法のワクワクだったのが、
一気にシリアスな感じに。

セドリックの人柄も顔も
イケメンで自分もハッフルパフに
入寮したいキッカケになった作品。笑

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

5.0

ハリポタシリーズで1番好き!
みんなちょっと大人になってる。
あとルーピン先生に恋した作品。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

大爆笑しました!
埼玉が魅力的にみえてくるし、
埼玉ポーズ乱用したくなる(笑)

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

何回でも見返したいくらい
音楽と映像が素晴らしい。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

本当の悪は誰なのか。
ジョーカーが階段でダンスする
シーンがとても印象的。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.0

きっと誰でも経験したことがある、自分は何者なんだろう、と葛藤した時の記憶を思い出させてくれるような、儚い作品。

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼(2020年製作の映画)

3.5

成田凌は演技がすごい。。
白石麻衣は可愛いけど演技が…。
他の誰かでも良かったような。
内容はおもしろかったです!

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.5

トップオブクズ男の話。
けど、あんな男性がいたら
惹かれてしまう人も少なくなさそう。
ひたすら沢尻エリカが綺麗だった。

>|