iwyさんの映画レビュー・感想・評価

iwy

iwy

映画(95)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

洗骨(2018年製作の映画)

3.8

重いテーマの割に笑えるシーンが多かった。粟国島の景色と三線の音色だけでも観ていられる。「洗骨」という文化・風習を伝える為にも意味のある映画。洗骨シーンの緊張感はこの作品の醍醐味。

世界でいちばん長い写真(2018年製作の映画)

4.1

ノロブの成長に観てるこっちも元気貰えた。登場人物ひとりひとりのキャラが濃く見ていて飽きない。夏に観たくなる爽やかな映画。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.1

やさしい映画。登場人物がみんな優しい。オギーだけでなく「みんな闘っている」のが分かる構成で、強さがあるから優しいのだと思った。高評価に違わぬ面白さだったし多くの人におすすめしたい。

劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~(2019年製作の映画)

4.3

映画館で再上映してたので、公開当時に続き2回目の鑑賞。映画館で同じ映画を観たのは初めて。それくらい面白い作品。
TVシリーズで1クールできるくらいの内容だから最初から最後まで濃い。改めて画が綺麗で特に
>>続きを読む

プロメア(2019年製作の映画)

4.0

とにかく最初から最後まで熱かった。熱い展開に澤野弘之の音楽は否が応でも盛り上がる。松山ケンイチや堺雅人が声優ってどうなのかと思ったけどハマっていた。細かいこと抜きにして熱くなれる作品を観たいならおすす>>続きを読む

劇場版 境界の彼方 -I'LL BE HERE- 過去篇(2014年製作の映画)

3.6

テレビシリーズが好きだったけど結構内容忘れていて思い出すのにちょうど良かった。ただちょっと急ぎ足だったから、やっぱりテレビシリーズでガッツリ見たい。

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

3.8

5年ぶりの視聴だったけど結構忘れていて初見の気分で楽しめた。コメディだけど伏線回収の仕方や徐々に謎が解明されていくストーリーに引き込まれる。ムロツヨシが15年前からムロツヨシだった笑

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.7

シュールな笑いと美味しそうなご飯とフィンランドの綺麗な景色。

おいしい家族(2019年製作の映画)

3.6

予告編の雰囲気に惹かれて鑑賞。ゆるーく軽い気持ちで観れるけれど所々のセリフにメッセージ性を感じた。yonigeの主題歌がすごく合ってる。

劇場版 SHIROBAKO(2020年製作の映画)

4.1

あのムサニの面々を劇場版で見れるってだけで監督始めスタッフの方々には感謝しかない。

2時間という枠では4年の経過で色々あったキャラクターひとりひとりに割かれる時間はどうしても少なくなる。新キャラも思
>>続きを読む

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

4.0

キャラデザの違いもあるけど、あのテレビシリーズと同じ吹奏楽部かと疑いたくなるくらい淡く切ないイメージが強く残った。考察記事が多くあるように、全てのシーンに意味があると思わされるくらいセリフじゃなく表情>>続きを読む

LIFE!(2013年製作の映画)

3.8

世界を見ることで成長できることを身をもって教えてくれたウォルター。実際に見たり経験すると得られることがたくさんあるんだろうな。スケボーのシーンは爽快。
『そんなものは額に入れて飾っておけ』ってセリフが
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.3

相反する性格の2人が互いを理解していく話。ありがちな内容かと思ったけどコメディ要素あり、黒人差別などの社会性ありで観ていて飽きなかった。時代背景とアメリカの地域性をもっと知りたくなる。

とにかくラス
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

3.7

名作と言われているけど、自分にはそこまでハマらなかったかな。ただ、内容も音楽も温かみがあり、良い映画である事には間違いない。特に音楽は本当に良かった。

たくさん映画観てたくさん人生経験積んでからまた
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.6

『自分を大事にしてくれる人を手放しちゃいけない』歳を重ねるほど響いてきそうなセリフ。

幸夫が子供2人と関係を築いていく様が観てて微笑ましい。ただ、子供がいないのに子供の扱いが上手いのはちょっと違和感
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.0

普段こういうジャンルはあまり観ないけど、高評価と宮崎あおいにつられて観たらとてつもなかった。最初から最後までそこはかとない恐怖と緊張感が漂っていた。軽いジョギングのカロリー分くらい消費した気分。

>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.5

正直、濃い内容ではないし話が大きく動くこともなかった。だけど、茶道を通して生きていく上で大事にしなければいけない事を知ることができた作品。

掛け軸眺めてるだけで画になる樹木希林はやっぱり偉大。

モヒカン故郷に帰る(2016年製作の映画)

3.7

内容の割には重くなくコメディチックで良かった。笑えるシーンも多く、気張らずにゆる〜く観れた。ただちょっと冗長だったかな。島を舞台にした作品は良作が多い気がする。
もたいまさこと前田敦子の掛け合いが微笑
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

子供の教育っていうのは親にとっても何が正解か分からないんだな。人を人間性じゃなくて職業や住む地域・家、人種で見られるのは切ないね。

メアリー役の子が可愛いうえに上手すぎて演技してるのを忘れるレベル。
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.2

モータースポーツ好きとしては観なければと公開早々観てきた。好きとは言ってもこの時代は全然詳しくない。それでもめちゃくちゃ楽しめた。

まさに“手に汗握る”迫力の映画。デイトナのレースシーンなんかはオー
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

4.5

良い映画を観た。めっちゃ泣いた。

永瀬正敏と樹木希林の掛け合いが本当に自然で、ドキュメンタリーでも観ている様。ハンセン病について知るきっかけとしても意味のある映画。何より、タイトルにもなっている「あ
>>続きを読む

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

3.7

誰も傷つけない、全世代が楽しめるアニメ映画。年末にぴったりの大団円だった。

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

4.2

同じ監督の「わが母の記」が面白かったので観てみた。約2時間20分、すごく濃密、でもちょっと忙しなかった。

時代背景柄しょうがないかもしれないけど、セリフや内容が分からない所があってちょっとモヤモヤす
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

一見幸せそうに見える家族だけど内情はめちゃくちゃ。そんな歪んだ家族の様が凄くリアル。今の世の中こんな家族がいてもおかしくないと思わされる。

樹木希林や安藤サクラは言わずもがな素晴らしいんだけど、脇を
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.6

序盤の散歩のシーンでのんびりしてるなーと思ったけど、中盤以降は引き込まれていった。たらいと宇宙人の件はよく分かんなかったけど…

沖田監督×樹木希林をもっと観たかったなあ。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.9

家族の感動ものには弱い…
母親が唐突に乱心するとこはちょっと怖かった。
どの役もキャストに合っててハマり役。やっぱりオダギリジョーはダメな男がよく似合う。

カツベン!(2019年製作の映画)

4.1

活動弁士を知らなかったので、歴史を知ることができた意味でも面白かった!
成田凌が格好良かったし、何より活弁がめちゃくちゃ上手かった。黒島結菜は可愛くて和装がすごい似合ってた。

全年代が楽しめるだろう
>>続きを読む

>|