DAIRIKUさんの映画レビュー・感想・評価

DAIRIKU

DAIRIKU

花様年華(2000年製作の映画)

4.9

トニーレオンが着けてるネクタイ、
マギーチャンが着てるチャイナドレスが
変わることで日にちが変わっているのがわかるという不思議な演出。
服装を観察しながら時間の流れを感じる

窓越しや壁越し、何かの物
>>続きを読む

いますぐ抱きしめたい(1988年製作の映画)

3.6

やるせない気持ちになる、、


ウォンカーウァイのカット割はほんまに好き

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

3.8

オフィスの巨大セット
遠近法を使った技法はこの映画が初めらしい
奥の人たちは、子供にスーツを着させてたという話しも面白い

ジャックレモンの表情が良い!
あとこの時代のサラリーマンのスタイリングにも注
>>続きを読む

わんぱく戦争(1961年製作の映画)

4.2

隣の村の子供たちとボタンの取り合いをする戦争(喧嘩)
全裸で戦うシーンとか面白い

秘密基地を作ったり、なんか懐かしいな
いつの時代になっても子供はわんぱく

ザ・ビッグ・シェイブ(原題)(1968年製作の映画)

3.7

マーティンスコセッシの学生時代の作品

ポップスが流れ、若い男が血が出るまで髭を剃る映画

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

4.5

真上から撮るシーン、
そこからそのままズームアウトしたり
顔をドアップに撮ったり
ワンショットで部屋の移動のシーンを目線で撮ったり、
天井が映るくらい下で撮ったり
(市民ケーンぽさもあった)
最高かよ
>>続きを読む

パンチドランク・ラブ(2002年製作の映画)

3.8

逆光や色、光の入れ方がすごい
影絵を観てるような感覚もあって
迫ってくるような煽られる音楽と組み合わせていて面白い

アートラブコメディ映画!!!!

クラッシュ(2004年製作の映画)

4.3

世の中の色んな問題を浮き彫りにして、人と人が交通事故のように、ぶつかりあって壊れて、そして気付いていく

良い映画

マグノリアに近い感覚があった

ワンダラーズ(1979年製作の映画)

3.9

それぞれのチーム同士で連んで、喧嘩するみたいな話かなーと思ってたけど、

政治や人種問題を考えさせられるシーンが良かった。
回収できてないところも多い気がするけど、それもそれで良いかな
劇中流れる音楽
>>続きを読む

モスキート爆撃隊(1969年製作の映画)

4.0

633爆撃隊に並んで良作
STAR WARSが好きな方も是非

なによりデビッドマッカラムがかっこいい
大脱走の時も最高

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.8

地方出と都会人のコンプレックスが映画を作る力になったんだろうなとヒシヒシと伝わってくる。

面白いけど、ちょっと出来すぎかな!

すばらしき世界(2021年製作の映画)

5.0

こんな良い映画が日本にあるなんて、ほんとにありがとうございます。

エイトメン・アウト(1988年製作の映画)

3.7

フィールドオブドリームを観てから、ブラックソックス事件が気になって鑑賞。

アメリカ史として観ると面白い

メンフィス・ベル(1990年製作の映画)

3.7

みんなで任務を遂行し、生きるための執念

ただちょっとドラマチックすぎたかも

クルーレス(1995年製作の映画)

3.9

この時代いいなー
音楽もファッションも良い

映画ネタをところどころに挟む会話が面白い!!

ミツバチのささやき(1973年製作の映画)

3.7

天使のような姉妹が、良いものと悪いもの、生きることと死ぬことを、子供からの視点で考える。

ハルアシュビーの映画観てるみたいだった

633爆撃隊(1964年製作の映画)

4.8

公開当時、父さんが子供の頃におじいちゃんに連れられて映画館で観た映画だって聞いて観ました。 
世代を超えて、今こうやって映画を観てる。
そんな思いもあって良い映画。
映画の内容もそうだけど、無理な事は
>>続きを読む

ウェインズ・ワールド(1992年製作の映画)

4.3

マイクマイヤーズがエクセレント

スポンサーのシーン
T2のパロディ

とにかく好きが詰まってる映画でした!

夏、至るころ(2020年製作の映画)

3.6

商店街や制服の着方、自転車の鍵の音が懐かしい気持ちになった。

夏を感じる青春映画のように見えて、テーマは生きるとは?死ぬとは?幸せとは?みたいな哲学的で考えさせられる
監督はフランス映画が好きなのか
>>続きを読む

8 1/2(1963年製作の映画)

4.7

これが観たくて今日はフェデリコ監督3本立てオールナイト上映を観た。

映画監督が主人公で、制作途中の映画を迷いに迷い、迷い、迷い、携わる人たちに迷惑を掛けても内容を決めれず、監督が下した最後の決断が!
>>続きを読む

フェリーニのアマルコルド(1974年製作の映画)

3.8

子供たちの青春劇が良い

フェデリコ監督の、女性の趣向がよくわかる映画。
ていうか、女性の撮り方上手い

スタジオを作ったからかな、演劇ぽさがある。同じ場所のシーンがあるから

ボイス・オブ・ムーン(1990年製作の映画)

3.6

現実と空想という概念がないかのように、二つの世界観を一つにした映画って感じ
不自然さはあるけど、途中からその頭になる

オースティン・パワーズ:デラックス(1999年製作の映画)

3.7

へザーグラハムが可愛いんだよ、、

華麗なる賭けのチェスシーンをオマージュするのは渋いな〜

ポンヌフの恋人(1991年製作の映画)

3.9

花火のシーンがロマンチック


パリのイメージ変わったなー

大人は判ってくれない(1959年製作の映画)

3.9

子供が大人のように見えるシーンが、違和感なくあって良い

邦題のせいで、大人と子供っていうのを意識しちゃうので、考えずに観た方がいい気がする

観ててトレインスポッティング思い出した

あこがれ(1958年製作の映画)

4.0

子供の頃に抱いた気持ちわかるなー



子供たちとの撮影が楽しそう

オースティン・パワーズ(1997年製作の映画)

4.0

バカで最高だな
パロディ満載、ファッションも良い

主人公とボス役を一人二役で演じてるところが、キューブリック監督SFコメディ映画"Dr.strangelove"のピーターセラーズの役に似ている。
>>続きを読む

夜の大捜査線(1967年製作の映画)

4.5

ミシシッピ州、南部の白人警察官が殺人の容疑で黒人を誤認逮捕した。その黒人は北部のベテラン刑事。

誤ったにも関わらず"謝らない"警察官。

シドニーポワチエ演じるベテラン刑事が完璧までの洞察力で殺人の
>>続きを読む

>|