DAIRIKUさんの映画レビュー・感想・評価

DAIRIKU

DAIRIKU

映画(654)
ドラマ(25)

静かなる決闘(1949年製作の映画)

4.3

他人のせいで蝕まれた自分が、責任とプライドで不幸になりつつも自分を持ち貫き通す姿に感動

しっかり希望の持てる映画で良かった!

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.9

ありがとう!!素晴らしい!!
こんな素晴らしい映画あったとは!!
早く観れば良かった!!
こういう偉人たくさんでるタイムスリップ物大好き!!!!

生きものの記録(1955年製作の映画)

4.0

色んな問題定義を突きつけられる映画。

ラストシーンで、不安にさせるような
奇妙な音とジャズの要素を混ぜた音楽が
余計に考えさせられる。

観た後は、ずっと水爆や家族関係を考えてしまう

第七天国(1927年製作の映画)

5.0

こんな優しくなれる映画ってあるんだな〜

サイレント映画って仕草が可愛いから好き

文字を大文字にしたり、文字を大きくしたり工夫してる部分が堪らなく良い。

無音になるところは一気に緊張感漂い引き込ま
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.8

名刺交換シーンで、フォントとホワイトの絶妙なカラーリング、デザインついでに役職を自慢するところ好き。

冒頭の5.10分は主人公がどういう性格で社会的立ち位置を示すシーンがわかりやすすぎて好き。
部屋
>>続きを読む

戦艦ポチョムキン(1925年製作の映画)

4.0

ほぼ100年前の映画やのに、興味深く観れた。
1世紀経っても色褪せない映画って凄すぎる。

わが青春に悔なし(1946年製作の映画)

3.8

"かえりみて悔いのない生活"

戦前、戦後の日本で
どう考えてどう生きて行くか
いつの時代も自由のために戦う
訴えかけた映画。

バニシング・ポイント(1971年製作の映画)

4.7

アメリカに存在する自由とは何なのか。
最初と最後のシーンの構成に驚いた
名作やった、、

虎の尾を踏む男達(1945年製作の映画)

3.6

歌舞伎と映画の調和

弁慶の人間味

小学生の時に観た大河ドラマの義経が頭に残ってたから、ちゃんと観れた

酔いどれ天使(1948年製作の映画)

4.9

この時代に、あのシーンを作れたのは凄すぎる。

言いたいことが溢れ出たんだろうな〜

大統領の執事の涙(2013年製作の映画)

4.0

アイゼンハワー政権からレーガン政権まで実際にホワイトハウスで大統領の執事をしていた人の話。

映画フォレストガンプには描かれなかった(わざと描いていなかったのか?)
激怒の60.70年代アメリカはこう
>>続きを読む

羅生門(1950年製作の映画)

3.7

人間の感情がドッと出てる感じ

気迫のあるシーンが多く、心がうごく

情景描写がいい。

大雨の音、服の揺れ、したたる汗、叫び声、泣き喚く声

悪い奴ほどよく眠る(1960年製作の映画)

5.0

一転二転三転する復讐劇の映画かと思えば、そうじゃない

アメリカンニューシネマ以前に日本でこんな映画が創られていたって考えると感動すら覚える。こんなのありなのか!!!

人の上に立つ人間は末恐ろしい。
>>続きを読む

白痴(1951年製作の映画)

3.5

文学を映像で観ているような

幻想的で狂気を感じる撮り方が印象的

天国と地獄(1963年製作の映画)

5.0

いい映画は、その先に作られる映画の下敷きになり永遠に語り継がれる。

近年の映画で、これを元というより影響受けまくってるんじゃないか??

素晴らしい映画でした

ブルックリンの片隅で(2017年製作の映画)

4.8

主人公の心情が繊細に映し出してるのが良い。
時間がゆっくり流れる描写の中で、
自分がゲイであることを認めたくないし
相談できる親や友人がいなくて、
一人でゆっくりゆっくり探り探り

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.4

伏線ありすぎて、頭の中でストーリーとストーリー繋げて繋がった時、うわ!ってなったやん、、
主人公の友人もブレインストーミングしてた様に!!

ホラー久しぶりに観たけど、夜に観なくて良かった、、

ラッキー(2017年製作の映画)

3.8

変わらない日常の中で急に倒れ、自分の死について考えるようになる。
気立って、街に住む友人たちと言い合いになったり自分の考えを露わにする頑固な爺さん。
戦争体験、宗教、弁護士、100年生きる亀やサボテン
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.7

グリーンが綺麗。
というか、この時代背景にこの設定は新鮮

この時代の社会問題とリンクしてるのが凄い

何より、終始絵が綺麗
あ、フランス映画の雰囲気ある

野良犬(1949年製作の映画)

4.7

若者刑事が所持していたコルト銃がスリに合い、その盗まれたコルトで次々と事件が起きていく。
一緒に犯人を追っていたベテラン刑事にも危害が加わってしまい、自分がうっかりしなければ防げた事件だったと若者刑事
>>続きを読む

さすらい(1975年製作の映画)

4.8

裸でオーバーオールを着て映写機を修理しながら車で各地の映画館を転々とする男と妻に振られた反動により猛スピードに走らせたワーゲン車で川に突っ込んだ男の
ロードムービー。

白黒映画でこんなにも風景が綺麗
>>続きを読む

レイジング・ブル(1980年製作の映画)

3.4

ボクシング映画ってなると
マーロンブランドの"波止場"に
影響受けた映画多いんやなって。

ヨハネの福音書 で締めくくり、
説得力が増す。

インヒアレント・ヴァイス(2014年製作の映画)

3.4

まるでサイケデリックな構成
多分、わざと難しく作ってるのでは?

ホアキンフェニックスの服装がいい
ファティーグjktにハンド刺繍の入ったウエスタンシャツ。まさに

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

4.9

大人に権利を委ねられた時代。

12人の陪審員が会議室で一人の少年の死刑判決の有無について話し合う。
大人12人がいれば、そりゃ子供みたいなやつ偏見があるやつがいるが、裁判に対して疑問を持つ主人公。
>>続きを読む

レインメーカー(1997年製作の映画)

4.8

初めて法廷に出る若手弁護士が
大手保険会社が莫大な金と権力で雇った弁護士と対決する映画。

シリアスな部分にリズミカルな音楽を入れたりと、難しい内容だけど観やすく作られているのが良い!!

弁護士とい
>>続きを読む

ビバリーヒルズ・コップ3(1994年製作の映画)

3.4

敵、撃ち方下手すぎやねん笑

ユニバハリウッドでのロケ場所行ったことあるからテンションあがった!

エデンの東(1954年製作の映画)

4.0

撮影技法が良い
構図もめっちゃ好き

良い時代やな〜

ジェームズディーンのいいところって、眉間にシワを寄せて上目使いする可愛さに心を打たれるなー
子犬みたい!

ドク・ハリウッド(1991年製作の映画)

3.3

都会に疲れた方とマイケルJフォックスが好きな方は是非

ラスト・ショー(1971年製作の映画)

3.6

71年、ヒッピーカルチャーが盛んだった頃に作られた映画。

50年代は性的な描写を描いたり若者が第一線に立つ映画が作れなかった時代の中、70年代になってから50年代の青春映画を色んな描写で描いてるのは
>>続きを読む

>|