DAIRIKUさんの映画レビュー・感想・評価

DAIRIKU

DAIRIKU

マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説(2021年製作の映画)

4.8

過去のファッションと現代のファッションを繋げて、ちゃんと未来に向けてる内容なのが素晴らしい

グッド・ヴァイブレーションズ(2012年製作の映画)

4.8

めっちゃ良い映画だった

初めて知るバンドも多くて勉強になったのもあるけど、ベルファストの問題と合わして話が進んでいるのが、心にずしんとくる

青春を感じるレコーディングシーンは、グッとしました。

マッドマックス2(1981年製作の映画)

4.0

用心棒にかなり影響されてると思う

アクション特有のツッコミどころはあるけど
めっちゃ面白かった!

マッドマックス(1979年製作の映画)

3.9

色んな映画思い出した

特に西部劇とか

面白かった〜

女は女である(1961年製作の映画)

4.5

新文芸坐にて

ベルモンドの
「勝手にしやがれを観たいんだ」
というセリフめっちゃ好き

小ネタをたくさん入れて、軽快なコメディ好き

女と男のいる舗道(1962年製作の映画)

4.0

新文芸坐にて鑑賞

こんな映画観てしまうと、そりゃあ度肝抜かれるよ。凄いよ

アメリカンニューシネマの系譜を感じました

ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド(2020年製作の映画)

3.7

特にホワイトアルバムがより一層好きになった

贅沢言うなら、曲流れて欲しかったけど
監督個人の話しで、その理由がわかる気がする

映画館を出てビートルズを聴いたらいいんだから

大きな鳥と小さな鳥(1966年製作の映画)

3.9

カラスどうやって撮影したんやろ

異色なロードムービー
好きなシーン多かった

黒い牡牛(1956年製作の映画)

4.0

おとぎ話のような映画だった

主人公の男の子をずっと応援したくなる

メキシコの街並みも観れる

アウェイデイズ(2009年製作の映画)

3.7

カジュアルズのファッションを知るには、興味深い映画

泣きぬれた天使(1942年製作の映画)

3.9

多分、近くにいる事を知ってたようにも取れるけど、あまりにも純粋やから気づいてない感じもする

純粋な気持ちに圧倒される

>|