斉藤秀斗さんの映画レビュー・感想・評価

斉藤秀斗

斉藤秀斗

映画(34)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

誰も助からないのがわかっているからはらはらしても安心という珍しいパターン。ラストのダースベイダー登場にはかなりテンションが上がる。

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.8

一コマ、一コマはいいが、全体のストーリーとしてはうーんとしか言えない。山場もなかったし。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最後まで見て「ワールド」の意味を理解。次作に期待が高まる。、

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.5

人が死ぬシーンでここまで笑える映画がかつてあっただろうか……。不謹慎だけどどうしようもない。笑

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.8

ここまで多くの主人公級のキャラクターをだして、その全てに見せ場を与えて、なおかつストーリーとしてもまとまりがある。まさにこれこそ「日本よこれが映画だ」といえる映画……!

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

笑ってワクワクして感動できる素晴らしい作品。見たあとソッコーでCD借りた笑

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

インフィニィテイstone出てこなかった……。絶対あの薬草怪しいと思ったのに。

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.5

クスクスと笑えてほっこりする一作。あの飛び出す絵本が欲しい。笑

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

ラストのルーク・スカイウォーカーとカイロ・レンの決闘が最高。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ラストの対称が素敵。作り物の雪とオリジナリティーの人間、本物の雪と作り物の人間。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

青春ドラマを見た後の何とも言えない甘酸っぱさが残る一作。マーベルの新境地!

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.0

唐突に出る黒幕には???。美女のアクションに見とれる。

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.0

豪華すぎる俳優人。その演技力だけでも十分に見る価値あり。結末を知ってから見ると見方が変わる。

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.5

一難去ってまた一難!最後までドキドキさせられっぱなし!

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

最高にテンションが上がる一作。人間ジュークボックスも健在。笑
ただFBI捜査官の吹き替えが残念。

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

2.5

透明人間と盲目の少女という組み合わせは新鮮に感じた。美しい映画だった。