ドリオさんの映画レビュー・感想・評価

ドリオ

ドリオ

映画(186)
ドラマ(0)

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

-

まだ観ていないけど、この監督の作品って作品のあらすじだけ見る(読む)と地味そうだとか難しそうなイメージだったりとかする事があるけど、観てみたら凄く面白い作品ばかり。
マグノリア、パンチドランクラブ、ゼ
>>続きを読む

アメリカン・ヒーロー(2015年製作の映画)

-

序盤で鑑賞リタイアしました。
ドキュメンタリー風の作りなのですが、そういうの求めていなかったし、主人公のだらしなさは初めの10分くらいでわかるのでダラダラと見せなくていいのではないだろうか?
もう少し
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

-

36分50秒あたりに飾られた写真の左隅に中村達也らしき写真が忍んでいた。

水崎綾女さんは艶のある女性だとおもいました。
顔を触られているときの表情が、エロいシーンではないけどセクシーに見えました。
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.3

最近の黒沢清監督は車移動シーンはチープにするのが流行りなのか?
クリーピーのときも四人で車移動するシーンが独特のチープ演出だったし、今回の二人が丘まで行く車移動のシーンもチープ演出だった。

内容はな
>>続きを読む

WE ARE X(2016年製作の映画)

3.2

ほぼYOSHIKIの波乱万丈の人生のドキュメンタリー。
そこに少しToshI、hide、TAIJI、の話が挿入される。
当時は今ほどインターネットが発達していなかったので知らなかった情報などもあり、恐
>>続きを読む

フォービドゥン/呪縛館(2016年製作の映画)

2.0

パッケージとタイトルからして地雷臭プンプンだったのになぜ借りたかって?
ケイト・ベッキンセールが出てるからですよ!
しかしやはり地雷は地雷でした。

何か話はダラダラしてるし、エロも無いし、グロも無い
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

本当にドゥニさんは凄い監督っす。
どんなジャンルでも監督独特の雰囲気を作り出してしかもどの映画も面白い。
自分らしさを追求して観客を置いてけぼりにする監督は多数いますが、自分らしさを出して更に観客を楽
>>続きを読む

唾と蜜(2017年製作の映画)

-

インディーズのときのDIR EN GREYにそんな名前の曲があった気がする

世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方(2014年製作の映画)

2.0

クアッチが可愛いだけの映画。
自分はなにが良いのか全くわかりませんでした。
子供が出ていてそれなりの理由があっていたずらして、目的達成できたらなんでも可愛いですまされるのだろうか?
私はあまり可愛いと
>>続きを読む

プラネタリウム(2016年製作の映画)

1.5

ナタリー・ポートマンの老化とリリーローズの眉毛と白目が気になるだけの映画。
エル・ファニング、アナ・デ・アルマススなどが好きなので、この作品の主人公二人は個人的に花が感じられませんでした。
特にリリー
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

音楽がいい!
最初のジョンスペのベルボトムスが流れたときに展開は予想できたけどいい!
話のテンポも良い具合に進んで凄く観やすい。
銃撃戦も妙にリズミカル!
ヒロイン役のリリージェームスを観て可愛いなぁ
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.0

・へたれなライアンゴズリング初めて観た。
・ラッセルクロウってこんなに太ったんだ。
・ホーリー可愛い
・期待してたほどの笑いはない

植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2016年製作の映画)

2.9

これを観た40代の上司がキュンキュンしたという前情報ありきで観たので笑えました。
あと予告編を観たとき男の方は人間ではない何かと思っていたら普通に人間で、自分の頭がお花畑だったと気付かされました。
>>続きを読む

プラネット・テラー in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.8

前に観た。
若干粗い映像とゾンビと銃撃ドンパチで良い配分でごちゃ混ぜ感があり楽しめます。
監督のセンスと勢いで突っ切ったような映画。

ナチョ・リブレ 覆面の神様(2006年製作の映画)

3.5

小難しい話よりシンプルなのを観たいときにオススメ。
ジャックブラックの映画にしてはテンポが少し悪い気がしました。
しかし、シスター役の女優が超可愛いので飽きる事はなかったです。
最後はハッピーエンドな
>>続きを読む

DISTANCE/ディスタンス(2001年製作の映画)

4.0

高校生のときこの作品に衝撃を受けました。
演出も凄いですが、作中のセリフも自分の知り合いの宗教にのめり込んだ人の言葉ににていた。

トリック・ベイビー(1999年製作の映画)

-

昔みたけどヴィンセントギャロはなんでこの作品に出たのか謎でした。

ゾディアック(2006年製作の映画)

-

昔観た。
ドノバンの曲が使われていて気になって調べたらバックのバンドはほぼツェッペリンだった。
良い曲使うわフィンチャー。

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

3.0

途中寝たけど最後は「何やそれ!」って感じで何とも言えない作品でした?

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.4

音楽は相変わらず良かった。
でも内容事態はまぁまぁと感じた。
自分がもう、こういう作品にときめかないと知った。

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.5

終盤まで心理的なおぞましさのホラーと思って観ていて、本当に宗教ってくだらねぇなぁと思っていたら、まさかの展開でした。

母親がババア過ぎるのに赤ちゃんがいると考えると1~2年前のこのババアを抱いている
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを2(1993年製作の映画)

3.4

イヤァ!スッキリ爽快な話で良いですね!
ベタな展開ですが、若い頃の可愛いローリン・ヒルやジェニファー・ラブ・ヒューイットなどが観れて最高!
バッドエンドに疲れた人やウジウジしててスッキリしたい人にオス
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

2.5

実話なのは予告編観てるからわかってる。
この段階で二通りに別れると思う。
 この数奇な人生は実話なんですよ!というだけで映画的に力を入れない、物凄い事は話を最後まで観ればわかりますよぉ。と観客を舐めて
>>続きを読む

ライフ・アクアティック(2005年製作の映画)

4.2

ウェス・アンダーソン最高。
これだけ濃いメンツを集めてもウェスアンダーソン映画にできるのは凄い。
笑って泣けてワクワクさせて心に響く映画を撮れる人は中々いない。

あと、こんなに可愛いウィレムデフォー
>>続きを読む

緑色音楽(2017年製作の映画)

3.0

ジャージスーパーバイザーかせきさいだぁにツッコミ入れたくなる。

オダギリジョーは相変わらず色気がありますなぁ。
あんな艶のある俳優さんは中々いないっすわ。

ソラリス(2002年製作の映画)

3.7

タルコフスキー版長そう見てない。
ソダーバーグ版99分短い、見易そう、観た。
SF、サスペンス、ホラー、ラブストーリー色々な要素あって楽しめる。でも騒々しくない。

タルコフスキー版も気になった。

セレステ∞ジェシー(2012年製作の映画)

3.0

母性的な何かをかんじたような…
何よ!あの女!あの子(男)のことは私が一番知ってるのよ!的な。
男は男で母性を求めていたような。
カップルを通して親離れ子離れをみたような。
でも、何か最後のほうはちょ
>>続きを読む

ナポレオン・ダイナマイト/バス男(2004年製作の映画)

4.3

日本ではバス男のタイトルで発売されていた隠れた名作。
今は原題のナポレオンダイナマイトに戻っているとか。
何にせよ、この作品は名作なのであります。
騙されたと思って観てみる価値はあります。

タイトル
>>続きを読む

グリーンルーム(2015年製作の映画)

2.9

途中寝たので話が良くわからないが、観客を引き付ける魅力はあまり無い作品のような気がする。

>|