ゆめさんの映画レビュー・感想・評価

ゆめ

ゆめ

洋画みがち。美少年に左右されがち。

映画(362)
ドラマ(7)

ベルリン・天使の詩(1987年製作の映画)

3.6



天使が点在する図書館
思考を覗く感じ
ライブハウス

私も落ち込んだ時はイケオジ天使に肩にそっと手を置かれたい👼

演出、画、雰囲気は好きだったけど
詩的すぎてねむみ。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.5

マクドナルドの好感度はだだ下がりだけどハンバーガー食べたくなる。

双子はどんまい。
でも成功するのはこういう人だよね。

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.8

The clashの同じTシャツ持ってるぅ

ジョセフとクロエみたさ

ま、酷い過去も今があると思えば良い経験だったということで。

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

3.9

ご都合主義は一切なし

隣人はもちろん
主人公含め、
モブの陪審員も
みんなが狂気じみてる
ようにみえる

ミュージカルとしては◎
映像としてもかなり◎

ショート・ターム(2013年製作の映画)

4.0

誰から産まれたかじゃなく
誰と出会ったか

彼がくっそええやつ


テーマが重いけどちゃんと希望がある
手持ちで撮ったようなブレのある撮り方よかった
涙がきれい

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

3.8

トムがイケメンすぎて…


勝手に脳筋アクション映画だと思ってたら
かなり頭使う系スパイ映画だった

処刑人(1999年製作の映画)

3.8

厨二設定、厨二展開さいこー
そしてイケメンをありがとう

ミルク(2008年製作の映画)

3.5

日本は🏳️‍🌈ブームにのっかってるだけ、って感じだから実生活での実感も特にない。
向こうの人は勝ち取ったものだから強いな。
ていうか
みんなかわいい。エミールかわいい。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

ミュージカルみた!って感じ

歌◎テンポ◎見せ方◎キャラ◎

ストーリーが少し弱い気がしたけど
実在の人物と知って
かなりうまくまとめたなすげーってなりましたまる

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

途中までほんとにサイコーだった🕶◎◎◎

詰め込みすぎて霧散した感じ…
オチが好みじゃないだけかも。

Babyって呼び名いいな。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

イケメン、スーツ、改造車
様式美は完璧。ジャングルでもスーツ。

コリンファースがもっとかっこええの期待してた、しすぎた。

続編決定してんのか。
キャストどうすんや〜!

ジャッキー・ブラウン(1997年製作の映画)

3.7

帽子がかわいー

大人なメロドラ

みんなまじ突然撃つけどいつものエグさはなかった。
(脚フェチはちゃんとあった。)
タランティーノ作品そろそろ全部見終わるわ。かなしー。

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

4.1

長さは全く感じなかった
タランティーノやっぱ好きー!

でも適度なグロを求めてみるもんじゃなかった!ラスト悶えたー!

ブラピめっちゃよかったー!
次作ちょうたのしみー!

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.7

なにを見せられたんだ。

コメディじゃなかった愛だった。

ダニエルくんのケツ毛。

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

3.7

インテリアがおしゃ〜

兄ちゃんまじでええやつ。

大事にしてるから大事にされるんですね

アスペバッヂとドラム缶の宇宙船欲しい。

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

4.0

ちょいちょいやってるウィンクすてきだ

レイヨンもロンもかわいい

蛾のシーン無理すぎて
ぶっ倒れるかと思ったわ

“人生を楽しめよ、一度きりだ”

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に(1997年製作の映画)

3.7

高2でみたときはくそくそおもんなかった
大人になってみると割と突き刺さる

なぜ、どうしてそうするのか
他人の為なのか自分の為なのか
何のために生きているのか
14歳に考えさせるのは過酷。

ミサトさ
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

3.9

定期見直し

何回みてもヤシマ作戦わくわくする

こうやってみると
初期のレイ、破とキャラが違う

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

4.0

定期見直し

破はアスカもシンジも笑ってるし
みんなイキイキしてて楽しいんだよなー

そしてラストのミサトさんのセリフで泣く

>|