tukahonさんの映画レビュー・感想・評価

tukahon

tukahon

映画(206)
ドラマ(0)

さらば映画の友よ インディアンサマー(1979年製作の映画)

3.0

冒頭からこれはいいぞ、と確信しながら見てたが、個人的にあまり好きではない湿っぽい展開に流れていき残念。
“サブカルかぶれのめんどくさい人あるある”みたいなキャラづくりは90年代以降を先取りしていて、(
>>続きを読む

脅迫(おどし)(1966年製作の映画)

3.0

三国連太郎が終盤にみせるとち狂ったような踏ん張り方が面白かった。“そこでかよ(遅いだろ! )”と思いながら見た。赤ちゃんも名演。

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.0

最後のあたり、時系列変じゃなかったですか。
全体、さすがはヴァーホーヴェンな突き放し方だった。

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.0

前作前前作をいっしょに、人物相関を整理しながら観たいと感じた

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.0

身体を当人の意識ごと乗っ取るなら、「家族」「仕事」といった地球人周知の概念をわざわざ他人から抜き取る必要はないのでは? などと細かいところが気になり物語にあまり入り込めなかった…

レッドタートル ある島の物語(2016年製作の映画)

3.0

岸辺のふたり、もそうだったが胸がぎゅっと締め付けられる感じの悲しさがある。

荒野のガンマン(1961年製作の映画)

3.0

登場人物それぞれが抱える闇と、気まずい道中。絶えずモヤモヤさせる居心地の悪いシチュエーションづくりがペキンパー印なのだなあと、個人的には感じながらみた。
あまり山場といえるところはなくダラダラと話がす
>>続きを読む

駅馬車(1939年製作の映画)

4.0

襲撃シーンのアクションを大スクリーンでみれてよかった。復讐劇だし、インディアンへの差別的な表現も出てくるが、全体、弱者(というか社会のつまはじき者)への暖かいまなざしがあり、大らかなユーモアに包み込ま>>続きを読む

未来よ こんにちは(2016年製作の映画)

3.0

可もなく不可もなく。グッバイファーストラブに比べて、(監督の特徴だと思った)演出の繊細さを感じるとこあまりなかった。

>|