たまこさんの映画レビュー・感想・評価

たまこ

たまこ

映画(63)
ドラマ(0)
アニメ(0)

死霊館 エンフィールド事件(2016年製作の映画)

1.5

あいかわず面白いシリーズホラー。でも今回はあんまり面白くなかったなぁ、、琢沙悪魔と対面!みたいなアクションが欲しいな。
にしてもあの女はなぜ少年を呪ったのかな?

HOT SUMMER NIGHTS ホット・サマー・ナイツ(2017年製作の映画)

-

うーん。ティモテが出るから観たよ。
ドラックとか麻薬は恐ろしいよね、という感想しかなかった(笑)

ムーンライト・シャドウ(2021年製作の映画)

-

わたしがこれを見るのは氷魚くんのためです。

小説読んで頭の中で作ってしまう方がもっと綺麗だと思うよ。本の映画による再現は人の脳内の想像力には勝てないのよね。

1.5倍速で観ても時間の無駄映画www

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.2

面白かった〜

マシロとななみのキスシーンかわいらしかったね〜!

テンポが良くて笑ってしまう。カットが多いのかな?
綾野剛の意味わからん商売がウケる。

意外とよかった映画。

ジョーンの秘密(2018年製作の映画)

3.6

面白かった!

正義とは?観客に問う映画。


身体と精神の話にならないかな。
国を背くことが罪になるが、世界規模で見ると罪ではなかったと思う。
ていうか、人を殺す道具の競争をしていた、いや今も変わら
>>続きを読む

ココ・アヴァン・シャネル(2009年製作の映画)

-

え。映画として大丈夫?
アメリの女優さんが出てる映画は悉く外すんだけど💢

彼女がどうやって帽子屋さんから服を作るようになったか、は端折られていて、わからない。
全体的に雑な映画

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

3.3

めちゃくちゃ引き込まれた。
とにかく不気味でなにがどうなってるのか、わからなかなってゆく物語。
解説を見たからもう一度観たい

あまくない砂糖の話(2015年製作の映画)

-

題名の「あまくない」は、世の中そんなに「甘くない」という意味のあまくないでした(笑)

なかやまきんに君がお勧めしてたので鑑賞。
もしかしたら、私たちが気にすべき食事って、カロリーではなく砂糖の含有量
>>続きを読む

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

おい。ワクチン接種2回目の夜に観らものではない。
激鬱。
LSDの恐ろしさと集団の残酷さ。
怖かった、ひたすら。

キマッた集団でルーに自殺を促すシーンとかもう恐ろしい。唯一キマってないルーがそれに従
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

2.6

悪人が一人も出てこない映画です。
もうこの一言に尽きる。

最後のシーンなんだけど、実際にジョーがフレデリックと結婚したかはわからないよね。だって、出版社の人も話すシーンでは平然と「結婚しない」と断言
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

5.0

おーい!好きすぎる!!!
まず歌が良い。ダンス覚えて披露したい(笑)
登場人物全員を憎めない映画って珍しいと思う。特に写真家の子が好きだったなあ

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.0

いや〜よかったよかった。
ブルーバレンタインみたいに🫐ボコボコにまで揺さぶられるような映画ではなかったけど、よかった。

絹の麦に対する歩み寄り方がとても優しくてわたしには到底できないな。喧嘩した相手
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

-

面白くなかった。
やっぱりウディアレンはわたしには合わない。(笑)
でもティモシー大好き

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

1.9

結構難しい映画かも。

「崩壊」っていわば「展開」と似ているよね。展開するために崩壊させる。みたいな。展開図も建物の崩壊ありきだし。

妻への愛とは?
妻の存在の崩壊によって、彼の気持ちを展開せざるを
>>続きを読む

最高に素晴らしいこと(2020年製作の映画)

1.7

希望のあるエンドだったけど、なぜ彼が死を選んだか、何を恐れていたのか分からなくてモヤモヤしたまま終わってしまった。。と書きながら、ふと彼自身もわからなかったんだろうと気づいた。言語化できない自分の辛さ>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

1.4

気になる人から勧められた映画。

いつも完璧に変わってしまう恋人。
何を愛しているか、そして周りの目に悩むパートナー。
付き合う人がコロコロ変わる人って陰口叩かれるなってしんどいよなぁ。。愛している人
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.0

母と娘の物語。

わたし自身高校時代、誰もわかってくれないずっとひとりぼっち。って孤独を感じてた。止められない感情とか何者かになりたくて色んな人と連んでみたりだとか。
その中で唯一どんなわたしも見てく
>>続きを読む

ロマンスドール(2019年製作の映画)

2.5

出来すぎた嫁か。


うーん。。あまり好きではない映画だったなぁ。
でも「理想の奥さん」って言わばラブドールみたいに全てを受け入れるような人間ってことなのかな。

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.1

面白かったー!

エニグマの解読のストーリーも同性愛者へのホルモン投与も実際に過去にあったのか。。

チューリングは最後まで国家の戦争勝利のために闘ったんだな。誰にも話せない秘密をずっと守って、自分が
>>続きを読む

ミス・アメリカーナ(2020年製作の映画)

-

点数はつけられない。良すぎて。


テイラーへ
ごめんなさい、私は貴方のことを誤解していました。メディアの「テイラー」を鵜呑みにしてました。
貴方はスクールカースト上位のなんでも手に入れてる女の子だと
>>続きを読む

インシディアス 最後の鍵(2018年製作の映画)

-

ホラー映画はもともと好きなんだけど、こんなにワクワクして怖い映画は久しぶりに見た。まさか、自分が幼い時に見た幽霊が生きてた「人」だったなんてね。

ファンタジーだけど、少し悲しくなる映画だなぁ。虐待と
>>続きを読む

インシディアス(2010年製作の映画)

2.1

面白かったー!

霊界の描き方とか悪魔の少しふざけた感じとか面白かった(笑)
変な機械が出てくるところとか少しコメディ要素?もあって好きだった。

幽体離脱したくて昔からよく練習してたなぁ。爆睡してい
>>続きを読む

ステップフォード・ワイフ(2004年製作の映画)

2.8

面白かった〜!

女性が奴隷化=ロボット化することが幸せだと謳うステップフォードという桃源郷での話。

まず、黒人もいないアジア人もいない時点でおかしいよねこのステップフォード。

才女の妻を持ち、男
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

-

ごめんけど、アンハサウェイが出てる映画で満足したことない

マグノリアの花たち/スティール・マグノリア(1989年製作の映画)

4.2

あーーー!!!!女の友情ハピピネス!!!!
大好きこの映画。
男の人があんまり出てこなくて、出て来る男の人みんな陰が薄いの。支え合って行く女の絆とか性格悪すぎて煙たがられている女性も良いこと言うし、み
>>続きを読む

ジョー・ブラックをよろしく(1998年製作の映画)

2.6

恋愛系を久しぶりにみた。

愛と何か?
現実ではありえない展開から描いている。

この映画は恋 家族 友達 3つの愛を描いていた。

愛って何も恋人同士だけではないんだなぁ。いろんな愛の形があるんだな
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

2.2

やっと見れた映画

私自身、大学四年次で就活を先週までやってた身だから、
ずっと逃げて見たくなかった映画。

「就活」を舞台に、SNSを介して「本当の自分」の表現について描いているんだろうな。
「就活
>>続きを読む

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

2.0

この時代のHIVとゲイの理解の少なさも勉強になった。

主人公のパートナーとの死別は悲しかったなぁ。
最初はビジネスだったはずが、最後は人を救う英雄になったきっかけはパートナーの死だな。

面白かった
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.0

クリントぉぉぉ!!!!!

この人の映画は外れないから全部見たい!!!!

トムハンクスやっぱり素晴らしい。良く涙ぐんでいるイメージしかないけどすごく好きな俳優。
英雄から一気に世間から疑われる存在に
>>続きを読む

>|