えりかさんの映画レビュー・感想・評価

えりか

えりか

レッドクリフ Part I(2008年製作の映画)

4.0

再鑑賞

三国志のことそんなに詳しくはないのですが、すごく面白かったです。圧倒的なスケールと美しさ。いつの間にか前のめりになって観ていました。

少数の兵力で大軍といかに戦うか。戦略が興味深かったです
>>続きを読む

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

3.5

名コンビの復活が観れて嬉しかった。見応えのある内容でした。やって来る人みんな怪しく見えるので、犯人探しが楽しかったです。

キムタク決まってたな〜。面倒くさそうにしてもビシッと決めるところかっこよすぎ
>>続きを読む

呪怨(2002年製作の映画)

3.0

怖かったけど、意外と観れた。あれをするのが怖いとか、これができなくなるとか周りから聞いていたからかもしれない笑

最近観たホラー映画はそんなに怖くなかったので、久々にあ〜こういうのが観たかったって思え
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.5

再鑑賞

刑事がホテルマンに扮して潜入捜査するという設定がワクワクしましたし、自分が素敵なホテルでもてなしを受けているような気持ちになれる作品でした。

大学生の時に実習先の福島でホテルに2ヶ月程滞在
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.5

映像はきれいでテンポ良く不思議が詰まった作品でしたが、人間関係などもう少し掘り下げてほしかったです。なんだか物足りなくて感情移入しにくいなと感じてしまいました。

ですが、このシーン観たことあるな〜が
>>続きを読む

安藤組外伝 人斬り舎弟(1974年製作の映画)

3.0

安藤昇さんの目つき怖いし、やっぱりリアルなオーラがありますね。菅原文太さんの飲みっぷり、暴れっぷりは豪快そのもの。ボコボコの殴り合いは勢いありすぎです。

マローボーン家の掟(2017年製作の映画)

3.5

じわじわと迫ってくる何かに怯えながら鑑賞。謎と違和感の連続で、どういうことなんだろうか?と引き込まれていきました。もう一度、見返したい作品です。

末っ子のサムかわいい。

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.5

やっと観れた!歓喜。
終わった後の余韻がもう尋常ではない。痺れる面白さ。

大上の意志は継いでも、ただの真似ではなく日岡は日岡らしく刑事をやっていて良かった。それにしても、立ちはだかる敵がとんでもない
>>続きを読む

その男、凶暴につき(1989年製作の映画)

4.0

今まで北野武監督作品をしっかりと観たことがなかったけれど、これがデビュー作⁉そう︎とは思えないほどの凄みがありました。

容赦のない凶暴ぶりに怖いと思いながらも目が釘付けになり、あっという間に観終わっ
>>続きを読む

みをつくし料理帖(2020年製作の映画)

4.0

以前、ドラマ版のみをつくし料理帖を観たことがあって澪役の黒木華さんがとても素敵だったのですが、松本穂香さんが演じる澪もまた違った雰囲気があって良いなと思いました。

心尽くしという言葉が浮かんでくるよ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

再鑑賞

ヤクザの抗争だけでなく、ある刑事の生き様をまざまざと見せつけられた作品でした。正義とは…。

型破りな刑事の大上に振り回される弱そうな日岡だったが、後々目の色が変わって化けた感じがもう堪らな
>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

3.0

上に行けば優越感、下に行けば絶望感。

人は極限状態までくると善悪とか自分以外のことは考えられなくなるものなのでしょうか?

マナーなんてものはなかった。そんなに行儀悪く食べる?食べ物の扱いが酷すぎる
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

4.0

IMAX間に合って良かった。

映像がきれいでした。本当に素晴らしい技術ですね。透き通った歌も美しかったですし、鳥肌がたちました。

スケールが大きい仮想空間には圧倒されましたが、ここに行ってみたいと
>>続きを読む

白頭山大噴火(2019年製作の映画)

4.0

白頭山の大噴火を止める方法が危険すぎる!ツッコミどころはありましたが、スリル満点、大迫力で楽しめました。深刻な状態なのに笑わせてくるのでちょっとコメディも入っていたのかな。

あまりにも大胆な感じがし
>>続きを読む

おとなの事情 スマホをのぞいたら(2021年製作の映画)

3.5

これが現実に起こったらとんでもない話ですね。スマホが鳴った時のみんなの反応が面白い。隠しきれない動揺に笑ってしまいましたが、次は誰のスマホが⁉︎みたいな感じにこちらまでドキドキしました。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.0

タイトルがぴったりとはまった素敵な映画だった〜。2人ともお似合いで可愛かったな。うんうん、そうだね〜なんて思いながら、グサッとくるシーンもありました。

数年前、母が病院に行った時、高校時代から5年付
>>続きを読む

約束の宇宙(そら)(2019年製作の映画)

3.5

夢を実現させるためには、幼い娘を置いて地球を離れなければならない。死と隣り合わせだと思いますし、相当な覚悟も必要ですよね。母親としての葛藤が痛いほど伝わってきました。子供も辛いし、寂しいのもあってなか>>続きを読む

マルタイの女(1997年製作の映画)

3.0

女優ビワコがある殺人を目撃したことでカルト教団に狙われるという話なんですが、裁判で証言するのも相手が相手なら命がけだし覚悟がないとできないものなんだなと思いました。

ビワコの早口言葉のシーンが好きで
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー tri. 第6章「ぼくらの未来」(2018年製作の映画)

4.0

tri鑑賞前は私自身もキャラクターデザインやアレンジされたButter-Flyなど、これは違うんじゃないかと思っていましたし、叩かれまくっていたシリーズだったので正直期待もあまりしていませんでした。>>続きを読む

ブレイブ 群青戦記(2021年製作の映画)

3.5

おー!戦国時代にタイムスリップした高校生たちがそれぞれ得意なスポーツを活かして戦うという設定が面白いなと思いました。意外とグロかったですね。

アメフト部の肉弾戦には驚きました。

三浦春馬さん、もう
>>続きを読む

43年後のアイ・ラヴ・ユー(2019年製作の映画)

3.5

おじいちゃんがアルツハイマーになった元恋人に昔のことを思い出してもらおうと奮闘するストーリーなのですが、その姿がピュアで素敵でした。

最初の一歩がとても大胆でしたが、やはり何もしないで後悔はしたくな
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」(2017年製作の映画)

3.0

よく分からない展開になってきたけど、太一もアグモンも良いこと言う!
仲間を想うが故の決断が辛いな。

アニメでもアグモンはお腹すかしてておばかさんキャラだったけれども、こんなに度が過ぎてはいなかったは
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

4.5

殺人鬼ブッチャーと女子高生ミリーが入れ替わってすったもんだする話。残酷なシーンもありますが、コメディ要素強めだったので声に出して笑えました。こういうの好きです。

本当に入れ替わっているみたいで2人の
>>続きを読む

リトル・シングス(2021年製作の映画)

3.5

ん?なんだこれ?想像してた内容と違ってたけど、そう来たかと楽しめました。地味にじわじわと怪しくって感じでしょうか。

イラッとさせるジャレッド・レトの演技がすごい。こちらまで腹立ちました。

仁義なき戦い 完結篇(1974年製作の映画)

4.0

あの有名な曲が仁義なき戦いのテーマ曲だとも知らずに生きてきた私…もっと早くにこの作品と出会っていたかった。シリーズ通して見応えがあり、観終わってしまったのが非常に惜しい。

それぞれが年齢を重ねて、い
>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.5

シチリアで起きた凄惨な事件がもとになったストーリー。

全体的に静かで重苦しい雰囲気。更に時折流れる音が不安を煽る。穏やかな景色なのに自然や街並みが映るたびに、事件なんて何もなかったかのように時は流れ
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」(2017年製作の映画)

3.0

デジタルワールド感があまり感じられなかった。あっさりしてるからなのか?

今までの記憶がなくなるのは寂しいな。
あんなに空に懐いていたピヨモンが…。見てられない。

進化シーンが多くて少し長く感じたけ
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

4.0

いつ撃たれてもおかしくないほどの銃撃戦は目が離せない緊迫感があり、とても素晴らしかったです。ただ、ニューヨーク治安悪い怖いってなりましたが…。

テンポの良いストーリーで観やすいクライムアクションでし
>>続きを読む

ステージ・マザー(2020年製作の映画)

5.0

これは映画館で観たかったのですが、タイミングが合わず断念した作品。

母の大きな愛が溢れていて涙が止まりませんでした。

大切に過ごしてきた時間はかけがえのないもので、たとえすれ違うようなことがあった
>>続きを読む

モンスターハンター(2019年製作の映画)

3.5

ゲームはやったことがないので何も知りませんでしたが、スリルがあって楽しめました。きっと映画館で観たらモンスターの迫力やハラハラドキドキ感をもっと感じられただろうな。

他の作品のイメージからかな?ミラ
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー tri. 第3章「告白」(2016年製作の映画)

4.0

パタモンの言葉が切なすぎる。小さな体で抱えている問題があまりにも大きい。強がって平気なふりして、苦しかっただろうに。

そして、テントモンにもグッときた。光子郎に感謝するシーンなんて…泣いてしまいます
>>続きを読む

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

4.0

父からすすめられた作品。
最初はアメリカの刑事と日本のヤクザ⁉︎なんだか異色な組み合わせだなと感じましたが、そんなことはどうでもよくなるくらい面白かった。ニックと松本の関係が最高です。

松田優作さん
>>続きを読む

チャイナタウン(1974年製作の映画)

4.0

ジャック・ニコルソン若い。探偵役が似合ってました。

次第に引き込まれる展開で早く真実と黒幕が知りたくてうずうずするも、予想を遥かに超える闇深さでモヤっとした。

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.0

死んでも死にきれないってこういうことなのかな⁉︎

はちゃめちゃ感あったけど、難しいこと考えずに楽しく観れる作品だった。

尾野真千子さんが出演してることに最後の方になって気付いてびっくり。

デジモンアドベンチャー tri. 第2章「決意」(2016年製作の映画)

3.5

選ばれし子供たちも少し大人になり置かれている立場もあって、悩んで葛藤して昔のようにはいかないよね。丈の気持ちよく分かる。

ゴマモンが健気でいい子で泣ける。
丈とゴマモンの意思が通じ合った進化シーンと
>>続きを読む

黄色い星の子供たち(2010年製作の映画)

4.0

学校に行ったり家族と過ごしたり普通に生きているだけなのに。ユダヤ人という理由でいつもの日常を取り上げられて収容所に送られる。生きていることさえ許されない。そんなの誰が決めていいことでもないのに。

>>続きを読む

>|