emily38さんの映画レビュー・感想・評価

emily38

emily38

映画(348)
ドラマ(2)

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

2.3

映画館の暗闇で寝落ち漂流したのは久々でした。記憶に残ったのは、クジラの残像。

モーターサイクル・ダイアリーズ(2004年製作の映画)

4.7

ガエルにハマる。メキシコの歴史にハマる。もう、兎にも角にも好きな一本でした。

不都合な真実(2006年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

不都合な真実が現実となった今、私たちはどこまで環境問題に向き合っていけるのでしょう。もはや逆襲が始まっている気が…

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

不覚にも大号泣したのは、お婆ちゃんのせい。

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

本場ムーランルージュをこれを観て観に行きました。2人で掛け合いながら歌うシーンは必見です。

SAYURI(2005年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

チャンツイーの全盛期な予感。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

いつもと違うマーベルシリーズに鼓動が高鳴りました。惜しい俳優さんを亡くしたな、と思います。

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

4.0

ジュリーアンドリュースのショートは若い頃から定番ですね、素敵です。

風と共に去りぬ(1939年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

本も読みました、学生時代。記憶の彼方ですが、しっかりと物語がある素敵な映画であったことは間違いありません。

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.9

この頃のラッセルクロウはグラディエーターに続き、乗っていましたね。

ステイ・フレンズ(2011年製作の映画)

-

最近こういうお手軽ラブコメでいいのがない。これも流行りでしたかね…

ギャング・オブ・ニューヨーク(2001年製作の映画)

3.8

観終わってエンドロールで拍手していたよ、と教えてくれた友達。すっかり忘れていました。

冷静と情熱のあいだ(2001年製作の映画)

-

冷静と情熱のあいだには果たして何があるんだろうな…大人になると、大人でもわからない。

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ちょいとカメラワークのリアルさに疲れを覚えました。

コラテラル(2004年製作の映画)

-

振り返れば、キムタクが初の悪役に挑戦!みたいな取り上げられ方でしたね。

抱きたいカンケイ(2011年製作の映画)

-

ラブコメにありがちな、邦題が陳腐すぎるシリーズの1つ。ナタリーポートマンはめちゃ可愛いのに。。

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

3作目でTHE ENDしちゃいましたね〜正直。

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

-

アカデミー賞を取ったからと親と観て、失敗したと思ったイタタの記憶があります。

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ほとばしる香りにやられた皆さんが最後は入り乱れてしまうわけですね。違った意味で衝撃的でした。

白雪姫と鏡の女王(2012年製作の映画)

3.0

リリーコリンズはこの眉毛でランコムの顔になったと思う。

ラブ・ギャランティード(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

レイチェルリークックがまさか出てくるとは!
男性の雰囲気、好きです。

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

スカヨハさんのしかめっ面が活きてる。

チェンジリング(2008年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

子どもながらに、子ども失踪だけは嫌と思って涙した記憶。

プライドと偏見(2005年製作の映画)

3.7

キーラさんの初々しい前髪に、プライドも偏見もありません。

恋とニュースのつくり方(2010年製作の映画)

3.4

しょうがないよ、レイチェルマクアダムスのえくぼにやられたら。

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

3.9

Netflixでもここまでスケールのある映画を作れるって、さすが何万人が登録してお金を生み出してるだけあるなぁ。

>|