おぐおぐさんの映画レビュー・感想・評価

おぐおぐ

おぐおぐ

  • List view
  • Grid view

ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-(2020年製作の映画)

2.4

安楽死について、考えるきっかけにはなる。これは人によって、色々な考え方があると思うので、何度も考えるに値することだから、そういう意味ではいいと思う。
映画作品としては、うーむ、微妙かな。

滑走路(2020年製作の映画)

3.0

とっても心が痛くなる映画だった。痛みを感じながら、目が離せない。翠の存在が本当に救い。映画のラストとして、素敵なラストシーンに仕上げてくれているが、その先の未来を思うと、それがまた苦しくなる。
あそこ
>>続きを読む

駅 STATION(1981年製作の映画)

2.4

高倉健さんの演技を見たいだけで鑑賞。
結果、倍賞千恵子さんの演技に萌えた。

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

2.7

評判が良かったので見てみたけど、ハードルが上がってしまっていたのか、そんなに感動しなかった。
初めて付き合った人とずっと一緒にいて、恋人との別れを知らないからなのか…??

エターナルズ(2021年製作の映画)

2.8

壮大過ぎて呆気に取られた。ちょっとついていけなくなる感じあり…。
戦闘とかカッコいいし、この先の話も気にはなるんだけど、イマイチ感が拭えない感じかな。

劇場版 きのう何食べた?(2021年製作の映画)

5.0

原作から大好きで、ドラマも何度も見返してきたけど、映画も本当に素敵な作品となっていた。
ゲイカップルだからこそ生じる問題も見せつつ、愛と優しさにあふれるケンジとシロさんの関係に、何度も何度も涙が溢れた
>>続きを読む

二ノ国(2019年製作の映画)

1.4

色々残念な感じの映画だった。でも一番は脚本かなぁ。色々設定に無理があるというか、物語の運びが強引というか、伏線が足りないというか、残念なところが多かった。あと、永野芽郁ちゃんの声優業もパソコン残念。

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

仲の良い友だちが亡くなったことがないから、どんな感じなんだろうと想像した。5人が、友が死んだことを知らせるメールを受け取った際の反応はグッときた。

護られなかった者たちへ(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

いい映画だったけれど、なんだかモヤっとした思いが残る。それは、なんとなく殺人の理由が美談になってしまっているような作りに感じたから。社会的な問題提起もしてるし、震災の表面上ではない傷とかも描いてるし、>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

4.1

心を揺さぶられる作品だった。
みんなが怒り、傷つき、泣いていた。その微妙な心描き方が素敵だった。特にラストは素晴らしい。これまで鬱々としながら観ていた気持ちを、完全にではなく、ほんの少しだけ救ってくれ
>>続きを読む

浜の朝日の嘘つきどもと(2021年製作の映画)

4.2

口コミで大久保さんの評価が高かったのを見ていたのだが、実際に映画を見て納得。見る前は、もっと映画館のことメインの話で大久保さんはちょい役なのかと思ってたけど、全然違った。
とっても素敵な作品だった。あ
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.5

正直、あんまり期待せずに観たのだけれど、とてもイイ作品だった。
今、自分の隣にいる人のことを、映画を見ながら、登場人物と一緒に考えられる映画だ。
役者さんたちもとてもイイ。若い子からベテランまで、みん
>>続きを読む

ノラ(2010年製作の映画)

2.8

才能ある人というのは、若い頃から凄いんだなぁ。
人との出会いで、人は変われる

フォルトゥナの瞳(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

思いもよらないドンデン返しだった。同じ能力者同士で、お互いを思い合っていたとは…。
葵ちゃんがこの後、どう生きていくのかが気になる。
時任さんがよかった。

his(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

物語のスタートが、渚の超絶自分勝手から始まったから、それにイラついてどこか入り込めずにいた。
でも、村の人にカミングアウトするシーンや、裁判のシーンはよかった。根岸さんのがさつさに救われる。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.0

マモちゃんもテルちゃんも、観ていてイラつくんだけど、その切なさには共感してしまう。ダメ男だとわかっちゃいるのに、好きをやめられない感じ。
すれ違いの思いばかりで、視線や笑顔が痛い。

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

3.3

面白かった!けど、三浦春馬くんが出てたり、竹内結子さんがで出てたり、東出くんが出てたり、色々、思ってしまう。そして、こっくり役の関水渚さんが、広瀬すずにしか見えない。違うとわかっていても、すずちゃんに>>続きを読む

シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢(2018年製作の映画)

3.0

評判が良いようだったので鑑賞。期待値が高かったからだろうか、ちょっと期待はずれ感があった。とは言え、最後、泣いたけど。不恰好なおじさんたちが活躍するのは気持ちいい。

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.3

面白かったー!そして、カッコ良かったー!
シャン・チー、いわゆるイケメンではないけど、愛らしくて好き。それがまたイイ。この映画がこれからのマーベル作品にどう絡んでくるのか楽しみで仕方ない。

先生、私の隣に座っていただけませんか?(2021年製作の映画)

3.3

不倫をテーマにした作品だが、ドロドロすることもなく、見終わった後、なんだかスッとするイイ映画だった。
不倫の復讐が進んでいくにつれ、どんどん引き込まれていくんだけど、ラストが良かったなぁ。言えないので
>>続きを読む

Summer of 85(2020年製作の映画)

2.3

正直、ちょっと期待外れだったかな。
アレックスのダヴィドへの想いは伝わってきたけれど、ダヴィドの想いがわかりにくくて、感情移入しにくかった。
でも、ダヴィドの役作りとかはすごいなと思った。言葉ではない
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

5.0

最高の映画でした。青春ならではの熱さと、もどかしさと、純粋さを感じた。映画づくりいいな、芝居いいなと思った。
暗黒の青春時代を過ごした自分にとっては、あんな青春時代は憧れ。それだけで、キュンとしてしま
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.2

めっちゃ面白かった!ゲーム世界が舞台というので期待値が上がっていたけれど、期待を裏切らない面白さ。
最後はスカッとして、いい気分で劇場を跡にできる。
必要のない存在なんてない、みんなが主人公というメッ
>>続きを読む

かば(2021年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

予想していた内容と、イイ意味で違った。
暑苦しいほどの熱血教師の話なのかなと想像していたけれど、全然そうではなくて、熱心ではあるけれど、誠実に生徒と向き合おうとする教師のお話だった。熱過ぎないアラタさ
>>続きを読む

少年の君(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

いじめをテーマにしているので、面白いとはいかないけれど、良作だった。
ただ、ツラくて、切なくて、やりきれない想いをたくさん感じた。

正直、映画の中くらい、いじめられた側が幸せになる物語にして欲しいと
>>続きを読む

きみと、波にのれたら(2019年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

はじめの展開が早かったから、きっとどっちかが死んじゃうんだろうなぁと思ってたら、やっぱりそうだった。愛する人がいなくなるのは嫌だなぁ。
最後はハッピーエンドでよかった。

親愛なる君へ(2020年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

最後のヨウユーの歌は、「ズルい」と思うほど、やられる。ヨウユーが自作した詩が胸にくる。
愛する人が亡くなったらどうなるのか、それを想像すると…。

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.0

平手さんは孤高の人なんだなというのを、あらためて感じた。彼女ならではの響だった。

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

5.0

とても素晴らしい作品だった。
一番はベルの歌声が素敵過ぎ。聴き惚れてしまう歌声が、映画の中で効果的に使われているので、それに魅入ってしまう。
サマーウォーズに続いて、ネットの世界の物語だが、サマーウォ
>>続きを読む

空の青さを知る人よ(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

とっても素敵な作品でした。さすがのチーム。三部作とするだけのことはある。
10代の自分が、今の自分に物申すところが、胸にグッときすぎ。10代の時の自分に恥ずかしくない自分になれているのかを、自分自身に
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.0

良い映画だった。
主人公の心の動きがリアルな感じというか、自分に嘘をついたり、向き合えなかったりという心模様が丁寧に描かれているのが良かった。西川さんの作品は、見終わった後にタイトルがズンとくる感じが
>>続きを読む

>|