ErnieHoytさんの映画レビュー・感想・評価

ErnieHoyt

ErnieHoyt

アメリカシアトル出身の映画好きのオッサンです。ジャンルには幅広く鑑賞してます。でもとく好きな映画はアクション、コメディ、とサイエンス・フィクション。日本語を結構間違えることも多いかも知りませんが、宜しくお願い致します。

映画(149)
ドラマ(0)

ライフ(2017年製作の映画)

2.5

ハードSF映画。個人的に大好きなジャンル。なんか”イエリエン”と”スピージーズ”を合体した感じ。スペースステーションで働いてる科学者たちが火星からサンプルを回収し、地球以外に生き物があると証拠を掴めた>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.5

本当に最高。今までにない強い女性のヒーロー誕生!ストーリーも良い、演技も良い、アクションたっぷり!これは映画館で見たらもっと楽しめると思う。続編の設定が現代になるのを期待してます。

シャークネード カテゴリー2(2014年製作の映画)

2.0

見てしまいました!人食い鮫と巨大竜巻のパニック映画。シャークネードの続編、「シャークネード カテゴリ2」。舞台はロスからニューヨークへ。期待はしてなかったが、この続編は思ったより超えてる。超楽しい。凄>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

エマ・ワットソン主演の映画(野獣が無いほう)トム・ハンクスも出てます。原作はデイヴ・エガーずの小説「ザ・サーカル」。結構面白かった。今回は政府ではなく大型会社が人のプライバシーを全て監視出来るシステム>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

2.5

自分は戦隊系の番組は全然好みじゃなかったし、日本は1973年に離れて、戦隊ものブームの前でした。90年にアメリカがリメイクされたやつも見たことないし。リメイクとはいえ、戦隊部分は完全に日本の番組を使用>>続きを読む

ウォークラフト(2016年製作の映画)

3.0

ビデオゲームから生まれて作品です。以外と良く出来た映画です。映像は凄い綺麗。話は分かりやすい。アクションもあり、ユーモアやロマンスも満載。オークというものたちが、悪の魔法で人間が住む世界に乱入。二つの>>続きを読む

シンプル・プラン(1998年製作の映画)

3.0

1998年、サム・ライミ監督の「シンプル・プラン」。シンプルと言ったって、3人が偶然に4.5Mドルを見つかれうのはシンプルになるはずがない。原作はスコット・B.・スミスの同名小説。家族愛、友情、信頼、>>続きを読む

ゴジラ(1954年製作の映画)

3.0

日本生まれの世界中が愛してる怪獣のデビュー作品。はい、1954年リリース、白黒映画の。話のペースはちょっとちょろいが、まさかこの映画から有名なフランチャイズになるとは誰でも想像してなかったんでしょうね>>続きを読む

女体銃 ガン・ウーマン GUN WOMAN(2013年製作の映画)

2.0

2014年リリースの日本映画。とは言っても、メインのストーリーがアメリカ人の暗殺者が語る。一人の男が価値のない女を買って、完璧な暗殺者に育てる。理由は簡単。ある男に復讐。その男が自分を愛した妻が目の前>>続きを読む

東京残酷警察(2008年製作の映画)

2.0

2008年リリースのホラかSF、なんのジャンルに入るのかわからないくらい不思議。近未来の日本の警察が民営化にされ、犯罪が減った。と思ったら新たな犯罪者が登場する。彼らが”エンジニア”と呼ばれ、撃たれて>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

3.0

2006年リリースの映画。自分はなぜこれを見逃したのは不思議。監督はクリストファー・ノーランと主演はクリスチャン・ベールとヒュー・ジャックマン。二人はマジシャンのアシスタントで一人の妻も一緒に働いてま>>続きを読む

バッドタイム(2005年製作の映画)

3.0

クリスチャン・ベール主演の映画。原題は「ハーシュ・タイム」。監督はデヴィッド・エアー。ほかに出てるのはフレディ・ロドリゲズ。二人は仲良しの友人ですが、フレディは彼女のためにもっとマシな生活を歩みたい。>>続きを読む

ペギー・スーの結婚(1986年製作の映画)

3.0

1986年リリースで監督があの大巨匠のフランシス・フォード・コッポラ。主演はキャスリーン・ターナーとニコラス・ケイジ(まだ髪があった頃)。ほかのスターも出ててびっくり!ジム・キャリー、ヘレン・ハント、>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

3.0

1983年リリースのものです。観たのは「戦場のメリークリスマス」。や~、北野武が若い。それに、まだ世界の武になってない。あと内藤剛志と内田裕也も出てる!舞台はジャワ島。ときは世界第二次対戦。イギリス兵>>続きを読む

Some Freaks(原題)(2016年製作の映画)

3.0

2016年リリースのインディ映画です。現在は日本未公開。公開未定です。ちょっと変わった青春ラブストーリー。主人子は目玉一つしかない少年と100キロの女性。お互いが恋に落ちるけど、その恋の行方とお互いの>>続きを読む

スターシップ9(2016年製作の映画)

3.0

スペイン・コロンビアの共同作品のSFものです。俳優たちの演技も良かったし、話が面白い。ちょっと”トルーマン”、”ブレイド・ランナー”、"インターステラー”と”火星で生まれた子”(仮の邦題)を混ぜた感じ>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.0

期待はしてなかったが、見たら結構楽しめた。思ったほど面白かった。ただの続編ではありません。ボードゲームからビデオゲームに変わり、高校生たちが自分たちではなく大人のアバターでビデオゲームに入り込む。前作>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.0

2016年リリース。原作は大泉良時(おおいま・よしとき)の同名漫画。映像は宮崎駿や深海誠ほどではないんですが、ストーリーはジブリや深海誠の作品と負けてない。主人公は二人。石田将也(いしだしょうや)と西>>続きを読む

オジー降臨(2011年製作の映画)

3.5

音楽のドキュメンタリー。自分は昔からのブラック・サバスファンだったのでたまらない。自分が小学校5年生の時、初めて買ったレコードがサバスの”パラノイド”でした。高校の時、サバスの「ネバー・セイ・ダイ」ツ>>続きを読む

Anti Matter(原題)(2016年製作の映画)

2.5

イギリスのSF映画の。残念ながらまだ日本未公開みたいです。アナという女性の科学者が実験をやりながら、数字がおかしくなって、同業者たちの手伝いを依頼。金もかかるし、大量なネット使用も必要。実験室が閉じる>>続きを読む

96時間(2008年製作の映画)

3.0

原題は「テイケン」と知ってたか?ま、観るのが二回目なんですが、やっぱりこれ面白いわ。また観る価値ある。正直考えるとあの母は馬鹿じゃないの。子供成長させるのは良いが、未成年の娘をU2のヨーロッパツアーの>>続きを読む

海難1890(2015年製作の映画)

3.5

アメリカ人がほとんど知らない日本史の話。実話に基づいた話で見たのは「海南 1890」。この出来事で日本とトルコが深く仲良くになった。1890年トルコの船が横浜に来て、天の陛下とあった。ミッションは成功>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

2.0

予告でエアロスミスの曲が使われてたのに、たのに、本編の中にエアロの曲も全然使われてない!話の内容ままーまー受ける。キャラクターたちは可愛いけど、苦笑いしかしなかった気がする。日本のアイドルみたいのが出>>続きを読む

SHOCK WAVEショック ウェイブ 爆弾処理班(2017年製作の映画)

3.0

やっぱり香港映画のクライムアクションドラマは良いね。香港の俳優たちが段々アメリカに進出して、(チョイ・ユンファ、ジェット・リー等)で香港のアクション映画で立ち上がってるのははアンディ・ラウですね。最高>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.0

ありえない話なのに、超笑った。ライアン・レイノルズとサムエル・L・ジャックソンのバディ・コップ映画ではない。一人は有名な暗殺者(ジャックソン)、もう一人はセキュリティのエクスパート。この二人が凸凹コン>>続きを読む

ミスター・ウブロ(2013年製作の映画)

3.0

僕はアニメも好きなので、このフランス・ルクセンブルグ共同作品のアニメショートも見ました。2013年ベスト・ショート・アニメのアカデミー賞受賞の作品です。観たのは「ミスター・ウブロ」。11分で凄い短いで>>続きを読む

Infinity Chamber(原題)(2016年製作の映画)

3.0

このSF映画はまだ日本未公開と思うですが、観たのは「インフィニティ・チェンバー」(邦題未定)結構面白かった。主人公がなぜか自動刑務所システムに入れられ、脱走しようとする。ですが、この最新のシステムはA>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.5

僕はオリジナル”猿の惑星”シリースが大好きなので、現在で進化されてるシリースも好き。「猿の惑星 グレート・ウォー」を観ました。シーザーと猿たちが近くの森に逃げ込みましたが、人間が進化した猿が化物しか思>>続きを読む

荒野の七人(1960年製作の映画)

3.0

BSで超有名な西武激が放送されました。もちろん観たよ。「荒野の七人」。黒澤明監督の”七人の侍”がこの映画のもとです。これこそクラシックと言える作品ですね。場所は日本からメキシコの田舎町になり、困った村>>続きを読む

Marjorie Prime(2017年製作の映画)

1.5

SF好きな俺なので、今夜観た映画は日本未公開の「マージョリー・プライム」。なんだかこの映画は小説なら面白いかも。元は演劇のプレイでピューリッツァー賞を受賞した作品です。映画化されたものはあんまり面白く>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.0

アクション映画好きなら、この作品は超おすすめです。舞台は冷戦の終わり頃。ドイツのベルリン。ベルリンの壁が丁度破壊される年だ。そこである工作員のリストが存在してるといろんな組織がそれを狙ってる。アメリカ>>続きを読む

続・荒野の七人(1966年製作の映画)

2.5

BSで西武劇場を観ました。放送されたのは1966年リリースの「続:荒野の七人」。ユル・ブリナーが戻りましたが、残念ながらスティーヴ・マックイーンは戻ってません。マックイーンが演じたキャラクターはいます>>続きを読む

モンスター・ドッグ(1985年製作の映画)

1.0

2017年度のラウドパークは見逃したけので、今夜観た映画はラウパーに出たアーティストだ!アリス・クーパー主演のホラ映画「モンスター・ドッグ」を観た。監督はイタリア人で、撮影場所はスペインで、主演はアメ>>続きを読む

ザ・ベビーシッター(2016年製作の映画)

4.5

や、俺ホラ映画は大苦手なのに、なぜかコメディホラが好き。この映画はホラというよりスラッシャーフィルムだ。でもとっても楽しい。12歳のコールが今でもベイビーシッターがいる。クラスメイトに馬鹿にされるが、>>続きを読む

クライング・フリーマン(1996年製作の映画)

2.5

昔僕は結構英訳された日本漫画にハマったことがある。出版社のViz Mediaがいろんな漫画を英訳して、僕が特に気に入ったのは小池一夫と池上遼一の「クライングフリーマン」。1995年カナダ・日本・アメリ>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

これは楽しすぎた!アクションも良い、ストーリーも良い、音楽も最高。カート・ラッセルが悪党もまたボーナスだな。スタローンやらスタン・リーも出てきてちょっとびっくり。このシリーズは最高。次の続編を期待して>>続きを読む