ErnieHoytさんの映画レビュー・感想・評価

ErnieHoyt

ErnieHoyt

アメリカワシントン州シアトル出身の映画好きのオッサンです。ジャンルには幅広く鑑賞してます。でもとく好きな映画はアクション、コメディ、とサイエンス・フィクション。日本語を結構間違えることも多いかも知りませんが、宜しくお願い致します。フォローしてくれてる方々、ありがとうございます!

コメントを書いてくれたら、必ずお返事致します。

映画(560)
ドラマ(0)

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.0

今年初今年でリリースされた映画を見ました。ロバート・ロドリゲス監督の「アリタ・バトル・エンジェル」。元は木代ゆきとの原作"Gunm"(銃夢)から映画化になったもの。SFファンなら結構気にると思う。CG>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

1.0

トランスフォーマー第5弾?作ってのも知らんかった。第3作の陰謀から、今度はイギリスのダークエイジ?うえ!!!もうそろそろ完結編を作ってくれって感じ。あっ、えーと、第5弾は「トランスフォーマー:最後の騎>>続きを読む

トランスフォーマー/ロストエイジ(2014年製作の映画)

2.0

トランスフォーマー第4弾。「トランスフォーマー:ロストエイジ」。はい?サムはどうなった?なんでShia LaBoeufからMark Wahlbergが主人公になってるの?前作の陰謀から段々現実から離れ>>続きを読む

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(2011年製作の映画)

2.5

トランスフォーマー第三弾がアポロのやつから始まり。次は「トランスフォーマー:ダークサイド・ムーン」。反しが段々陰謀の設定がメイン。月まで行く計画はソ連との競争ではなく、月に宇宙船の墜落事故が発生し。ま>>続きを読む

トランスフォーマー/リベンジ(2009年製作の映画)

3.0

最初の映画に一番の敵のメガトロンが倒れ、地球が守れれた。でもメガトロンは本当に倒れてのか?2009年、トランスフォーマーの続編。「トランスフォーマー:リベンジ」。サム(Shia LaBoeuf)が大学>>続きを読む

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

3.0

”バンブルビー”見終わったて、トランスフォーマーシリーズのプリクエルだったため、また最初から見ることを決めた。「トランスフォーマー」の第一弾は2007年リリースの映画。Shia LaBeof, Meg>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.0

「バンブルビー」の予告を見て、またトランスフォーマーの映画かよと思って、あんまり興味はなかったが、いろんな友達が見に行ったあと、結構高評価してあげたんで、自分も見ることにした。第一、トランスフォーマー>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.0

ハリウッドがあんまりオリジナリティや続編とリメイクばっかり作って結構愚痴るけど、今回は日本がハリウッド映画をリメイクした作品を見ました。それが長澤まさみと山田孝之主演の「50回目のファーストキッス」。>>続きを読む

のみとり侍(2018年製作の映画)

3.0

面白い時代劇を見ましたな。鑑賞したのは「蚤とり侍」。ある侍が上様に侮辱して、その上様が侍に無礼のこと言ったから、街のねこたちにのみをすべてとるを命令された。意味が不明だったが、これはおんなを喜ばさえる>>続きを読む

アルカディア(2017年製作の映画)

2.5

ちょっと前に見たSF映画も凄い不思議だった。鑑賞したのは「アルカーディア」。原題は”ザ・エンドレス”。映画を見れば両方の題名に納得。初監督のJustin BensonとAlan Mooreheadのフ>>続きを読む

V.I.P. 修羅の獣たち(2017年製作の映画)

3.5

うわ~、すげ~。もうハラハラドキドキ感満載の韓国映画。見たのは「V.I.P. 修羅の獣たち」。北朝鮮の幹部の息子が連続殺人班の容疑でいろんな人たちに追いかけてる、アメリアのCIA, 北朝鮮の兵士、韓国>>続きを読む

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

2.0

ううん。なんというか。この映画はなんだったんだろ。見たのははマット・デイモン主演の「サバービコン ~覆面を被った街~」。感想は不思議だけ。50年代か60年代の白人のみの街に黒人の家族が引っ越してきた。>>続きを読む

虹色ほたる 〜永遠の夏休み〜(2012年製作の映画)

3.0

この間の日曜日2011年の日本アニメ映画を鑑賞しました。スタジオジブリや新海誠の作品の映像ほどは綺麗ではないですが、話の内容は素敵でした。見たのは「虹色ほたる」。見終わったら、あれ、新海誠の”君のなは>>続きを読む

3D彼女 リアルガール(2018年製作の映画)

3.0

可愛いくてまたハッピーな気持ちになる映画を見ました。見たのは「3D彼女 リアル・ガール」。2次元のオタクの高校生がある日、学校で超美女に付き合ってと言われ、彼の頭が真っ白で混乱する。ま~、言われて見れ>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.5

自分は別にキムタクのファンではない。そして嵐のファンでもありません。ですが、嵐のメンバーの二宮和也の演技は高評価します。二人主演の映画「検察側の罪人」を見ました。これは最高に良い検事ドラマです。ある殺>>続きを読む

ガザの美容室(2015年製作の映画)

3.0

不思議で面白い映画を見ました。パレスチナ、フランスとカタールの共同製作の「ガザの美容実」を見ました。美容室の外でハマスとガザの動物園から盗んだライオンの暴動が発生、10年の一般的な女性たちがその美容室>>続きを読む

輝ける人生(2017年製作の映画)

4.0

や~、素敵なイギリス映画と出会いました。邦題は「輝ける人生」。原題は”ファインディング・ユーア・フィート」。老人の夫婦の旦那の退職祝いで退職後の人生を楽しみにしてる奥さんが、パーティの最中で夫の浮気が>>続きを読む

ザ・アウトロー(2018年製作の映画)

2.5

さて、ハリウッドの映画もちゃんと見てますよ。邦題では「ザ・アウトロー」。原題は「デン・オブ・シーヴズ」。正直、自分が思ったのは二流の”ヒート”した感じ。それで主演の俳優たちはデ・ニーロやアル・パチーノ>>続きを読む

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

2.5

阿部サダヲ主演の映画も好きなので、借りて見たのは「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わからねぇんだよ!」。あるストリートミュージシャンの風化が音楽が好きけど、歌声が小さくって、歌の良さが伝わらない>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.5

個人的に有村架純が好きなので、もちろん彼女主演の映画「コーヒーが冷めないうちに」を見ました。素敵なラブファンタジーの映画だった。あるカフェである席に座ると過去に戻れる噂が。でもいろんなルールがあって、>>続きを読む

ハード・コア(2018年製作の映画)

1.0

この映画の評論は一言で言えば、”クズ”。見る価値もありまへん。監督はなにを伝えたかっただろう?山田孝之と佐藤健主演なのにもったない!超つまらない!!

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

日本アカデミー賞受賞の前にハリウッドアカデミー賞受賞の映画をみました。「グリーン・ブック」を鑑賞した1962年のアメリカ。アメリカ南部はまだ黒人に対する差別や法律が厳しい時代に黒人の天才ピアニストがツ>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

2.5

また少女漫画原作の映画化された作品を見ました。それは「センセイ君主」。主人公のJKがちょっとぶりっ子すぎて、中々好きにはなれなかった。高校生になった彼女が他人の先生に恋する。彼のハートをゲットするため>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.5

はい、私復活。最後に見た映画から段々その前の映画の話します。さて、やっと見れた。日本アカデミー賞受賞の作品。2018年のベストフィルムはやっぱりこれでしたね、「万引き家族」。良い映画でしたが、やっぱり>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.5

ハリウッドがこういう映画にもっと力入れて良いのに。コメディ・ドラマの「フロリダ・プロジェクト ~真夏の魔法~」。アメリカフロリダ州、ウォールト・ディズニ・ワールドではなく、ディズニーワールドの近くにあ>>続きを読む

ロビン・フッド(原題)(2018年製作の映画)

2.5

マジかハリウッド。今さら「ロビン・フッド」のリメイク?ホワイ?何故?約10年前、ラッセル・クローのやつもそんなに売れてなかったし、1991年ケヴィン・コスナーのやつは悪くなかったが、新たなロビン・フッ>>続きを読む

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.0

スウェーデンの素晴らしい大作の”ミレニアム”シリーズの新し話。女性の用心簿と天才ハッカーリズベット・サランテルとジャーナリストミカエル・ブルムクヴィストが”ミレニアム”から三年後になる。邦題は「蜘蛛の>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

北野武監督の”アウトレイジ”シリーズは好きですか?はい、と答えたあなたに、この映画をおすすめ致します。役所広司主演の「狐狼の血」。日本アカデミー賞ノミネート作品です。舞台は広島。時は1988年。二つの>>続きを読む

ザ・レイド レディ・ミッション(2017年製作の映画)

1.0

日本でこういうやり方が一番大嫌い。DVDパッケージにインドネシア映画ですから、「ザ・レイド レイディ・ミッション」ですが、超大作インドネシアアクション映画の「ザ・レイド」とは無関係!原題とは超離れてる>>続きを読む

REDCON-1レッドコン1 戦闘最大警戒レベル(2018年製作の映画)

1.5

うんと、なぜイギリス映画がウィラスやゾンビ映画を作るのが好きかな?熱狂的なホロファンなら物足りないかもしりません。鑑賞したのは「レッドコン1 ~戦闘最大警戒レベル~」。8人の特集部隊がゾンビ地区に入り>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.0

ヒーロー物語。こんどはマーベルの世界ではなく、DCユニバースに入る。幻の国アトランティスの王妃が人間に恋に落ち、子どもを生んだ。彼がアクアマン。海の世界感のセットが素晴らし。ユーモアもたっぷりあり、も>>続きを読む

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

2.5

また少女漫画原作が映画化にされたやつを見ました。こんど旬の女優と俳優の土屋太鳳と菅田将暉主演の「となりの怪物くん」。勉強一途な雫がなぜか問題児の春に気にられ、振り回せる高校生活を送る。でも突然、彼が姿>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

2.5

日本ならいろんな漫画が映画化にされ、これもその一つ。見たのは小松菜奈と大泉洋。タイトルは「恋は雨上がりなように」。菜奈は陸上部の上級生。怪我をして夢を諦めた彼女は街のファミレスでバイトしながら、店の店>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.5

細田守の最新作。今まで見た細田の作品で一番気に入られない。イラっとする気持ちになるのが多かった。主人公は未来のミライではなく、その子のお兄ちゃん。新し妹が出来て、両親が自分をもう可愛がらないでわがまま>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.0

よく聞く話。小さな会社が大企業と戦う。見たのは長瀬智也主演の「空飛ぶタイヤ」。長瀬は小さな運送会社、赤松運送の社長。ある日、一人の運転手が事故を起こして、一般人が犠牲になった。ホープ会社という大きな企>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.0

原題は「シカリオ」。メキシコで意味は殺し屋。や、主人子の若い女性FBエイジェント。最高に楽しめるアクション映画。女性FBIエイジェントが新たな部署に所属、そのチームはメキシコの麻薬相識と戦う。彼女の目>>続きを読む

>|