TATSUYAさんの映画レビュー・感想・評価

TATSUYA

TATSUYA

洋画中心。2015.1.1~記録開始
2015年 98本鑑賞(記録してないのも数本有り、それは含まない。記録し忘れ。)
2016年 151本鑑賞
2017年 104本観賞

記録開始以前にはおそらく300-500本鑑賞

【評価基準】
5.0 最高
4.5 傑作
4.0 他と秀でた作品
3.5 面白い
3.0 面白く無くはない。
2.5 めっちゃ普通。
2.0 駄作
1.0 観る価値なし

映画(394)
ドラマ(8)

ハイテンション(2003年製作の映画)

3.6

王道スプラッターでめちゃくちゃフランスっぽい映画。巻き返しが良い

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

3.1

常識を逸脱した映画。なんだろ、演技は素晴らしいのに描かれる内容が観客に伝わりにくいのが残念。でも、こういう作品も悪くない。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

普通に良かった。まぁ予想通りで演出が神ってこと。構成も上手くて飽きないシーンの連続に満足間違いなし。

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.9

ほぼ中国。そして案外金かけてる。ステイサムがかっこよすぎてそれだけで評価高いです。期待以上の面白さだったので気になってる人は是非観るべき。

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.2

ストーリーは意外とフランク。誰でも見れる良い感じの作品だった。映像も頑張ってたけどやっぱりどこかB級感なのは、期待しすぎてるからかも。ハードルを下げて観よう。

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.3

ホラー映画を初めてIMAXで観賞。シリーズとしてまぁまとまってたかなと。最も評価すべきポイントはヴァラクのビジュアルと、重厚なサウンド。IMAXで見る価値はあるかも。

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.4

戦闘シーンもレベルアップしててめちゃくちゃ面白かった!個人的にはもっと凶悪な悪者が出てほしかったけど、ストーリーは良いので満足。ラストもマーベルっぽくうまくまとまってた!

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

期待通りのリーアム・ニーソンだった。大体予想通りの出来だと思う。96時間好きな人はやっぱりすきかも。

マザー!(2017年製作の映画)

4.1

途中からカオス。見終わった後が物凄い余韻。音楽の無い見せ方一本の作品。めちゃくちゃ凄い!面白かった。

蝋人形の館(2005年製作の映画)

4.0

お、これは隠れた名作。ホラー映画たるもの、王道の要素を詰め合わせている!そして蝋という発想が今までに無い感じ、凄く好き。カメラワークも王道のやつ押さえててホラー好きには割りと刺さる一作なのでは!!

オーディション(2000年製作の映画)

3.7

90年代のいい感じと、色合いとシーンの構成が上手い。非常に技巧的であるが恐怖心を煽るラストの演出もまぁまぁ良かった。
女怖。日本映画の歴史に残る一作。俳優さんの演技も、安っぽくなくて好きです。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.1

ずっと気になってたやつ。雰囲気めっちゃ好きだし、こんな映画がもっと増えれば良いな。ただストーリーは単純で、一連の物語を追ってく感じ。映像も綺麗で素晴らしい作品だった。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.4

骨折までしたシーン採用の危険アクションをノースタントでやってるトム・クルーズに終始冷や汗!緊張!スリルの連続!めちゃくちゃ爽快なアクション!素晴らしいアクションスパイ映画。年なのに、年を感じさせない感>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.3

凄い映画を久しぶりに観た。これは凄い。メリハリがあって一気に引き込まれる90分。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.5

先行配信にて。現代風リメイク!ストーリーもまとまってて良かった。エンタメ系。コメディ要素も詰まってて非常に面白かった!

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.6

日本がテーマで面白かったが展開が都合良すぎるのがうーんってなる。それ以外はゲームっぽさもアクションもあって良かった。ララのビジュアルも素晴らしい。
現代っぽくリメイクされてて楽しめる。エンタメ系映画の
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.5

ビジュアル・セットが美しいSF映画。ただしかなり考えさせられる考察系映画。謎解きが好きな人は好きで、暇潰しに見ようと思ってたひとはある意味で期待を裏切られるかも。

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

4.3

賛否両論あるけど自分にはめっちゃ合ってる。すごく好き。SF要素が強くて、効果音・映像面でも非常に優秀なアニメーションだと思う。
設定がどうしてもリアリティに欠けるが、そこは目をつむればめちゃくちゃ面白
>>続きを読む

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

4.0

新しい形の感染型映画。映像も雰囲気あって好きな人は好きかも。
ラストがとにかく衝撃。ゾンビ版ミスト。
それ故少し評価も高い。原作を読みたくなった。ラストは違うのかな?

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.5

どんでん返しの瞬間がやっぱり堪らない。
無理矢理感あるけど面白いのでok.

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.6

そこそこお金もかかってて、豪華な俳優陣。内容は普通に面白い。映像も迫力あり。なんだろう、どこか足りない感じ...非現実的すぎるのか、都合が良すぎるのか。
暇潰しにベストな作品。

新宿スワン(2015年製作の映画)

3.0

綾野剛、キャラクター近くていいね。園監督のこういうクライム系の映画やっぱ巧い。新宿という街に少し愛着がわいてきた。ただやっぱどうしても、マンガが原作って感じ。ファンとそうでない人の意見を汲み取るのって>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.3

難解すぎる(笑)かつ面白いという訳のわからない映画であった。

7Wish セブン・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.6

どことなく現実味の無い話だったけど、Joey Kingが良い感じで良かった。テンポも程よく、伏線回収も素晴らしいティーンホラー。割りと好き。

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.0

待望の死霊館シリーズ最新作。期待してみたものの、やり過ぎ感が否めない。日本の文化には無いがゆえに悪魔を露骨に出しすぎるのは個人的に好きではない。
シリーズを通しての不気味感は味わえるので、それを求めて
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.1

コメディが割りとあってガーディアンズオブギャラクシーに近い雰囲気を感じた(内容も含めて)
なかなかに盛りだくさんで面白い。神様だが人間味があって見ごたえのあるキャラクターであるソーの葛藤がシリーズを通
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

初screenXで鑑賞。音楽がしびれる。
思ったよりアフリカっぽくて単体としてかっちり出来上がった作品。色んな部族を混在させたのも面白いと思った。

マーターズ(2015年製作の映画)

2.7

リメイク版と知らずに観賞。ラプチャーに似てるなと感じた。
オリジナル版が凄いと聞いていたので期待を込めて低い評価だが、暇潰しには丁度良い作品。カルト的な雰囲気と現実性を帯びた雰囲気をを醸し出すストーリ
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.3

久々に感動する作品だった。アカデミー賞も納得。世の中には理不尽なこともあるけど、奇跡は起きるということを認識させてくれる作品。親子の絆と、母親としての女性の強さ、子供の理解力、警察としての職務全う。色>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

普通にいい話だった。賞を獲ってるのも納得。随所に刺激的なシーンがある傍ら、しっとりとしたドラマが続く。

LOCK DOWN ロックダウン(2016年製作の映画)

3.1

予想以上に出来が良くて満足。クオリティが低いところは無いが、展開に対して不満をもつ人が多そう。B級映画としてのクオリティはまずまず。暇潰しに最適。

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

3.4

物足りなさはあったが、シリーズのストーリーを補完する点においては良い。
普通に面白いので次回作も期待大!

>|