bebemamaさんの映画レビュー・感想・評価

bebemama

bebemama

映画(712)
ドラマ(0)

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

3.9

娘が観たいと言うので一緒に
「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」は映画館で観たので、観ていない作品を

何度もテレビでは観たことがあるのに、やはり映画館で観ると違うってことを痛感!

皆さんおっしゃって
>>続きを読む

デイブレイカー(2009年製作の映画)

3.5

ヴァンパイアが人より多い世界
人間の血を確保する為に、人間は捕まえられて飼育場にいるか、隠れて生活
代用血液の研究が進められているが、なかなか完成しない

人間の血を摂取しない、ヴァンパイア同士の血を
>>続きを読む

幸せの行方...(2010年製作の映画)

3.0

実際の事件を元に

出会いとかほのぼのして途中までは恋愛もの
幸せそうだったのに
後半、一転サスペンスになるがあまりキレは良くない

デヴィッドが壊れちゃったのは母親の自殺が原因?
そしてつまりは、そ
>>続きを読む

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

3.7

レディープレイヤー1で知って

最後泣いて
そして、、、

最初は、巨大な赤ちゃんの様で可愛らしい

素朴な造詣のロボット
だからこそ、その後の強力な武器への変容が効いてきて、恐ろしさが増す

このロ
>>続きを読む

ザ・マスター(2012年製作の映画)

3.6

なかなか難しかった

配役が絶妙

フレディのホアキン・フェニックスが凄い
(ジョーカーを先に観たので、凄いのはもうわかっているけど)
終始落ち着きがなく
精神が不安定で、どっちに転ぶかわからない感じ
>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.5

キャストが好きだったので

エジソンとウェスティングハウス
直流と交流
自分達の方法を採用してもらう為の戦い

傲慢な天才
ベネディクト・カンバーバッチは上手い
相手の優位をなかなか認めない
自分の方
>>続きを読む

15年後のラブソング(2018年製作の映画)

3.8

原作は「アバウト・ア・ボーイ」と同じ原作者
「ブルックリン」「17歳の肖像」の脚本も書いてる人

長く連れ添ったパートナー
そんなに不満があるわけじゃ無い
子供をもたなかったのは、アニーも妹の事もあり
>>続きを読む

私が、生きる肌(2011年製作の映画)

3.4

そ、そういう話だったんだ、、、

展開が全く読めなかったので、どういう事かとずっと興味は引き付けられたけど、、、

最初は全く何の事か全然わからず、途中からやっと過去に遡って事実がわかってからの衝撃が
>>続きを読む

ハムレット(1996年製作の映画)

3.7

「ハムレット」は苦手なんです

お芝居も観に行き、違うキャストのお芝居の映像も観たし、ベネディクト・カンバーバッチのナショナルシアターの映像も観に行った
でも、最初にまず恨みの亡霊だし
ハムレットの行
>>続きを読む

アオサギとツル(1974年製作の映画)

4.0

繊細なイラストのような画風
水墨画のようで幻想的
そこに時々色が入るのがまた良い

アオサギとツルの恋愛
お互い好きなのに上手くいかない
どちらも求婚しては断られるの繰り返しで、意地の張り合い

結構
>>続きを読む

ベロニカとの記憶(2015年製作の映画)

3.3

皆んな、知らない間に過去の嫌な記憶を塗り替えてるのかな?
知らない間にね、、、

歳を重ねると、段々、自分の汚い部分は見たくなくなってくるし、彼のように穏やかに過ごしたいと思ってくる
それはわかるけど
>>続きを読む

霧の中のハリネズミ/霧につつまれたハリネズミ(1975年製作の映画)

4.0

ハリネズミのヨージックが子ぐま会いに行くお話

霧の中のでお話が進む
色々な動物と遭遇

霧の中の表現が幻想的で本当に素敵

霧の中の非現実から日常の現実に戻ってホッとした
最後に小ぐまに会えて
二人
>>続きを読む

めまい(1958年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

2回目かな?
なので、ストーリーは知っている上で鑑賞

オープニングが斬新
どアップの目の中からタイトルが出てきたり、あの螺旋の幾何学模様とか(昔あんな模様を書く丸い定規ありませんでした?)

キム・
>>続きを読む

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館(2012年製作の映画)

2.8

ゴシックホラー
干潮の時だけ行くことのできる海に浮かぶ古いお屋敷、子供、何かを怖がってる村人
雰囲気はいいし
道具立ては揃ってる

でも、あんまり怖くなかったなぁ〜
真昼間に観たのがよくなかったのかな
>>続きを読む

ボルベール <帰郷>(2006年製作の映画)

3.4

ペドロ・アルモドバル監督は3作目
「ペイン・アンド・グローリー」を観るかもしれないので
随分前にに「オール・アバウト・マイ・マザー」を観て「ジュリエッタ」は観た
なので、母娘の話だとは思ったが、まさか
>>続きを読む

インファナル・アフェアIII 終極無間(2003年製作の映画)

3.5

過去と現在と幻想が交差して
ちょっとわかりにくい

ラウは本当に善人の警察官になりたかったんだ、、、
あそこまで追い詰められて、、、

結局、どちらの潜入でも、自分というものを失ってしまう危うい立場
>>続きを読む

インファナル・アフェアII 無間序曲(2003年製作の映画)

3.5

前回は「I」しか観ていない
あの幕切れが余りにも見事で
あれで充分と思ってしまって
でも、今回「II」と「Ⅲ」を観ておかないと、もう観ない気がして鑑賞

面白かった!

前作より過去の話
ヤンとラウの
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

4.0

グレタ・ガーウィング共同脚本と主演
「ストーリー・オブ・マイライフわたしの若草物語」を観たので次はこれ

モノクロ映画

私はガーウィングが関わった脚本がどうも好きみたい!
本当に会話がいい
フランシ
>>続きを読む

胸騒ぎのシチリア(2015年製作の映画)

3.3

のどの手術で声が出ないロック歌手のマリアンが、年下の恋人ポールとシチリアで休暇
そこへ元彼のハリーが自分の娘とやって来る

レイフ・ファインズのハリーが、精力的で自信満々な俗物、あまり見たことのない役
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.2

やっと映画館で映画を!
この映画を今のタイミングで観ることができて良かった
泣いて笑って、幸せな気持ちに!

原作は多分子供の頃に、世界文学全集みたいな子供向けに書かれた本を読んだだけだと思う
なので
>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

4.3

TLで気になって
今日までだそうです
(昨日の夜はどうしても観ることができなかったけど、今は大丈夫でした)

短篇だったけれど、長編一本を観たような、、、

お互いの子供の目線を入れてるので、ずっと負
>>続きを読む

キスキス,バンバン(2005年製作の映画)

3.2

2回目
1回目(2015.9.26)

ブラックコメディサスペンス
面白くないことはないが、あまり私にははまらなかったかな
同じ監督の「ナイスガイズ」の方が断然面白かった

テンポがいいのか悪いのか?
>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

3.7

観たことないかなって思ったら、どうも観てました
ギャング映画って多いから、、、

独特のカメラワーク(あの窓からのシーンなんか)はやはり、デ・パルマ監督だったけど、結構オーソドックスなスジ運び
でも、
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.6

少し前に、テレビで偶然この事件の再現ドラマを観てしまってました
細部は違うけど、きっとこの事件のことだと思う

頭がいいのは貧困層で、富裕層は頭が悪いって言う構図はちょっと単純すぎるが、カンニングの話
>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

2回目
久しぶりに鑑賞

こんなに昔の超有名作でも、全く知らない人いますよね
やっぱり知らないで観た方がいい

昔はホラーが苦手だったので、1回目も結構最近(と、言ってもかなり前)
なので、その時既に
>>続きを読む

心の旅路(1942年製作の映画)

3.3

戦争で記憶喪失になった男性の話

ミステリーかと思って鑑賞したが
すごいメロドラマだった!
それもど真ん中
あまり観ない系なので、、、

いつ、記憶を取り戻すのか
早く取り戻して!
ポーラが強引な事を
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

2回目
1回目 2014.8.20

「真夏の夜の夢」の若いふつーのイケメンのクリスチャン・ベイルを観たのでこの映画をもう一度!

マジックに取り憑かれた二人の男の話
時間軸が少し複雑に入れ替わるので
>>続きを読む

殺人者の記憶法:新しい記憶(2017年製作の映画)

3.5

違うエンディングバージョンがあると言う事で鑑賞

先日オリジナル版を観たばっかりだったのに、もう一度面白く鑑賞できた
そして、さらにもう一度オリジナル版を観てしまった(えーっと、それによって2本が頭の
>>続きを読む

真夏の夜の夢(1999年製作の映画)

3.3

クリスチャン・ベールとサム・ロックウェルが出てるみたいなので鑑賞

シェイクスピア原作の喜劇
ドタバタラブコメ!

森の中の妖精達と一緒の場面は、リアルな最初の町の中とは別世界
舞台美術の様で、そこで
>>続きを読む

知りすぎていた男(1956年製作の映画)

3.5

むかーし観て、久しぶりに鑑賞
巻き込まれ系のサンペンス

「ケ・セラ・セラ」
大使館
シンバル
だけ覚えてました!

ドリス・デイって何となく明るいイメージ
子供の為に積極的に頑張るヒロイン
悲壮感が
>>続きを読む

スリーパーズ(1996年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

2回目

冒頭では、下町で環境は良くないが、子供達は守られて、楽しく暮らしている様子が
仲の良い四人組
いつものちょっとした悪戯だったはずが
そこから4人の運命が変わってしまう

そして少年院での出来
>>続きを読む

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

3.6

緊急事態宣言が出される前に鑑賞
まだレビューしてなかった(未レビューがもう1本ある)

ジュディ・ガーランドって「オズの魔法使」でのドロシーで有名ってことしか知らなくて
「オズの魔法使」も観てくて、観
>>続きを読む

コッポラの胡蝶の夢(2007年製作の映画)

3.2

これは邦題を付けた時点で結末がみえるから、その結末は分かってもいいという事かな。

夢なのか現実なのかって話が好きなので「カンバセーション〜」に続きコッポラ監督作品を鑑賞

雷に打たれて瀕死の状態にな
>>続きを読む

誘拐犯(2000年製作の映画)

3.1

監督がクリストファー・マッカリー(初監督)
ベニチオ・デル・トロ、ジェームズ・カーン、ジュリエット・ルイスだったので
CSの番組表で見かけて鑑賞

捻った背景のクライムアクション
いろんな王道からちょ
>>続きを読む

カンバセーション…盗聴…(1973年製作の映画)

4.0

これも昔の名作映画で観ていない映画

そんなに起伏の激しい映画ではない
でも、ずっと引き付けられるものがあって、私は好き!

サスペンス

冒頭のシーンが印象的
上空からの俯瞰
段々と地上に寄っていく
>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

3.6

「ディパーテッド」を観たのでマーティン・スコセッシ監督作品を
スコセッシ監督はギャング(マフィア)映画って言うイメージが強くて、わりと敬遠気味
あの「タクシードライバー」観たのもかなり遅かった
これも
>>続きを読む

>|