ばるでむ

ばるでむ

鑑賞記録として利用。
過去に観た映画の記録は基本的にやらないつもり。
映画の感想は書いたり、書かなかったりになる
予定。
感想、星の数はかなりテキトー。

  • List view
  • Grid view

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

実録にしか出せない異様な雰囲気を体験できる映画だった。
「バーニング・オーシャン」のときもそうだったが、まるで自分がその場にいるような感覚になる。
中国人青年が犯人らに捕まって逃げるまでの展開がとくに
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

冒頭からfuckのオンパレード。
説得力のあるバイオレンス描写。
超能力や超人的な力によって人がどのように殺されるのかというのを丁寧に見せてくれる。

メッセージ(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます。

2回鑑賞。素晴らしい映画体験ができた。
「on the nature of daylight 」を聴くと、今でもラストの何とも言えない切ない気持ちがよみがえってくる。
1回目鑑賞したときは、1日中ラス
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます。

最後あたりの、怪物になってからがけっこう恐い。
バイオレンスやグロの場面は前半・中盤には一切なかったので、いきなり主人公の友人二人が食い殺されるのにギョッとしてしまった。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます。

主人公の感情を押し殺した表情がとても印象的。
つらい話だが所々に笑える場面もあるので安心させてくれる。
結局、主人公は故郷に住み続けるということには耐えられなかったが、最初よりも彼の心が癒されてはいる
>>続きを読む

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます。

リアリティがあり、なおかつ迫力のある映像を観れる映画だった。
特に「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」以来の大噴出シーンが凄かった。

前半の、従業員の何気ない雑談の場面とか、施設を中から見たカットとかが
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

かなりの泥仕合だった。
みんなしぶとい。
「ハードコア」のときといい、相変わらずシャルト・コプリーのキャラが立っていた。

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます。

4人とも何かしら焦っていることが多かった。
親父に俺を殴れと言われて殴れずに睨む気持ちはわかる。

グリーンルーム(2015年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます。

大興奮、大満足。
期待していた以上にハイレベルなスリル、恐怖を味わった。
パットが手首をパックリやられる場面では、あまりの緊張と痛々しいゴア表現のせいで思わずのけぞってしまった。
鑑賞中は終始胃がムカ
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

観た後に思い返してみてジンワリくる映画。
もっと劇的なことが起こるのではと思って観ていたので、淡々とした感じで話が進行していくことに若干戸惑った。
フアンが第一部しか登場しなかったのも意外だった。
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます。

全編クライマックスみたいな宣伝してたが、そうでもないように感じた。
エンドロールでジョン・C・ライリーが家族に再開する場面は感動した。

ハードコア(2015年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます。

思っていたよりスカッとしない終わり方だった。
頭が吹き飛んだり、胸を裂いたり、手を裂いたりとかなりバイオレントで景気のいい内容だった。
気分的には、去年海外版の予告編を見ていたときがピーク。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

観賞後はかなりスッキリした気分になった。
ヴィゴ・モーテンセンの全裸シーンでわざわざボカシを入れていたが必要ない。
ギャグとしてのシーンだからモロ出ししていても問題ないと思う。
そもそも、あの場面でボ
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます。

観て学ぶ映画。
観たあと居心地が悪くなった。
シングルマザーの人がいきなり缶詰めを開けて食べ始める場面が特に衝撃だった。
主人公のダニエルが親しみやすい人物でよかった。

アシュラ(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます。

いろいろあったけど、最後は血みどろ

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます。

とても大満足。大興奮。内容濃い。
自分の好きなものが全部詰め込まれている。
呈示された複数の謎をかき混ぜて何回もひっくり返したあと、そのままほっぽり出したような映画だった。
後半の、確実に悪い方向に進
>>続きを読む

ラビング 愛という名前のふたり(2016年製作の映画)

3.7

ジョエル・エドガートンのはまり役。
寡黙な役がとても合う。
このゴツゴツした顔ならずっと見ていられる。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます。

とても満足。
現実逃避させてくれる映画。
最初の2曲がお気に入り。
高速道路と、その次のルームメイトとのシーンでかなりテンション上がる。

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます。

アクション映画として観に行くと期待外れになるかもしれない。
でも、2時間かけて主人公の生い立ちや人となりを解き明かしていく映画として観ればかなり満足できるし、いい映画だと思う。
突然かつ無理がある弟と
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.5

とても楽しかった。
ラッセル・クロウがあんなに太っていたことに驚いた。
途中からストーリーそっちのけでアンガーリー・ライスばかり見てしまった。
それくらい映画の中で存在感が大きかった。

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます。

何よりここまで小説の内容がちゃんと映像化されていることに驚いた。
監督が小説を読んで感じた、思い浮かべたことを緻密に映像化したという印象。

最初に笑える場面が1つだけあったが、それ以降で安心させてく
>>続きを読む

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

あっという間だった。満足。

これから亡くなるであろう多くの命を救うためなら目の前の命を犠牲にしてもよいのかという問題に、現代の戦争を代表するドローンを絡めた映画。

男性陣がオロオロしてるなか、何と
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.7

どこを切っても監督の「らしさ」が出てくる、金太郎飴みたいな映画だった。
はじめから「らしさ」を楽しむために観に行ったので、満足できた。
「オンリーゴッド」や「ヴァルハラ・ラインジング」よりもさらにクセ
>>続きを読む

ジョニーは戦場へ行った(1971年製作の映画)

4.3

観ていて胃が痛くなる。
とてもストレスを感じる。
トラウマ映画。

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

地雷処理のシーン、特に信管を取り出すところは観ていて心臓に悪かった。
爆発するたびにびくついた。
映画を観ている側ですらこんなに緊張するのだから、実際に処理するとなると相当緊張するなと思った。

軍曹
>>続きを読む

悪の教典(2012年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます。

殺しのパートは映画館のヒンヤリした空気が映画の雰囲気とマッチして、よりサスペンスを高めてくれた。
屋上の踊り場で複数殺すところは気持ち悪くなることができた。
けっこう楽しめた。

オーディション(2000年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます。

なんか思ってたのと違った。
主人公が薬入りの酒を飲んで女のネタバラシを見るところが長く感じた。
原作の方がもっと厭な感じで終わる。

ヴィデオドローム(1982年製作の映画)

3.8

常人には考え付かない内容を具現化する特殊メイクは本当に魅力的。

>|