ばるでむさんの映画レビュー・感想・評価

ばるでむ

ばるでむ

鑑賞記録として利用。
過去に観た映画の記録は基本的にやらないつもり。
映画の感想は書いたり、書かなかったりになる
予定。
感想、星の数はかなりテキトー。

映画(169)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ストップモーションアニメってこんなに滑らかに動くのかということに感動した。
特に、相撲と寿司を作る場面。

劇中のキャラクターが涙を浮かべる場面でこっちも涙を浮かべてしまいそうになる。
特に、アタリと
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

映画館でしか見れないものをものを見せてやるという白石監督の心意気が伝わった。
汗と血と糞。
江口さんの役が一番はまっていた。

劇中に『sicario』みたいな重低音の音楽が流れるのが現代っぽいなと思
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.0

インド映画初体験。
笑って、泣けてを地で行く映画。
尺も2時間半近くあり、かなり満足できた。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.3

ホームカミングもGOG2もラグナロクもブラックパンサーも観ていないのに観に行ってしまった。が、終始ヤバいことが起きてるなということは分かったので楽しめた。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

スケートの場面がダイナミックでいい。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

序盤のサイドミラーが折れて「あーー!!」ってなる場面が笑った。
前半はクスクス笑いながら観てたのに、後半から全く笑えない恐ろしいことが立て続けに起こる。
歴史には疎いだけに、軍が民間人をバンバン撃ち殺
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

テリー・ノタリーが大暴れする場面は本当に気まずかったし、背筋がゾッとなった。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

オープニングクレジットがとてつもなくいい。これだけを繰り返し見たい。

ちょくちょく自分が観た映画の中でマイケル・スタールバーグを見かけることがあったが、最後のあの演技で決定的にファンになった。

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

確かに賛否両論になりそう。
1部、2部はドラマ映画なのに、3部で「イングロリアスバスターズ」のような復讐もののジャンルに変化するのが受け入れられなかったということか。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.7

難しい事は考えず、ただただ楽しめる映画。
娯楽映画の究極。
楽しませてくれてありがとう、スピルバーグ監督。

ラブレス(2017年製作の映画)

4.3

少年の絶望の表情が脳裏にこびりつく。
心が寒くなる。

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.8

宣伝では辻さんの特殊メイクに関することがメインだったが、この映画が紛れもなくジョー・ライト監督の映画であるということが重要。

辻さんの特殊メイクは本物の皮膚にしか見えなかった。

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

思っていたよりミュージカルだった

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ギリギリ笑える悪趣味。
ぐるぐるロシアンルーレット。
グッタリ、ニコール・キッドマン。
バリー君。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

マイケル・シャノンの悪役演技・狂った演技が好きなら悶絶してしまう映画。
怒鳴るし、ケツは見せるし、指はもぐし、最低なセクハラ発言はするし、拷問はするしと、見所満載の眼福な内容だった。精神的に歪んでいる
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

若者3人がのんびり旅行してたら事件に遭遇したという、まさにそれだけの映画だった。それだけだからこそ、事件の場面は観ていて緊張する。特に首を撃たれた人を手当する場面は目が釘付けになった。
唐突に事件に遭
>>続きを読む

切り裂き魔ゴーレム(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

疑うことを知らないので、ラストは見事に騙されて驚いた。
そしてこの映画でオリヴィア・クックが好きになった。
必ず殺人シーンを容疑者で再現してくれるのが親切でよかった。

ロスト・シティZ 失われた黄金都市(2016年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

冒険モノの映画のはずなのに、3回も探検するジャングルの場面が単調で地味に感じた。川下るか密林を歩くかだけだった。

サニー/32(2018年製作の映画)

3.2

アイドル映画に白石監督のスパイスを大量に練り込んだモノだった。
異色といえば異色。

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ドラマ部分がかったるいから、ただでさえ凄いアクションが余計に際立つ。

サファリ(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

スポーツとしての狩りを「モンハン」の延長と捉えることは可能なのだろう?
映画に出てきた家族は自分の発言に違和感を抱かないのだろうか?
何かおかしいと理解していながら自分のやっていることは問題ないという
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

癖の強い受刑者、謎の奇祭と、常に不穏な雰囲気を漂わせてくる素晴らしい映画だった。
観て良かった。

物語を大きく動かすのは常に宮腰なところからして、この映画の本当の主人公は杉山ではなく宮腰の方ではと思
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

いろんな媒体で「この映画は少女の成長を描いた~」みたいなことが書かれていたが、ホラー映画だから怖いことは怖い。
というより観ていて痛くなる。
特に、お腹を掻きむしる場面とブラジリアンワックス。
指を食
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ウディ・ハレルソンが妻子持ちの警察だから、てっきりまた浮気してるのかと思ったが、意外にも良いキャラだった。

娘を失ったことに対する負の気持ちが誰かの行いによって癒される。

長回しのシーンの撮影が気
>>続きを読む

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

4.5

すごい、めっちゃすごい。
圧倒された。
一瞬も目が離せなかった。
そして観てると鼻が痛くなる。

BUG/バグ(2007年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

大大満足。
ブラックなラブストーリー。
ピザの場面は主人公二人は必死だけど、傍から見ると笑ってしまう。
この作品も「キラー・スナイパー」のように、怖さと笑いが一体となった、観ていて混乱する映画だった
>>続きを読む

ジュピターズ・ムーン(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

話の展開や長回しの感じがどことなく「トゥモロー・ワールド」に似ていた。

デトロイト(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

映画のメインである長時間の尋問シーンは確かに凄かった。
事前知識なしで観に行ってたらもっと衝撃的だったかもしれない。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

レイティングが前作のR15からPG12に下がったが、悪趣味の度合いはかなり強め。しかも、悪趣味過ぎて笑いづらい。
エルトン・ジョンの予想外の活躍は笑った。今作のMVP。

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

法廷場面で主人公が終始黙り続けるというのが新鮮だった。
主張したいことを別の誰かに託すというのも大事。
トム・ウィルキンソン格好いい。

この世に私の居場所なんてない(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

最後に弾けたバイオレンス描写。
でも、全体的には観ていて心が温かくなる映画だった。
メイコン・ブレアは俳優のときも味があるし、監督もできて良い。

オクジャ okja(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ジョン・デンバーの曲が流れる場面と、ラストのオクジャがミジャに何か囁く場面が特に好き。
もっと大きな画面で観たい

マッドバウンド 哀しき友情(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

辛気くさいモノローグが延々続くので、観ていて辛くなってくる。