satoshoさんの映画レビュー・感想・評価

satosho

satosho

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.9

ストーリー的にはよくある感じだけど、やっぱり人は一人では生きていけないと思わされる。ほっこりステキな映画

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

3.8

普通展開が読めてくものだけど、どう展開していくのかどんどんわかんなくなる不思議な感覚。
黒木華は演技が自然体すぎてドキュメンタリー見てるようだった。

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ステキな映画
人の温かみを感じほっこりした。最後のスピーチは心に響くものがあった。

きみはいい子(2014年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

子どもはやっぱり自分の親が好きなんだなと、、
愛を与えるためにはただ、なにも言葉はいらず抱きしめてあげることが一番なのかもしれない。

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.0

タイトル、下馬評通り、間違いない作品。いざ死と対峙する前に人生を大切に生きねばと思った。

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

単純にいい映画だなぁと観ていたら最後にすべてが繋がり、感動とともに感嘆する作品

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.0

授業で鑑賞
個人により価値観は人それぞれだから、どう感じるのかは自由ではあるが、大多数を正義と決めつけるのではなく、マイノリティに属する人たちに対して理解しようと努力することは「人」としてすべきだと感
>>続きを読む

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

人生の出来事を楽しいに変換する そんな生き方ステキだなとかんじた。最後の息子への手紙の言葉も一つ一つが心に響いた

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

4.0

いまの自分にタイムリーで、「働くこと」「生きること」「自分の人生」について考えさせられる作品だった

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.1

映像、音楽もよく、ストーリーもしっかり観たことなかったので、引き込まれた
エマワトソンのことは一生見てられる

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.6

約3時間と長いけれど全くそれを感じさせない見応え。人生において大切なものを学ぶことができた気がする

杉原千畝(2015年製作の映画)

3.9

「杉原千畝」という人物を深く知ることができた。まさに日本を代表する尊敬すべき偉人。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.8

ゴジラの存在感と今一度災害に対する意識を忘れるべきではないと考えさせられるリアルがそこにあった。

聖の青春(2016年製作の映画)

3.8

命は有限ということを改めて考えさせられた。将棋に文字通り命を懸け懸命に生きた姿がかっこよかった。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

映像の華やかさと、音楽はとてもよかったが期待値が高すぎた感あったなーって思ったけど、家帰ってサントラとかきいたりしてるとじわじわくる

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.8

評価はわりと二分されてるけど個人的には普通に感動したし好き

>|