夜雨さんの映画レビュー・感想・評価

夜雨

夜雨

19歳

映画(279)
ドラマ(53)

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.5

初ウディ・アレン作品!!
映画序盤からパリの美しい街並みに釘付けになった。パリに行きたくなった。
映画の脚本のリライトで生計をたてているギルは妻のイネスとその両親とパリを訪れる。そのパリでギルは自身の
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

4.6

ホロコースト、人種差別や戦争、人間が平等に生きられない世界で常に前を向いて、ユーモアを忘れないグイド。父親のグイド、妻のドーラ、息子のジョズエは強制収容所に送られてしまう。息子を守るためにグイドがつき>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.2

野田洋次郎さんがお気に入りって言ってたから鑑賞。この映画では、若い故に起こる"すれ違い"や"過ち"を鮮明にリアルに描いていた。別れの後に香苗のそばで号泣する恒夫、電動車椅子で行った買い物の後、家事をこ>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

3.8

この作品がきっかけで、ホロコーストについて深く考えるきっかけになった。前編モノクロであることで、当時の資料映像とのギャップが無くなり見やすかった。また、シンドラーの気持ちの変動に大きく関わっている赤い>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.8

三時間という長さを全く感じさせない!
笑ったり泣いたりで、色んな感情を行ったり来たりしてる間にあっという間に終わってしまった。学園コメディであり男同士の友情を描いたブロマンスであり、自由に生きるランチ
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.9

自閉症スペクトラムや数学オリンピックを題材に、「愛」という大きなテーマを掲げた映画。ネイサンが見る景色を信号などの光で色彩豊かに表現していたのがとても良かった。みんな孤独や困難なことを抱えているが、例>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.8

観る側の想像に任せるために無駄なカットを減らし、状況を説明しすぎていないところが良かった。あと、そこでそのカット来るか?!みたいな場面もあって、それが良いアクセントになっていた。二人の歌ももちろん素晴>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.6

ストーリーの中での一貫したメッセージ性を映像や音楽、ダンスで繊細な部分まで表現されていたため、おとぎ話のような世界に釘付けになった。クララの勇猛果敢な姿勢は凄かった。ドレス姿も素敵!

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.7

組織の中にいることで自分の好きなようにできないこと、自分の作品や思想を酷評されること。そのどれもが主人公カールだけに限らず、全ての社会人にも当てはまることだと思った。カールの料理に対する思いは、色々な>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.8

美しいものを必要以上に求めてしまうことがとても怖いと思った。虚構によってどんどん心が蝕まれていく家族を描いた映画。見方によってはミステリーだけど、クスッと笑える場面があったりラブコメディ要素もあって楽>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.2

2回目の鑑賞。
苦しいのは自分だけじゃない。みんな悩みや葛藤を抱えているからこそ、周りの人に優しくしないといけないなと思える作品だった。
大事なことは"相手をよく見ること"。見た目で判断するのではなく
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.6

レディ・プレイヤー1がきっかけで鑑賞。ジャックニコルソンの狂気的すぎる演技が圧巻だった。カメラワークがとても不気味。

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.6

心が傷ついたり壊れている時、一人で抱え込まなくてもいいのかなと思えた。だから、僕は悩んでいる人がいたらその人の価値を教えてあげたい。悲しいことも楽しいことも無駄なことなんて一つもないから、その一瞬一瞬>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

4.2

自分がどんな姿であろうが関係ない。今を生きることはみんな同じだから、自分の人生は自分で切り拓いていく。そして、巡り会う人達との出会いを大切したいと思う。

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

4.2

恋愛の明るいところだけではなくて、複雑なところまで鮮明に表現されてる映画だった。少し切ないけど、好きな終わり方。映画を見た後に女性目線で書かれたレビューを見ると面白い。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.6

よかった!
自分だけ惨めで恵まれてないと思うこと。周りの悪口を言って自分を正当化すること。僕もそんな経験がたくさんあるから、ネイディーンの行動や思いに共感できるところがたくさんあった。もし、空回りして
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.4

ダンブルドアとグリンデルバルドの関係、ナギニの過去、クリーデンスが何者なのかなど、まだ一部ではあるけれど謎が明らかになっていく今作。新しい魔法使いや動物が登場してワクワクした。やっぱり魔法の世界観めっ>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.7

面白い!VRの世界で自分の好きなように何者にでもなれるって楽しそう。CGグラフィックによって豊富なキャラクター、アクション、など様々なものを駆使して最高の仮想現実の世界を表現していたから、僕もその世界>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

1962年、アメリカ政府の極秘研究所に勤めるイライザ。そして、そこに密かに運び込まれた半魚人。イライザと"彼"の恋愛を描いた物語。
人間って、人を見た目で判断しがち。だけど、それってすごく勿体無いなっ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.7

あらゆるシーンのカットがポスターになりそうなくらいイタリアの街は趣があって素敵だった。エリオとオリヴァーの恋がとても美しい。そして切ない。相手を想う気持ちから、喜んだり悲しんだり悩んだり、様々な感情が>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.5

サンドラブロックの母親役もとても素敵だった。人に優しくすることの素晴らしさだったり出会いの大切さだったりと学べることがたくさんある映画。小さなことからでもいいから、困った人がいたら助けられる人間になり>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.4

自分の想像の遥か上をいくストーリー展開だったため、鳥肌が止まらなかった。本編をPC画面で構成するなど、今までにない映画の見せ方だったのでとても面白かった。

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.2

僕もついこの間まで高校生だったから、クリスティンの気持ちに共感する場面が多くあった。将来をどうしていいか分からず、悩んだり、見栄を張って凄い学校に入学するなんて言ったり、ありのままの自分を受け入れられ>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.8

ローガンの不器用なりに娘のローラを必死で守る姿がとても印象的だった。親の子に対する愛がとても感じられた。だからこそ、あのラストはとても悲しかった。ただローラの戦う時の俊敏さといい、身のこなし方はとても>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.6

ずっとずっと見たくて、やっと見ることができた。素直なフォレストを演じるトムハンクスの演技がとても良い。フォレストは過去を振り返らないし、今を生きているなという印象を受けた。自分の気持ちに素直でいること>>続きを読む

7つの贈り物(2008年製作の映画)

4.2

交通事故によって7人もの命を奪った主人公ティムが行うことは、自己満足と言われても仕方がないことなのかなと思う。だけど、命を奪った罪悪感をずっと引きずるより幸せを与えることが幸せになる唯一の方法なのだと>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.8

環境に恵まれている恵まれていない関係なしに行動するコナーが凄い。これからの未来をどうするかは自分の気持ち次第だし、最初は下手でもとにかく行動することが大切だと思った。ラフィナが言っていた"悲しみから喜>>続きを読む

旅猫リポート(2018年製作の映画)

3.8

映画に登場する人物達の優しさや愛情に心が温まる。誰かを愛すること、誰かに愛されることって本当に幸せなことなんだと思える映画。自分も周りのお世話になっている人やこれから出会って行く人を大切にしようと思う>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

ヴェノムって凄い悪いんだろうなって思ってたけど、あまり悪い奴ではなかった。むしろ可愛いぐらい。とはいえ、ダークな世界観はとてもヴェノムらしくて良かった。一番見応えがあったのはバイクで疾走するシーン。ワ>>続きを読む

ハナレイ・ベイ(2018年製作の映画)

3.8

海や山の映像がとても綺麗。背景が自然だったりシンプルだっから、登場人物達の表情が引き立っていて良かった。どれだけ愛していたかということを、もう息子へ伝えられない悔しい気持ちが吉田羊の演技からとても伝わ>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

涙が止まらない!鳥肌が止まらない!
初めて映画館でこんなに興奮したかもしれない。俳優さんたちがQueenを完全再現してて凄かった。ラスト21分、映画館にいるのにライブ会場にいるかのような感覚に陥った。
>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.4

9割型ケイトブランジェット目的で見た。
格好良い。そして、美しい。ちょっとしたアクションシーンのケイトブランジェット様最高だった。ストーリーはそこまでだったけど、世界観は良かったかな。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.7

辛いことばかり起きる、主人公は冴えない頑張れない、劇的な展開もない。なのに、すごい心にグッとくる。生きるってこういうことかなぁと思ったりもした。人生って良いことばかりじゃなくて、悪いこともちゃんと受け>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.8

面白い!
内容はすごくすごく難しい。次元がどうとか重力はどうとか。本当に難しい。でも、人類を希望に導くのはただ一つ。それは"愛"。愛こそが全て!めちゃくちゃエモい!!!!

ザ・アウトロー(2018年製作の映画)

3.8

強盗団が制圧されていくシーンがなぜか少しつらくて、彼らを悪いという一言ですませるのは少し違う感じがした。迫力のある銃撃戦、ラストのまさかの展開に目を離せなかった。

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.6

大事な人が急に遠くに行くかもしれない。認知症になるかもしれない。亡くなるかもしれない。何が起こるか分からない人生の中で、大切なことは後回しにしないで、ちゃんと相手に伝えないといけないと思った。

>|