ひろさんの映画レビュー・感想・評価

ひろ

ひろ

映画(2684)
ドラマ(62)

スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班(2017年製作の映画)

3.7

この泥臭さが韓国映画の魅力!色んな人物がいるのに皆熱い、熱すぎる!メガネ君がカッコいいので続編が出るなら見たい。

エリカ38(2018年製作の映画)

3.6

樹木希林さんの唯一の企画作、ご本人も出演されていて相変わらず凄いオーラです。お金で狂っていく人たちが怖い。気になって調べたら実際はもっと凄まじい人物で演じきった浅田さんは流石です。儲け話には気をつけよ>>続きを読む

エンジェルサイン(2019年製作の映画)

3.8

セリフが無いからこそ優しく繋がる物語。各話に感動ポイントがちゃんとあって、それがラストの1点に集まってくるのが気持ちいい。眺めてるだけだけと惹き込まれる凄い作品です。

EXIT(2019年製作の映画)

3.9

まるでSASUKEを見てるみたいな楽しさがあります。しかもペア競技でさらに楽しい。高所の恐怖も十分味わえるしずっとハラハラさせられる。良質なアクションエンターテインメントです。

盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~(2018年製作の映画)

3.8

後半振り落とされそうな怒涛の展開!もう何も信じられない!それはもう笑ってしまうほど!キャラクターもそれぞれ魅力的で悪党でもどこか憎めない人たち、そして容赦のないラスト、楽しい映画です。

王様になれ(2019年製作の映画)

4.0

人生を変えてしまうようなバンドとの出会い、ドキドキしました。岡山天音さんはこういう役が本当によく似合う。ダメなとこもあるけどこの真っ直ぐな主人公は素直に応援できます。そして自分も頑張ろうと思えました。

AI崩壊(2020年製作の映画)

4.1

どれだけ技術が進歩してもこういう問題はついてくるんだと思う。誰かが人間はまだこの技術を扱えるレベルじゃないと言っていた。こうなってしまうと技術力の無駄遣いに思えてしまう、面白かったです。

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.4

赤の他人たちに犯人に仕立て上げられる恐ろしさ。やり方が汚くて鬱になる、ちょっと言い返したらそれが罠だったりもする。それでも立ち向かわなくてはいけない事を教えてくれる熱い映画でした。

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.3

子供は大人の道具じゃない。当たり前の様に思うけど現実はこうだよ、と突きつけられたような衝撃があります。ショッキングな内容ですが勉強になりました。

マザーレス・ブルックリン(2019年製作の映画)

3.9

監督、脚本、主演エドワードノートン!ファンにはたまりません。ジャズの雰囲気はオシャレだし演技も抜群に上手い。内容は難しいのにずっと心地良い映画、やっぱりノートンは凄い。

血を吸う粘土~派生(2019年製作の映画)

3.7

グロいキモい可愛い、久々に嫌悪感を覚えるほどの和製モンスターホラー。ツダカンさんはやっぱり面白いなぁ。前作からモンスターぶりはパワーアップしてるみたい、最後はゴジラとも戦えそう、是非。

真実(2019年製作の映画)

3.9

カトリーヌドヌーブ始めキャストの存在感がもの凄い。それをまとめあげる是枝監督も流石。フランス映画と日本映画が解け合ったような不思議な感覚でした。静かな映画だけど圧倒的mamのストーリーは面白い。

ファイティング・ファミリー(2019年製作の映画)

3.9

主人公の成長とお兄ちゃんが泣ける。プロレスを通して広がる絆、深まる愛。家族でやるだけじゃなくしっかり社会貢献できているのも素晴らしい。実話と知ってさらに感動、素敵な家族です。

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

3.9

強烈で破滅的なヒロインが世界に解け合っていく素敵な物語。奔放だけど自分を見失ってようにも見える彼女が本当の自信を身につけ成長していく姿が良い。名曲ラストクリスマスから生まれた切なくて暖かい映画です!

東京の日(2015年製作の映画)

3.7

趣里さんの演技が最高。いけない、変だなというモヤモヤを抱えながらも変えられない日常が妙にリアル。ズルズルの毎日だけどちょっとずつ変化していく状況が心地いいです。

ライフ・イットセルフ 未来に続く物語(2018年製作の映画)

4.1

タイトルの通り未来に続く物語でした。自分の人生は父親の人生であり祖父の人生、大切な人の人生なんだと思わせてくれる。自分の命は自分だけのものじゃないってこういうことなんですね。それを実感して泣きました。

WALKING MAN(2019年製作の映画)

3.7

1人の男に対する生き難い世の中や言いたいことを言えないフラストレーションを良く描けている。とにかく演技が最高でした。言い難いこともラップを通せば言えるかも知れない。思いを吐露するラップは泣けます。

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

4.2

フューリーと並べても遜色ないエンタメ戦車バトル!戦車の扱いが神がかっていてとにかく負けない!捕虜になっても脱出の為の準備を楽しそうにしていたり戦争映画でも稀な希望が湧いてくる楽しい映画です!

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.5

泥臭いクリスチャンベールが最高です!男の意地、プライド、友情といった熱いものが凝縮されていて、見ているこちらにまで走りきった爽快感を与えてくれます!フォードとフェラーリの因縁も面白かった!

ヒトラーを殺し、その後ビッグフットを殺した男(2018年製作の映画)

3.7

B級とんでもアクションと思いきや良質な人間ドラマだった!おじいちゃんの哀愁がカッコ良すぎてアクションいらないくらいに引き込まれた。逆にアクションパートはしっかりB級でそれはそれで良い。

108~海馬五郎の復讐と冒険~(2019年製作の映画)

3.6

松尾スズキさんが作る松尾スズキさんの為の映画だ。エロスで滑稽、カオス、大人計画の映画だなぁって思います。最低なのにそれが重労働みたいに見えてくる、男のダメなとこですかね、面白いけど。。。

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.3

壮絶!勝ち取るための執念が凄まじい!そうなるまでの過程もまた恐ろしくて目を背けたくなるけれど、宮本は背けず真っ直ぐ彼女を見て愛を語る。拒絶されようとバカにされようと必死でもがく姿から目が離せませんでし>>続きを読む

ちえりとチェリー(2015年製作の映画)

3.7

ホラーは想像以上にホラーでトラウマになりそうだけど、想像力を使って成長していく姿は素敵だなと思う。怖いものにしっかりと向き合っていく、大人でもなかなか出来ないことですよね。

レディ・マエストロ(2018年製作の映画)

4.2

音楽に彩られながら彼女のサクセスストーリーを体験できる良作!街並みも素敵だし何よりパワフルな彼女に元気をもらえます。最後の演奏は本当にしびれました!

無限ファンデーション(2018年製作の映画)

3.7

全編即興劇の素人感や緊張感が良い。だんだんと熱を持ってきた演技がリアルなドラマになっていく、これは即興劇という縛りがあるからこそのドキドキだと思う。面白い。

ヒンディー・ミディアム(2017年製作の映画)

3.9

子供のタメに必死になるのも分かるけど、まさかここまで堕ちていくとは思わなかったから笑ってしまった。もうやる事がいちいちツボで面白いしラストも感動できて最高でした。

あの日のオルガン(2019年製作の映画)

4.0

時には先生からとして、母親として、友だちとして、若い保母さんたちの苦悩も子供たちの不安もよく伝わってくるけどそれ以上に若さのエネルギーだったりとか子供の無邪気さに救われた。こんな戦いもあったんですね。

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.8

よくある自分探しの青春ものかもしれないけど、少しずつ、ちょっとずつのペースがとてもリアルで心地いい。背伸びをしたいけど上手くいかない、そんな経験のある方にオススメです。

メランコリック(2018年製作の映画)

3.9

グズついた日常は一変、血にまみれたスリリングな日常へ。主人公が少しずつ活き活きしていくのが楽しいし、殺し屋の雰囲気が良い。ラストもしっとり感動的で見て良かったとなるものでした。

楽園(2019年製作の映画)

4.0

瀬々監督らしい身を切られる様な痛い話でした。余所者を受け入れない田舎の性質、ただ生きているだけ、ただ良かれと思ってやっただけその何もかも認めて貰えない感じ。そして堕ちていくやるせなさ。楽園とは。。。

エスケイプ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.4

謎解きのスピードが凄い!真相も面白いけどもう少し説明描写が欲しかった、原作ありきなんだと思う。

DRONE/ドローン(2019年製作の映画)

3.8

ホラーだけどドローンの行動がバカ殿すぎて爆笑してしまった!音楽も昔のホラーみたいで懐かしさと可愛らしさがあってリラックスして見れるホラーです。

シークレット・スーパースター(2017年製作の映画)

4.8

150分の長尺で素敵なサクセスストーリーをたっぷり堪能できる。ラストは号泣!分かってても泣けます!王道好きには堪りません!そしてエンドロールでぶっ込んでくる遊び心も素敵です!

最初の晩餐(2019年製作の映画)

3.9

家族の繋がりは共有した記憶なんだと思わせてくれます。父のこと母のこと兄妹のこと全部を知っているわけじゃないけど一緒に過ごした時間はいつまでも心に残ってる、雰囲気が最高。

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

3.7

エックスメンが恐怖の対象になるのがよく分かる。反抗期の子供が圧倒的な力を持つと手がつけられない。気に食わないものは全て壊す、それを当然だと思ってるのが怖すぎる。

ラスト・ムービースター(2017年製作の映画)

4.0

かつては誰もが知るスターでも時が経てばそれは自分だけの栄光。映画人だからこそ世代を超えて愛してくれるファンを作れるんだなぁとしみじみ思いました。頑固じじいのプライドを若者が溶かしてくれる話は大好きです>>続きを読む

>|