Rinさんの映画レビュー・感想・評価

Rin

Rin

映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)(2013年製作の映画)

4.0

意外と探偵モノのドラは初?
猫化ドラえもんがかわいかった
のび太が最後にドラえもんに言ったセリフが粋すぎて。

つばさ(1927年製作の映画)

4.0

第一回アカデミー賞作品賞。サイレント映画ながら、表情豊かでおもしろい。空中シーンの撮影や戦争シーンのカメラアングルは迫力があって、100年近くも前なのに高い技術だなぁと思った

ナイアガラ(1953年製作の映画)

4.0

初マリリンモンロー映画。マリリンのメイクが好きだった、ストーリーはやや意外な展開、あんまりハラハラしないサスペンス。ナイアガラの滝のど迫力だけで楽しめました

ドラえもん のび太のパラレル西遊記(1988年製作の映画)

4.0

そんなにヤバすぎる事件とまではいかないものの、うまいことできた物語
三蔵法師様が人格者すぎて眩しい…!

SING/シング:ネクストステージ(2021年製作の映画)

5.0

MISIAと稲葉さんの声を数百円で聴けるなんて…稲葉さんはセリフも歌も完全に稲葉さんの声でしたが、それを含めてとても良かった
ショーの作りが素晴らしい。続編があったらいいなぁ

ドラえもん のび太のワンニャン時空伝(2004年製作の映画)

4.0

大山のぶ代チームの声優陣の最後の作品と思ってみると、セリフひとつひとつが深くかんじる

STAND BY ME ドラえもん(2014年製作の映画)

4.0

チェックし忘れてたやつ。
フルCGで観ると未来的なシーンはワクワク感が何倍にも増すし、名エピソードを盛り込んだ作品。

でもやっぱり、自分の中の『ドラえもん』とは違う作品でした。延長線ではない、平行線
>>続きを読む

失楽園(1997年製作の映画)

2.0

なんでこれあんなに当時流行ったんですかね…中年がイチャイチャしてるだけで感動もドキドキもなかった、昼顔の方がおもしろいよ。世代の違いかしら。
それにしても2022年で黒木瞳がもう還暦超えてるという事実
>>続きを読む

ラスト・ブラッド(2008年製作の映画)

1.0

GLAYが主題歌のはずなのにU-NEXTだと曲流れなかった。映画はまぁお察し。
主題歌のはずのI am xxxは
デビュー15周年記念日に発売されまして、MVのバンパイアGLAYは美しくて良きですよ!
>>続きを読む

ヤマトタケル(1994年製作の映画)

3.1

映画は0.1、主題歌3。
感想は「GLAYのを使ってくれてありがとうございました!(この映画のおかげで売れたわけではないが!)」以上。

そこそこの豪華キャストな気がするけど制作費はクソ安そうなB級特
>>続きを読む

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

5.0

世界観が完璧。いつみても色褪せないダークコメディの最高峰!

君の名は。(2016年製作の映画)

3.0

面白いストーリーだなと思ったけど、大ヒットの要因がなんだったのかはよくわからない
RADWIMPSが押せ押せな感じでお腹いっぱいでした

Je t'aime(2010年製作の映画)

5.0

GLAYさんの特典のやつ。Filmarksにあるとは!GLAYと押井守の掛け合わせというだけでも興奮モノですが、ひいき目抜いてもめっちゃ良いショートムービー。たった10分くらいの間で、萌えと刺激とエモ>>続きを読む

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

4.0

意外にも哀しくせつないラブストーリーだった…華やかな衣装と歌と踊り、そして若きニコールとユアン。キラキラした要素の集まりでとても楽しい。あっというまな2時間。

M-1のあのテーマ曲もこれ発祥なんです
>>続きを読む

スピード(1994年製作の映画)

3.0

ラストとエンディングテーマがダメ。
キアヌの短髪は恐ろしいほどにイケメン、犯人の動機とかそういうのはあまり映されず、ただ終始ハラハラな映画

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.0

事前知識ほぼゼロ鑑賞最終回

結局よくわかんないことだらけだった
レイア姫が死んでチューバッカが悲しむシーン以外全部よくわからなかった
旧作レジェンドメンバーへのリスペクトをあらわす形がなんか違う気が
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

2.0

今回も事前知識無し鑑賞、これはSWファン的にはアリな映画だったの?

やたらアジア系と女性幹部推しで「人種問題とジェンダー平等意識してます!」アピールしすぎて超萎える。中国への忖度?
B級キャラの多用
>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

4.0

1〜6まで観てからの鑑賞。事前知識ほぼゼロ鑑賞
カイロレンがヒトデナシすぎるし女相手に情けないしメンヘラやし癇癪持ちの不良息子だし、レイアとハンソロ足して2でわってもアダムドライバーの顔にはならないだ
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

4.0

解説読んでもダークサイドに堕ちた理由がよくわからなかったけど、最後のバトルシーンは見応えがあった

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

3.0

エピソード1からまたさらに映像クオリティが爆増、アナキンは10年で陰鬱かつちょっとキモいサイコパスイケメンに成長。アミダラちゃんはこれの何が良かったのか

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

3.0

456と圧倒的に違うクオリティとストーリー

あんな可愛い子が3〜40年後にヴォルデモートみたいなジジイになるのかと思うと鬱になりそう

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

5.0

めちゃめちゃ面白かったーー
バルボッサ推しなのでかっこいいシーンで終わってよかった
ハビエルの悪役さすが。強くて執念深く潔くないからこそのダサい死にざま。あの最期は007のスカイフォールとリンクしたな
>>続きを読む

猫とピットブル/キットブル(2019年製作の映画)

5.0

素晴らしいムービー。特に猫の動き方は的確に表現してた。
2人とも幸せになれるといいね!

アルマゲドン(1998年製作の映画)

3.0

思ってたよりSFパニックだったから後半冷めてきちゃった
もうちょいメンバーのパーソナリティを描いてくれてもよかった
前半の一瞬のエアロスミスいらなかったしエンディングもエアロスミスはちょっとだけだった
>>続きを読む

ルクソーJr.(1986年製作の映画)

5.0

ピクサー映画に必ず登場するあいつのショートムービー。たった2分と思えぬ満足感

undo(1994年製作の映画)

2.5

ちょっと自分にはよくわかんなかったんですけど、オシャレ系フランス映画っぽい感じ。オープニング長すぎるし亀どうなったの。山口智子は美しくさながらエロス。トヨエツは白い服と林檎が日本一似合う

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.0

なんか思ってたんと違った。
オールスターすぎて一人一人の魅力が出てなくてイマイチだったかなー。役者半分へらしてレイリー一人出してくれた方がおもろかったんでは…CG頑張りすぎて浮いてたしなぁ

キンキーブーツ(2005年製作の映画)

5.0

さいこー。プライドも性別も関係ない、人間としてどうあるか。歌もエンジェル達のショーもとてもいい。

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.0

なにがそこまで名作なのかよくわからなかった…ただオードリーが美しくてオシャレなだけの映画。オープニング5分間だけは最高に素敵だったからそこでピーク終わった感じ?あの時代のNY5番街が凄まじくお洒落だ。>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

5.0

アカデミー総なめってダテじゃないですね
無駄はなく嘘くさくなくスリルある演出。
ガラス越しにクラリスとレクターの顔が並ぶシーンが特にゾクっとした。アンソニーホプキンスの演技深すぎる。目で殺されそう。。

トップガン(1986年製作の映画)

5.0

これぞUSA Movieだな…若いトムクルーズおそろしくイケメンだな…
2作目に、1作目へのリスペクトが詰め込まれているのがわかった。素晴らしい作品だった。

>|