eiganekoさんの映画レビュー・感想・評価

eiganeko

eiganeko

メディアで働くサラリーマン。ホラーが大好きです。
Twitter :eiganeko_

映画(224)
ドラマ(17)

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

1.8

特に盛り上がるところもなく面白くもないけど、よく考えたら原作もそんな感じ。再現はよくできてたかと

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.2

試写会にて。ポップカルチャーへの愛が詰まった作品。近未来のヴァーチャルな世界を迫力と魅力たっぷりに描きつつも、リアルな人生が一番大切だというメッセージは胸にジンと来る。良くも悪くもスピルバーグの「王道>>続きを読む

THE 4TH KIND フォース・カインド(2009年製作の映画)

1.8

大学生のとき友達の家でタバコ吸いながら観てて、最後だけびっくりしすぎてタバコ飛んでボヤになりかけた思い出

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

2.5

NETFLIXオリジナル映画のクオリティの高さよ。アレックス・ガーランド監督、現実から遠くは離れていない、異質な世界を描かせたらピカイチ。女性だけでの未知の探求、何が起こるかわからないドキドキ、エリア>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

歌がどれもキャッチーで、映像もわかりやすく派手、大衆向けのミュージカル映画としてよくできてると思います。それが総評で終わっても良いんだけど、ミュージカル映画だからストーリーは単純になりがち…という点を>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.0

デルトロ監督の作品は映画もドラマもつい気になってみてしまうけど、めちゃくちゃ面白いってことは今までなくて、これもそう。あの主人公なら普通の恋もできるのではと思ってしまって、なんで魚に惹かれて行ったのか>>続きを読む

カルト(2012年製作の映画)

3.8

なんで狙ってやってる邦画コメディより一応ホラーなこの映画の方が笑えるんだろう、、
単なる霊的な話でなく、人間が絡んでくるとこが新しくて面白い。ないとわかってるけど続編が観たくてたまらないです。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.0

ストーリーは前評判通りうっすいんだけど、結局儲けるためにはボリュームの小さい高度なストーリーを求める層じゃなくて、難しいことを考えず派手な映像を楽しみたい大衆をターゲットにした方がいいんだろうなと。>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.3

2017のホラー映画で一番よくできていたような。ストーリーはあってないようなもんだけど、重厚なサスペンス的雰囲気にのまれる

ザ・ベビーシッター(2016年製作の映画)

3.8

気軽に見て楽しめるエンターテイメントとしてとてもクオリティ高かった。前半青春ぽいほっこりストーリーと、後半のテンポよい展開のバランスが◎

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

前のを観てなくても楽しめるとかちらほら書いてあるのみてあまり関連してないのかと思いきや、しっかり前作を引き継ぐどころか壮大に重厚に膨らませてはるかに超えてきたように感じた。今回のだけみてたら三割も楽し>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

2.2

満島ひかりの演技がすごい。満島ひかりがかわいそう。話はよくわからない

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

2.8

ザ、エイリアンという感じで懐かしい。それ以上のものはない

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.4

演技は素晴らしいんだけど、どこか気持ち悪い感じでストーリーにあまり感情移入ができなかった。要素が多すぎるのもある

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

夫と別れることも娘が死ぬこともわかってて、わかってるから結婚しなくて子供産まない選択肢もあるのに、その未来を選ぶということ。いつか不幸なことが起こったとしてもそれまでの時間が幸せだったらそれでいいとい>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

最後の決断はそれでよいのか、この女絶対また殺るでしょって思った。結末には多少驚いたけど、阿部サダヲがどうしても不快でほとんど不快な印象の映画になってしまってる。蒼井優のラストの表情は圧巻。

横道世之介(2013年製作の映画)

3.6

微笑ましい、という言葉がこんなに似合う作品は初めて。何気ない幸せなやりとりにじんわりと涙が出てきた。。吉高由里子が一番輝いてる出演作な気がする

ムーンライト(2016年製作の映画)

2.7

なんとなくリリイシュシュのすべてが思い出されるような。でもあまり感情移入できなかった。音楽が綺麗。

Death Note/デスノート(2017年製作の映画)

3.3

あっちの感覚では日本の真面目で重い世界観はなかなか理解できないから、リメイクっは別物として観たほうが気持ちいい。サクッとまとめて派手にぶちあげって感じでは調度良かったと思います。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

2017年に観た映画でダントツナンバー1。映像の迫力やクオリティ、キャスト、ストーリー、どれを取っても素晴らしかった。ホラーアクションはどれだけ脇役に感情移入できるかも重要だと思うんだけど、主人公以外>>続きを読む

アローン・イン・ザ・ゼット(2016年製作の映画)

3.2

精神的ゾンビ映画というか、静かに淡々と大した起伏もない物語が進む。映像やキャストのクオリティが高いのでそれでも気になって見てしまう。キャンプ映画といってしまえばそれまでなんだけど。

グレートウォール(2016年製作の映画)

2.6

宅飲みしながら深いことを考えずに見る分にはよかった

ブレア・ウィッチ(2016年製作の映画)

3.4

これはこれで新しいものとしてみると、まぁまぁ面白かったです

BLAME! ブラム(2017年製作の映画)

2.7

終始話がよくわからないけど、映像と独特な世界観は一流

>|